ジャカルタ・パレンバアジア競技大会2018の特集ページです。競技日程や実施種目などを紹介します。 日本オリンピック委員会(JOC)公式サイト 監督 永島 宏泰 所属:公益財団法人日本オリンピック委員会 コーチ キルティ ケビン 所属:Kevin Kilty Coaching アジア競技大会(アジアきょうぎたいかい、Asian GamesまたはAsiad)は、第二次世界大戦後、インドの提唱により始められた、アジアの国々のための総合競技大会。 アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するため、「アジア版オリンピック」とも言われている。 一般社団法人 日本クレー射撃協会 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 607号室 03-6804-3970 jctsa@jctsa.or.jp (c) Japan Clay Target Shooting Association スポーツ. するそうですが、 クレー射撃がどんな競技で. クレー射撃はどんな競技?? クレー射撃というと名前を聞いたことあるけど、 スポンサードリンク . 日本代表が誰 か気になり、調べてみました♪. !】, 元新体操選手・畠山愛理さんは韓国出身?経歴や年収は??誰かに似ている??【世界ふしぎ発見!】, 肉体奏者・川島素晴さんは何者!?逮捕歴がある!?結婚は??【世界の果てまでイッテQ!】, 中学最強バドミントン女子・石岡空来さんと山北奈緒さんの実力は??未来の金メダル候補!?【ジャンクSPORTS】, いわくつきの都内某公園はどこにある??最恐エピソードが凄い!その歴史は??【爆報!THE フライデー】. とあり、クレー射撃の日本代表ペアと対決を. 一般社団法人 日本クレー射撃協会 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 607号室 03-6804-3970 jctsa@jctsa.or.jp (c) Japan Clay Target Shooting Association ライフル銃やピストルを使って固定された標的を狙って撃ち、中心に近いほど得点が高いライフル射撃と、空中に放出されたクレーと呼ばれる素焼きの皿を撃ち壊した数で争うクレー射撃がある。高い集中力、動体への反射神経が求められる。1896年の第1回アテネ大会から2大会を除き実施。1984年ロサンゼルス大会から女子種目が独立して行われるようになった。東京大会では10mエアライフルと10mエアピストル、クレー射撃のトラップに男女混合種目が加わる。, 50メートルライフルは内定済み。残りの10メートル種目と25メートル種目は2020年3月に国内で行われる予定の最終選考会で争われ、4月の理事会で内定します。, 射撃は、的を狙って撃つ正確さを競う競技で、大きく2種類に分けられる。標的が固定された「ライフル」と、動く標的を狙う「クレー」だ。「静」のライフルと「動」のクレーといえるが、どちらも心技体の中でも特に「心」の強さを求められる。ライフルは同心円が描かれた標的を狙うが、トップ選手は得点の高い中心点を外さないため、最後は1ミリ以下の差が勝負を左右するほどシビアな戦いになる。一方、クレーは発射される標的の方向が予想できず、選手は極限の集中力で瞬時に反応して撃ち落とす。競技中は冷静に心をマネジメントする選手が、勝負の決まった瞬間に抑えていた感情を爆発させる姿は感動的。会場は1964年の東京大会でも使われた陸上自衛隊朝霞訓練場。東京大会では新種目として、エアライフルとエアピストル、トラップに混合が加わる。, 「ライフル射撃」と「クレー射撃」、どちらもメンタルの強さが求められます。集中力をどれだけ高め、長く維持できるかが勝負のポイント!. 2020/5/23 <クレー射撃> 2019年11月のアジア選手権の結果、4名全員が内定しました。 <ライフル射撃> 50メートルライフルは内定済み。残りの10メートル種目と25メートル種目は2020年3月に国内で行われる予定の最終選考会で争われ、4月の理事会で内定します。 アジア競技大会(アジアきょうぎたいかい、Asian GamesまたはAsiad)は、第二次世界大戦後、インドの提唱により始められた、アジアの国々のための総合競技大会。アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するため、「アジア版オリンピック」とも言われている。アジア大会と呼ばれることもある。, 基本的に、オリンピックと同様のスポーツが行われるが、ソフトテニス(軟式テニス)、囲碁、シャンチー(中国象棋)、カバディ、セパ・タクロー、空手道などのような、アジアの地域性を反映したオリンピックにはない独特の競技も行われている。, 最多開催国はタイで、過去4回に渡りすべて首都バンコクで開かれている。ソ連崩壊後は中央アジア諸国もアジア大会に参加するようになり規模も拡大。柔道、バドミントン等の元来アジア人選手が強い競技の他、中華人民共和国の選手強化、中東諸国のアフリカからの移民選手の参加等の要因により水泳、陸上などの競技レベルも向上し世界記録レベルの競技大会に発展している。, 団体競技では翌々年のオリンピック出場枠を争うアジア予選を兼ねる場合があり、個人競技でも同じ国の選手同士で翌年度に集中する夏季オリンピック選考の重要な前哨戦ともいわれる。, 1913年から1934年まで、日本、フィリピン、中国の3カ国で行われていた極東選手権競技大会(The Far eastern Championship games)、1934年にインドのニューデリーで開催された西アジア競技大会が源流とされる。, 第二次世界大戦の終結後、1947年にロンドンでアジア13カ国の会合がありアジアの総合競技会の開催で一致、さらに1948年7月のロンドンオリンピックにおいてインド、フィリピン、朝鮮(分裂前)、中華民国、セイロン、ビルマが再度、アジアの総合競技大会をインドのニューデリーで開催することを決議。1949年2月にアジア競技連盟(AGF)が創立された。この開催決議はインド選出のIOC委員であったソンディ(Guru Dutt Sondhi)が主導したと言われる。, AGF設立時にはインド、アフガニスタン、ビルマ、パキスタン、フィリピンが加盟し、1950年に第1回大会を開催する予定であったが施設の整備、用具の調達が間に合わず、翌年の1951年にインドのニューデリーで第1回が開催された。以降、基本的に夏季オリンピックの中間年に開催している。, 1958年5月に開催された第3回大会は1964年の東京オリンピック招致活動の最中の東京で行われ、大会に先立つ5月には国際オリンピック委員会総会が東京で開かれ、国際大会の開催能力をIOCに対して示す貴重な機会となる。, しかし、第4回大会以降はしばしば世界的な政治問題に影響された。1962年8月にインドネシア・ジャカルタで開催された第4回大会にはインドネシア政府がスカルノ大統領の親中、親イスラム諸国の意向により、台湾(中華民国)とイスラエルの参加を拒否。IOC、国際陸上競技連盟(IAAF)、国際ウエイトリフティング連盟(IWF)は第4回アジア大会は正式競技大会としては認めないと表明、日本選手団は中止されたウェイトリフティング競技以外は参加したが、津島寿一日本体育協会会長が責任を負い辞任するなどの事態となった。翌1963年にIOCがインドネシアの資格停止(オリンピック出場停止)を決議、これに対抗しアラブ諸国12ヶ国が東京オリンピックボイコットを示唆、同年11月にはインドネシアはIOCに対抗し新興国競技大会(GANEFO)を開催するなど東京オリンピックを前にして国際スポーツ界の分裂の火種となってしまった[1]。, 1970年の第6回大会は韓国ソウルで開催予定であったが1968年1月に北朝鮮の特殊部隊のソウル侵入事件(青瓦台襲撃未遂事件)が発生した影響などで韓国が開催を返上。急遽、前回大会の開催地であるバンコクでの開催となった。, 1974年の第7回大会はイラン・テヘランで開催されたがアラブ諸国、パキスタン、台湾に代わり初参加の中華人民共和国と北朝鮮がイスラエルとの対戦を拒否するなどの問題が生じた。またイランはイラン革命前でありこの大会にはイラクも参加していた。, 1978年の第8回大会は警備上の問題があるとしてイスラエルの参加を拒否、これに対して国際陸上競技連盟(IAAF)がアジア大会参加選手はIAAF主催の大会に参加させないと表明するなど対抗した。さらに1982年第9回大会(ニューデリー)にもイスラエルはインドへの入国を拒否された。このイスラエル問題は第9回大会の直後に開催されたAGF会議において、アジアオリンピック評議会(OCA)設立がイスラエルを排除する形で決議され、以降のアジア競技大会はOCA主催となったことから、イスラエルのアジアスポーツ界からの排除という形で決着されることとなった。, 1986年からは、それまでの夏季大会に加えてアジア冬季競技大会が行われ、第1回と第2回冬季大会は札幌市で、第5回冬季大会は2003年2月に青森県で行われた。さらに、スポーツ競技数の増加に対応し、2005年からは、室内競技を中心としたアジアインドアゲームズも始められた。スキーなどの競技が実施された。, 2006年ドーハ大会では過去最多の39競技が実施されたが、次第に巨大化する大会規模を懸念し、いくつかの競技をアジアインドアゲームズや2008年に始めたアジアビーチゲームズに振り分け、2010年広州大会からは35競技に削減する方向にいったんはなった。そしてボディビルがアジアビーチゲームズへ移行することになったもの(ボディビル#アジア大会におけるボディビル競技を参照)、武術太極拳[2]、ダンススポーツ、ドラゴンボート、クリケット、囲碁などが追加され、結局2010年大会では史上最多の42競技が実施された。, 2014年仁川大会ではこれを36競技に削減されることが発表され、2010年大会開催競技のうちソフトボール、ローラースポーツ、チェス、ビリヤード、ダンススポーツ、ドラゴンボートの6競技が除外対象とされた。検討された当初はボウリングとクリケットも除外候補であったが、残留した。その後、ソフトボールは野球との1競技扱いで除外を免れ、ソフトテニスもテニスの種目となった。, 2009年7月3日に開かれたOCA総会で、第18回大会の開催を1年遅らせて2019年に開催することが決まった。2012年11月のOCA総会(マカオ)にて2019年の第18回大会の開催地をハノイ(ベトナム)と決定したが、2014年4月17日、ベトナム政府が財政難を理由として大会開催を辞退することを発表した[3]。2014年9月、ジャカルタ(インドネシア)がハノイに代わる開催都市に決定し、開催年も2018年と1年早まった。, 第19回大会は2022年に中国の杭州での開催を予定し、中国のアリババグループと提携してeスポーツを正式メダル種目にすることを発表している[4]。第20回大会(2026年)については愛知県・名古屋市(日本)の共催で行われる。, 以下は夏季大会のものである。夏季大会以外はアジア冬季競技大会、アジアインドアゲームズ、アジアビーチゲームズなどの項を参照。, ※ 第18回大会は当初2019年に開催が予定され、開催地がハノイ( ベトナム)と決定されていたが、ベトナム政府が2014年4月に大会開催権を辞退した[3]。2014年9月ジャカルタ( インドネシア)がハノイに代わる開催都市に決定し、開催年も2018年と1年早まった。, 1998年のバンコク大会以降、サムスン電子がスポンサーとなり、MVPが選出されている。受賞者には賞金などが贈られる。歴代受賞者は以下の通り。, インドネシアの資格停止は東京オリンピック直前の1964年6月に取り消しされるもGANEFO出場選手はオリンピック参加資格を取り消されたことから結局インドネシアは東京オリンピックに出場することができなかった。, “アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入”, https://www.gamespark.jp/article/2017/04/19/72825.html, “Outstanding Japanese athletes in Asian Games”, http://www.gz2010.cn/10/0121/16/5TIKEDL4007802FM.html, http://www.china.org.cn/english/sports/192727.htm, http://www.thejakartapost.com/news/2010/11/28/lin-dan-voted-asian-games-mvp.html, “Teenage swimmer Ikee named 2018 Asian Games' "Most Valuable Player" as event draws to a close”, https://www.insidethegames.biz/articles/1069493/teenage-swimmer-ikee-named-2018-asian-games-most-valuable-player-as-event-draws-to-a-close, http://nuspress.nus.edu.sg/collections/rest-of-asia-regional/products/pan-asian-sport-and-the-emergence-of-modern-asia-1913-1974?variant=925661658, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アジア競技大会&oldid=80255574.