これで回るように出来れば、後は引き付けて打つだけです。(後ろ足の膝は曲げて下さい) 内外野ともここで言う振りかぶる動作はとりません。無論野茂投手の2塁方向にひねる行為も振りかぶる動作ではありません。 あのように一気に投げれば勢いをつける動作と言えるでしょうが、今日の一般的な投手は一気に投げる人が少ないです。 ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え頂きたいです。よろしくお願いします。, 既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。 © Copyright VICTORY SPORTS NEWS. 少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。 外野手は投げる距離が長いので勢いをつけて遠くまで投げる為にテイクバックをとりますね。 ボークではないと自信が持てませんでした アドバイス御願い致します。, 私も全く同じ経験をしました 他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。 私の考えは、少なくともここ最近入部してきた者は、補欠スタート(実力はあっても)。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。 質問の補足をさせてもらうと 球の速さを測定する。 とあるので、投手板を踏んで使っても良いし、投手板の一部(前縁)に触れていればOKということになります。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む, 草野球でピッチャーをたまにやっています。右投げです。 プレートを蹴り上げるため? どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。 ・ソフトボールの国体選手に選ばれる わたしからはそれ以外の点を... ですので、踏み出した時に安定するように先に掘っておいて、そこに踏み出すようにする人も居ます。まぁ私はしませんが。 ・球速は120kmを記録, 【ソフトボール】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大予防ガイドライン まとめ.   そうやってやると、プレートの前で足が回転するわけです。すると掘れてしまうのは分かりますよね?そう言うことだと思います。 皆さんの少年野球チームは、どのように最初の守備位置、レギュラーを決めましたか? どなたかご存知の方がいれば、教えてください。  みんな仲良しでお休みに遊びの延長・・・といったチームなら、みんながやりたい守備を交代でやるとか他の方がいうようにじゃんけん。 公認野球規則より一部抜粋 ソフトボールのルールは毎年変更になります。ルール変更にともない試合の時に初めて知ることがないように事前にルールを把握しておく必要があります。変更になるルールの中でも知っておくべき重要なルール変更について紹介していきます。 ランニングは体ほぐす時だけで十分です。 基本などまだ全く必要ありません。  うちは、周りがみんな本気で野球をやっているので、そういう子はハナから入部させないみたいですけどねえ。, 遊びのチームなんでしょうか?それともきちんと公式試合などに参加するチームなのでしょうか? 個人個人の適正、特徴を考慮し決める というのが、教科書的な回答だとも思うのですが、誰が判断するのですか? ちなみにお父さんは全員コーチです。 バランスが取りにくい ※自分はセットポジションからの方が投げやすいので、できれば後者の投げ方に統一したいです。 ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。 一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。 当たる頃には力のないスイングになってます。 (ピッチャーなら外野から内野へはノーバウンドで届く事が条件) ピッチャーが投球フォームを固めるために行うシャドーピッチングは自宅でも簡単にできる練習方法です。 ボールの代わりにタオルを使って行うのが一般的です。   何も持たずにシャドーピッチングを行うと肩や肘を ... この幅をうまく利用することで、同じコースを投げるにしてもまったく違った球になってきます。, 状況や投げる球種によって、右端なのか左端なのか使い分けるとピッチングの幅が広がり、打者との勝負を有利に進められるようになると思います。. デメリットがあるのでしょうか まず考え方が違うと思います。「掘る」のではなく、「掘れる」のだと思います。 なぜシュート回転する球は良くないのでしょうか?   右足・左足とも、両足がピッチャープレートに触れているか、右足をピッチャープレートに触れながら、左足をプレート後方に置くのは合法的なピッチャープレートの踏み方である。ただし、右足がピッチャープレートの側面だけに触れている場合はピッチャープレートに触れているとはみなさない。, 右投手の場合の右足がピッチャープレートに触れていれば、左足がピッチャープレートから離れていてもイリーガルにならないようになりました。, いかがでしたしょうか?ルールは年々改正されていきます。定期的にルールを確認して、最新のルールをチームないでも共有していきましょう。, ピッチャーは非常に重要なポジションで、ピッチャーの投球内容で試合の勝敗を大きく左右します。, Softball Timesでは『素人からわずか3年でインターハイベスト8を達成した非常識な最強ウインドミル習得法』をご提供しております。普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法を大公開しています。, 球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?, 普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?, ・わずか3年でインターハイベスト8を達成 軸足1本で立つとグラグラする・・・ コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。 体が耐え切れず、重心を前足に動かしてバットで当てに行くというパターンですネ。 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります   ソフトボールの投球動作に入る際についての質問です。軸足(右足)がプレートを踏んでいる状態で左足が若干プレートに着いていない状態でした。これはイリーガルになるのでしょうか?   まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。 ※エルダー:35歳以上の女子によって編成されたチーム まずは柔軟から始めました 投手板の使用方法で「踏む・触れる」の表現が曖昧なのでよく分かりません。回答お願いします。, 某野球連盟審判員の個人的見解です。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。 振りかぶる動作はその投手が一番投げやすい「リズム」「フォーム」と言ったものなのだと思います。 All Rights Reserved.   ちなみに#2さんの仰るような1,2,3のリズムと言うのはあまり感じません。 意識的にではなく、ピッチングと言う行為上で、仕方なくと言う感じかと思います。 その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました 後気になったのですが、#1さんが仰る動作はここで言う振りかぶる動作ではないと思います。  そういう部分でもチームは違います。 この質問 基本、左右両ピッチャーとも軸足をプレートの後方 3 野球 ピッチャーマウンド プレート 投手板 使い方 4 草野球のピッチャーのプレート 5 野球部員です。ある時試合に出ました。バッターボックスに入り打席に立ちました。 長々と語ってしまいましたが、振りかぶる動作は投手の投げやすいリズム、フォームを作るためと言うのが一番で、 (b)セットアップポジション   ピッチャーがバッターに面して立ち、軸足を投手板に触...続きを読む, 最近草野球でピッチャーをやることがたまにあります。 という状態なのです   今日の投手のフォームは「安定感」を重視していると思います。逆に言えば足を下ろすまでの勢いを殺しているのですが。 次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。 「センター返し」と言われますが、なかなかそうないかないものです。 大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。 ・球速は120kmを記録, 【ソフトボール】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大予防ガイドライン まとめ.   投手の制約というのは、かなりたくさんありますので、加入している連盟の審判員に詳しく教えていただくのが早道だと思いますが。 これで打ち取られてしまってるわけです。   ピッチャーがバッターに面して立ち、軸足を投手板に触れ・・・(以下略) 今季、キャリアハイとなる16勝をマークし、セリーグの最多勝及び最高勝率のタイトルを獲得した広島カープ・野村祐輔。昨季はわずか5勝だったにも関わらず躍進を呼んだ大きな要因として本人が挙げたのが、「プレートの踏み位置を従来の三塁側から一塁側に変更したことで、右打者のインコースへ角度のあるチェンジアップやツーシームを投げられるようになり投球の幅が広がったこと」だった。阪神の若き左腕・岩貞祐太もプレートの踏み位置を一塁側から三塁側に変更した今季は、制球力が大きく向上。自身初の2桁勝利をマークした。横幅約61センチに過ぎないプレートの立ち位置を変えただけで野球人生が大きく変わりうるという事実。そこで今回は「ピッチャーズプレートと踏み位置」について考察してみたい。, わたしが小学校6年生のとき、所属していたチームで投手を務めることになった際、チームのコーチにブルペンでとあるアドバイスをもらった。 「おまえは右投げだからプレートの三塁側を踏むのが基本。そのほうがアウトコースに投げたときにより角度がつく。カーブを投げたときも右打者に当たりそうなボールゾーンの軌道から変化させ、ストライクをとることができる」  ときは、いまから37年前となる1979年。わたしは「それが基本なのか」と疑問を抱くこともなく三塁側を踏み、ボールを投げ込んだ。当時、外野に設置されていたラッキーゾーン内にブルペンがあった甲子園球場、西宮球場の近くに住んでいたこともあり、外野席での球場観戦の折には投手のプレートの踏み位置を確認するクセがついた。コーチが言っていた通り、右投手は三塁側、左投手は一塁側を踏んでいる投手がプロにおいても大勢を占めていた。しかし、なかには逆の投手もいた。記憶に残っているところでは、東尾修(西武)、加藤初(巨人)は右投げなのに一塁側を踏んでいた。「どんな意図であの人たちが基本を無視しているのか、その理由を尋ねてみたい」。そんな衝動に駆られたことを覚えている。  中学に上がり、父親の仕事の都合で約2年間のアメリカ生活を送ることになったわたしは、現地の中学校の野球部に入部した。驚いたのはアメリカでは投手のプレートの踏み位置がバラバラだったことだ。右投手であっても、三塁側もいれば一塁側もおり、真ん中もいる。割合としては右投げなのに一塁側を踏んでいる投手の方が多かった。チームの監督に、「どこを踏んでもいいんですか?」と質問したところ「投げやすいところで投げればいい」という答えが返ってきた。わたしが、「日本では右投手は三塁側を踏むのが基本。理由は外角に投げた時のクロスの角度がよりつき、カーブの威力も増すからだと教えられた」と続けると、監督は次のように返してきた。 「三塁側を踏むことに対する大きなメリットという意味においてはけっして間違っていないと思う。でも右投手が一塁側を踏むことにだってメリットはある。わたしが思う最大のメリットはプレートの幅のなかでボールをリリースすることができること。リリースポイントの段階でボールがホームベースの幅のなかにあるので、楽にストライクがとれる。インコースもアウトコースもコントロールしやすくなる」, 論より証拠とばかりに、監督に促され一塁側を踏んで投げてみると、たしかにストライクがとりやすい。無理に腰を回転させなくても、そのまま投げればホームベース上を通過する感覚が生まれる。右打者のインコースにも投げやすい。監督は「マウンドから見える景色が全然違うだろ? 合うと思えばやってみたらいい」と笑った後「おまえも遊びでボウリングとかゴルフしたことあるだろ?」と続けた。 「右打者のインコースが広く見えるのはボウリングで右端に残ったピンを狙うとき、左端から投げたほうが倒しやすいのと同じだよ。ゴルフのティーショットを打つときだって、攻めるコースや打つボールの性質によって、右端に立ったり左端に立ったりと、立ち位置を変えるだろ? ピッチャーだって同じこと。自分の投げる球種やコースによって、試合のなかで立ち位置を変えるくらいの自由な発想でマウンドに立つことが“基本”だとわたしは思う。プレートを踏む位置に万人共通の正解なんかない。正解はひとりひとりのピッチャーのなかにあるんだから」  目からうろこが数枚落ちた気がした。この考え方がアメリカの野球におけるプレート踏み位置論の基本だとすれば、投手たちのプレートの踏み位置がバラバラであることにも合点がいく。「きっといつの日か、この考え方が日本球界に上陸するに違いない」。そんな予感にも襲われた。  1990年、近鉄バファローズに入団した野茂英雄がプレートの一塁側を踏むスタイルでルーキーイヤーから三振の山を築いた。野茂の決め球はストライクゾーンからボールゾーンに鋭くタテに落ちるフォークボール。野茂本人の意図は定かではないが、リリース直後の軌道は打者の目から見て、ストライクに映る方が都合がいい投球スタイルであることを考えれば、一塁側を踏むことは理にかなっていると思えた。  90年代に入ると、大きく割れるカーブを操る投手が減り、フォークボールを筆頭とする、タテに高速で変化する変化球を決め球に使う投手が増えた。一塁側を踏む右投手や三塁側を踏む左投手が増える流れを期待したが、それほど大きな変化の波は感じられなかった。メジャーに目を向けると屈指の本格派右腕、ロジャー・クレメンス(元ヤンキースほか)は一塁側を踏みながら通算354勝を達成。左腕・アロルディス・チャップマン(現カブス)は三塁側を踏み、史上最速スピードを記録した。, 2000年代に入ると、日本球界に転機が訪れる。安定感抜群の投球を誇るオリックスの右腕エース・金子千尋が「2009年シーズンより踏み位置を三塁側から一塁側に変更したことで内角のシュートに角度がつき、制球もしやすくなった。投球の幅が広がった」と公言。一塁側への変更を進言したのは臨時コーチを務めた野茂英雄だったことを明かした。  2011年には踏み位置を三塁側から一塁側へ変更したオリックス・西勇輝が前年までの0勝からいきなり10勝を挙げる大ブレイク。プレートの踏み位置に対する関心が高まり、固定観念が崩壊しはじめたのはこの頃ではないかと認識している。  メジャーのスタンダードとなっていた、「打者の手元でボールを動かす」投球スタイルに適応すべく、黒田博樹(元広島)、和田毅(ソフトバンク)は渡米後、振った腕がプレート内に収まるよう、日本時代とは逆の踏み位置へ変更。田中将大(ヤンキース)もツーシーム主体の現在のピッチングをより生かすべく、今シーズン途中より踏み位置を三塁側から一塁側へ変更した。手元でボールを動かす投球スタイルは日本でも主流になりつつあり、ツーシームや高速チェンジアップといった変化球の使い手も増えた。黒田が一塁側を踏んで投げ込む「バックドア」「フロントドア」なるメジャー直伝の攻め方も知られるようになり、一塁側への変更を試みる右投手も増えた。今年ブレイクした広島の野村祐輔もそのひとり。阪神のメッセンジャー等、日本で活躍中の外国人投手もプレート内に腕を収める派が多数だ。  踏み位置を頻繁に変えながら、自分に合った踏み位置の模索に励む投手も珍しくなくなった。  元々三塁側を踏んでいた楽天の則本昂大は最終的に元のさやに収まったものの、昨年は見るたびに踏む位置が変わっており、試行錯誤を続けていた様子が見て取れた。ソフトバンクの和田は今シーズン途中より従来の一塁側に踏み位置を戻してから、以前のクロスファイヤーがよみがえり最多勝を獲得した。  武田翔太(ソフトバンク)のように高校時代から一塁側を踏んでいた右腕が2年前より3塁側に変更したケースもあれば、菅野智之(巨人)、岩隈久志(マリナーズ)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)、涌井秀章(ロッテ)のように一貫して三塁側を踏み続ける右腕もいる。  基本とされた従来の常識が崩壊し、「踏み位置の正解はそのときの自分のなかにある」という考え方が常識となりつつある日本球界。来季、飛躍を遂げる投手を見抜くヒントは“足元の変化”に潜んでいるのかもしれない。, (著者プロフィール) 服部健太郎 1967年、兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、商社勤務を経て、フリーの野球ライターに転身。関西を拠点に学童野球からプロ野球まで取材対象は幅広い。通算7年の米国在住経験を生かし、外国人選手、監督のインタビューも多数。, 著者プロフィール