・オレンジジュース 10ml, ジンとチンザノベルモットエクストラドライ、チンザノベルモットロッソ、オレンジジュースをステアして、グラスに注いだら完成です。, ブロンクスは、アメリカ・ニューヨーク市の区名である「ブロンクス」が由来のカクテルです。アメリカの禁酒法があった時代(1920年~1933年)に密造された粗悪なジンを飲むために、考案されたといわれています。, オレンジの甘味とジンのキレのある辛口、ベルモットの風味がマッチしたカクテルです。マティーニにオレンジジュースを加えたようなカクテルで、度数は25度ほどあるので高めです。, ブロンクスに卵黄を加えると「ブロンクス・ゴールド」になり、卵白を加えると「ブロンクス・シルバー」になります。, ・ジン 25ml 27がグリーンミントで、31がホワイトミントになります。 ハッカのようなミントの風味は好き嫌いが別れますが、好きな方にはたまらないでしょう。 このお酒がどんな歴史を持ち、どんな飲み方があるのか?詳しく解説していきます。 ・サイドカー © Delight Creation Inc. All Rights Reserved. ・バラライカ あなた「ご飯食べてきたばかりなので、デザート代わりにコアントロ―をロックでもらおうかな?」 ブランデー(VSOP) 数々のカクテルの立役者である、おすすめのホワイトキュラソー。銘柄でいえば、デカイパーのホワイトキュラソーも有名だ。また、コアントローもその一種。飲み方やレシピなども知っておきたい。美味しいカクテルにおすすめのホワイトキュラソーについて完全網羅! キュラソーとも呼ばれる、オレンジを使ったお酒である「オレンジリキュール」。カクテルとしてだけではなく、お菓子作りにも欠かせないリキュールです。世界中で愛されている「オレンジリキュール」の飲み方や選び方、おすすめの商品についてご紹介します。 リキュールの特徴を活かしつつもさっぱりとした飲み方ができるソーダ割り。リキュールを活かすからこそリキュール選びが大事になってきます。ここではソーダ割りが美味しいリキュールのおすすめランキングを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。, リキュールの味わいを活かしつつもさっぱりとした飲み方ができるソーダ割り。リキュールの味を活かせるからこそリキュール選びが大事になってきます。ここではソーダ割りにおすすめできるリキュールランキングを紹介しているので、ソーダ割りが好きな人はぜひチェックしてみてください。, ソーダ割りでぜひ試していただきたいのがホワイトキュラソーの代名詞ともいえる人気を誇っているコアントローです。ソーダで割りレモンを軽く絞る飲み方がおすすめで、オレンジの豊かな香りとクセのない苦味を楽しむことができます。, すっきりとした口当たりが特徴となっており、オレンジ本来の甘さを感じることができる軽い口当たりが特徴です。万人受けするクセのない美味しさから人気となっている点で、ソーダ割りなら真っ先におすすめのリキュールと言えます。, 惜しくも第2位となりましたが、男女問わず抜群の人気となっているソーダ割りに最適なリキュールがディタのライチリキュールです。適度な甘さとライチ独特の風味を存分に楽しむことができるリキュールとして外せない定番となっています。, すっきり飲みたい場合はレモンを絞るなどして飲まれる場合が多く、どんな飲み方にも対応できるので自分でいろいろアレンジすることも可能。選んで間違いのないリキュールとしてぜひおすすめしたい逸品です。, ティーリキュールの代表格として高い人気と知名度を誇っているのがティフィン ティーリキュールです。リキュールでありながらしっかりと紅茶の味や風味を楽しむことができ、ソーダ割りでさっぱり爽やかに飲むことができます。, 紅茶の味がしっかりしながらも主張しすぎない絶妙なバランスになっており、柔らかい口当たりから幅広い人から支持されている外せないリキュールとなっています。, リキュールといえばまず思い浮かんでしまうほどの知名度と人気があるのがルジェ クレーム・ド・カシスです。甘いリキュールではありますがソーダで割ることによって適度な甘さにすることができ、すっきりとしたカシスの風味を楽しむことができるおすすめのリキュールとなっています。, アルコール度数も比較的低めで甘さがあるので、女性やお酒が苦手な人でも楽しめるリキュールとして人気があり、アレンジもしやすいリキュールとして定番となっている商品です。, ハーブ系リキュールの代名詞といっても過言ではない、圧倒的な知名度と人気を誇っているリキュールがカンパリです。嫌味のない爽やかな苦味が特徴となっており、愛飲している人は計り知れません。, ハーブの風味やさっぱりとした苦味を楽しみたい人にはぜひおすすめできるリキュールであり、オレンジジュースなどで割っても美味しい手軽なポイントも魅力となっています。, ミントリキュールの代表格であり、元祖として知られる人気のリキュールがジェット27です。7種類のミントが使われているこだわりが魅力のリキュールであり、爽やかなソーダ割りを飲みたいならこれは絶対に外せません。, 適度な甘さと爽やかなミントの風味のバランスが良く、夏など暑い日はより一層楽しむことができるでしょう。ちなみに27という数字は当初のアルコール度数が由来ですが、現在のアルコール度数は21度です。, アマレット系の中でも最も人気と知名度が高いリキュールがディサローノです。アーモンドの風味と杏仁豆腐のようなやわらかい甘さを感じることができる個性的なリキュールです。, ソーダで割ることによってほんのりとした風味を楽しむことができるので、いつもとは違ったソーダ割りが飲みたい人は必見のリキュールです。ストレートでも飲みやすくミルクなどで割っても美味しいアレンジのしやすさも魅力となっているリキュールです。, パッションフルーツを使用した適度な甘さとフルーティーな風味を楽しむことができる人気のリキュールがパッソアです。万人受けする安定した味が特徴で、ソーダ割りとの相性が抜群のリキュールとなっています。, 非常に飲みやすいリキュールなので女性やお酒が苦手な人でもお酒を楽しむことができる、ぜひ飲んでいただきたいリキュールです。, リキュールで高い知名度と人気を誇るルジェのクレーム・ド・ペシェが第9位にランクインとなりました。誰でも美味しく飲めるピーチリキュールであり、ソーダ割りで飲むことによって適度な甘さと爽やかなピーチの香りを楽しむことができる魅力的なリキュールです。, ソーダ割りだけでなくロックやカクテルなど用途の幅広さが特徴となっているので、飽きることなく飲んでいけるおすすめのリキュールとなっています。, 青い美しいボトルと甘酸っぱいパッションフルーツの味わいを楽しむことができるリキュールがヒプノティックです。リキュール自体も美しい青色になっているので見た目にも楽しく女性からの人気が非常に高いです。, ソーダ割りとの相性が抜群で、グレープフルーツとの相性も良く様々なカクテルとしても使用できる幅広さも魅力のリキュールとなっています。, このページは、ピントルのリキュール専門ページです。リキュールの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、リキュールについて詳しく知りたい方は必見です。. ・XYZ ・砂糖 小さじ1杯と1/2杯, ジンとレモンジュース、チェリーリキュール、砂糖をシェークして、氷を入れたグラスに注ぎます。その後、ソーダを適量入れて軽くステアし、りんご、レモン、チェリーを添えたら完成です。, シンガポールスリング、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現した、シンガポール発祥のカクテルです。トロピカルカクテルの傑作と呼ばれています。, イギリスの小説家サマセット・モームが「東洋の神秘」たたえたとされる逸話も広く知られています。, ジンとレモンジュース、砂糖をシェークして、氷を入れたグラスに注ぎます。その後、ソーダを適量入れて軽くステアしたら完成です。, ジン・フィズは、レモンの酸味とソーダの炭酸が心地よい、爽快感のある飲みやすいカクテルです。ジンをレモンジュースとソーダで割っているので、アルコールが苦手な人でも比較的飲みやすいカクテルです。, アメリカ南部ニューオリンズの人気サロン「インペリアル・キャブネット・サロン」のオーナーのヘンリー・ラモス氏が、レモンスカッシュにジンを入れたのが始まりといわれています。ジン・フィズの“フィズ“は、ソーダの炭酸がはじける際の音から名付けられたとされています。, ジンとストーンズジンジャー、ライムジュースをステアして、グラスに注いだら完成です。, オータム・リーブスは、仙台の大庄司雅彦氏が考案した、北国の秋を表現したカクテルです。1984年のサントリー・カクテル・コンペティションにて、見事グランプリを獲得しています。, ・ジン 30ml Copyright (C) 2015 - 2020 PLAN Co.,Ltd. ソーダ割りでぜひ試していただきたいのがホワイトキュラソーの代名詞ともいえる人気を誇っているコアントローです。ソーダで割りレモンを軽く絞る飲み方がおすすめで、オレンジの豊かな香りとクセのない苦味を楽しむことができます。. カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ・カミカゼ ・マルガリータ   = (テキーラ― + コアントロ― + ライム) ・コスモポリタン  = (ウッォカ + コアントロ― + クランベリージュース +レモン), 蒸留酒(2) + コアントロ―(1) + 果汁(1)※レモン半分で15~20ミリリットル), 蒸留酒が何を買っていいかわからない人は下記に一般的なものを紹介します。 それをブレンドし、水・シロップ・中性スピリッツを加え、着色料を添加して製品にします, CAMPARI(カンパリ)とは?原料・味・アペロールとの違い【カクテルレシピ12選】. エレガントなカクテルの代名詞ともいえる「ホワイト・レディ」。ジンベースのカクテルとして世界中の多くの方に飲まれています。今回は味や作り方、アルコール度数、名前の由来など、ホワイト・レディの魅力について詳しくご紹介いたします。 ・ドライベルモット 10ml ・ホワイトレディー All rights reserved. ・トニックウォーター 45ml ・チェリーリキュール 15ml ペパーミントのリキュールは、口に含めば清涼感を呼び、胃に入れば消化促進の効果があります。, ハッカのようなミントの風味は好き嫌いが別れますが、好きな方にはたまらないでしょう。, 先にも紹介した通り、世界トップのミントリキュールで、ハッカのようなミントの香りが主体となっています。, 原料のミントは、南フランスカンヌ産のものをはじめ、イギリス・モロッコ・ポーランド・日本などのものが使われています。, それらのミントは、8日間ほど中性スピリッツに浸漬後、蒸留され、ミントオイルとなります。, それをブレンドし、水・シロップ・中性スピリッツを加え、着色料を添加して製品にします。, 現在ジェットは27・31の2種類の製品がありますが、最初に作られたのはグリーンミントの27。, 1796年、南フランスのトゥールーズ市近郊レヴェル町のピエールジェット、ジャンジェット兄弟によって開発されました。, ジェットのユニークなボトルデザインを考えたのは弟の方で、石油ランプの形から連想して作りました。, 「27」という数字は、昔アルコール度数27度でつくられていたためで、現在は21度で製品化されています。. ・ドライベルモット 10ml ・カットライム(カットレモン) 1個, 氷を入れたグラスにジンとトニックウォーターを注ぎ、軽くかき混ぜます。最後に、カットしたライムかレモンを添えたら完成です。, ジントニックは、ジンとトニックウォーターで作る、ジンベースの代表的なカクテルです。バーだけでなく、多くの居酒屋でも飲むことができます。シュワシュワとしたトニックウォーターの炭酸の口あたりとジンの香りが際立つ、爽やかなカクテルです。ライムを絞ったり、レモンを絞ったり、生のライムではなくライムシロップをかけたり、バーによって様々なアレンジがあります。, 熱帯にあるイギリスの植民地で健康飲料としてよく飲まれていたトニックウォーターと人気だったジンを合わせて飲んだら予想以上に美味しかった、というのがジントニックの始まりといわれています。, 氷を入れたグラスにジンとジンジャーエール、レモンジュースを注ぎ、軽くかき混ぜて、ライムかレモンを添えれば完成です。, ジン・バックも、ジンベースの代表的なカクテルです。別名「ロンドン・バック」ともいいます。ジン・バックの“ジン”は、スピリッツにレモンジュースとジンジャーエールを加えるスタイルを指す言葉です。その由来は、BucK=雄鹿(Stag)から来ており、キックのある飲み物ということから名付けられといわれています。, ジン・バックは、甘味と酸味バランスの取れている、清涼感のあるカクテルです。夏向けのカクテルとして多くの方に好まれています。, ジンとベルモットをステアしてから、グラスに注ぎます。最後にオリーブを飾って完成です。, マティーニは「カクテルの王様」「カクテルの帝王」「カクテルの中の傑作」と称される、世界中で愛されているカクテルです。そのシンプルな作り方だからこそ、作り手の力量が試されるカクテルでもあります。味わいは時代が経つにつれて、甘口から辛口へと変わっています。昔はスイートベルモットを使用することが多かったのですが、現在では辛口のドライベルモットを使うことが一般的になっています。, ギムレットはジンベースのカクテルの代表格で、ジンにライムジュースを合わせたシンプルなお酒です。すっきりとした味わいで女性から人気があります。使用するライムジュースは、バーやバーテンダーによって絞った生のジュースか既製品にするか変わります。, ギムレットといえば、レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』の中の「ギムレットには早すぎる」というセリフで一躍有名になったといわれています。, ギムレットの名前の由来は、イギリス海軍の軍医だったギムレット卿が、船員の健康を気にしてジンにライムジュースを混ぜたものを提唱したことが始まりといわれています。その他、錐のような突き刺す味わいからギムレット(錐= gimlet)という説もあります。, ジンとレモンジュース、砂糖をシェークして、氷を入れたグラスに注ぎます。その後、ソーダを適量入れて軽くステアし、レモンとマラスキーノチェリーを添えたら完成です。, トム・コリンズは、19世紀終わりごとにイギリス人のジョン・コリンズが初めに作ったとされているカクテルです。当初は、「ジョン・コリンズ」という名前でしたが、使用していたジンベースを「ジュネバ・ジン」から「オールド・トム・ジン」に変えたことから、今の名前である「トム・コリンズ」になりました。, レモンジュースとソーダで割ってあるので、爽やかな香りが引き立つ、酸味と甘みのある飲みやすいカクテルです。, ・ジン 45ml