「泣き止まないわ」。半裸の屈強なドイツ男たちに囲まれ、驚いたのだろうか。必死にあやす内田の手から、夫人が娘を抱き上げる。ピタリと泣き止んだ。「やっぱりママか」。子煩悩な新米パパは、残念そうにこぼした。 ・身長:176cm また、代表引退についてさらに踏み込み、自分について長い間「代表俺どうなのかな」と悩んでいたことを明かします。理由は1つではなく色々あったようですが、代理人にも話していたようで、怪我が一因となったことは言うまでもないことでしょう。, 内田篤人が引退を考えたのは、右膝の怪我が大きな原因となっています。内田篤人の右膝蓋腱の損傷の怪我は非常に症例が少なく、つまるところ怪我の治療が「実験」のような状態になってしまったということです。 yahooを見ていたら、サッカーの内田篤人選手の怪我からの回復記が掲載されていました。その回復期間は2年・・・・とてつもなく長いリハビリです。 我々が何気なく受けている怪我や病気の治療は、全て実験的治療が積み重なって症例となり、安全な治療となっている側面があります。内田篤人の場合は自身が半ば実験台のような治療になってしまったことで、不安が非常に大きかったのだと考えられます。, しかし、結果だけ言えば内田篤人がサッカー選手を引退する事はありませんでした。約1年9カ月のリハビリ生活を経て、内田篤人は再びピッチに立ってプレーすることが可能になったのです。残念ながら長い間在籍していたシャルケではスタメンから外れてしまったことで出場機会が減ってしまいます。 内田篤人選手の怪我の内容や病名が知りたいものです。そこで内田篤人選手の怪我の内容や病名を調べてみました。内田篤人選手はいつから怪我をしているのでしょうか。日本代表への復帰はあるのかも気になりますね。できれば日本代表に戻ってきてほしいものです。 時間は十分すぎるほどあった。4年に一度のチャンスに人生を懸ける、五輪競技のアスリートの姿も見てきた。整理はついた。 JISSを"卒業"した内田は、古巣鹿島を拠点にしたリハビリをスタートさせた。 鹿島の塙敬裕(はなわ・けいすけ)理学療法士にサポートを仰ぐためだった。 しかし内田選手本人は、ケガをする以前から「今の段階ではまだ、他の代表選手と自分とでは状況が違う」「まずはウニオンで試合数を重ねること」と話していたこともあり、あせることなく前向きに調整しているということです。. 引用記事: シャルケに戻ってからのリハビリでは、クラブ専属のトレーナーの方針で、患部へのアプローチが変わった。それで痛みがぶり返した時期もあった。16年12月。内田は欧州リーグのレッドブル・ザルツブルグ戦で、ついに公式戦に復帰した。しかし、その後は試合に出られず。丸2シーズン、リーグ戦の出場ゼロということになった。 雌伏の時は、2年になろうとしていた。 国立スポーツ科学センター(JISS)でのリハビリ中には、滞在が長引いた分だけ、多くのアスリートと知り合う機会があった。 内田篤人はそのサッカー人生を怪我に悩まされた選手の1人です。類まれなセンスと技術で世界中のサッカーファンを熱狂させた内田篤人が負ってしまった怪我についての詳細や、内田篤人が引退を考えたエピソードなども取り上げて紹介しています。 内田篤人の怪我は1回ではなく、複数回にわたり、時には長期間戦線を離脱せざるを得ない状況になったこともあります。そんな内田篤人の波乱万丈のサッカーの記録を怪我の記憶とともに振り返っていきたいと思います。, 内田篤人の怪我で多くのファンが思い起こすのは、2014年のハノーファー戦での怪我かもしれません。試合自体はシャルケが2-0でリードしており、内田篤人はボールをドリブルしていたところ、右足に痛みを感じて倒れ込み、交代を自分から申し出たのです。, 運ばれた病院で内田篤人が受けた診断結果は当初「右の太ももの肉離れ」というもので、確かに怪我ではあるのですが内田篤人はそこまで深刻な事態になるとは思っていなかったと語っています。しかし、シャルケのチームドクターに診てもらった際に、自分の体が大変な事になっていることを知りました。, シャルケのチームドクターが言うには「内田篤人の右膝の腱がない」ということで、驚いて他の病院に行ったところ出来るだけ早く手術を受けないといけない状態であることが分かりました。当時はブラジルW杯を目指す大事な時期で、諦めたくない内田篤人は日本医者にセカンドオピニオンを求めます。 彼ら、彼女らとは今でも連絡を取り合う。 Your email address will not be published. ・出身地:静岡県田方郡函南町 「膝が固まっていく感覚がありました。膝蓋(しつがい)じん帯といって、人体で一番太いじん帯ですけど、そこが骨化していくんです」 そう言って、笑ってみせる。やがて、同僚たちと肩を並べて走り出す。ピンクのスパイクで、サクサクと芝生を踏みしめる。そのリズムに、かつての乱れはない。, リーグ戦前々節では、フル出場を果たしていた。右膝のケガから2年。内田篤人が帰ってきた。, 「レア中のレアケース。交通事故でもこんなに難しいことにはならないくらい、特殊な症例だったんです」 別れ際に涙を流す。今でも相談を持ちかけてくる。内田との出会いは、アスリートたちにとって貴重なものだった。, 「でもね、オレの方こそ、ってところもありますよ。ケガのつらさ、苦しみを、みんなとシェアさせてもらったというか。みんなとのやりとりがなければ、一人きりでケガとまともに向き合いすぎて、自分が参ってしまったと思います」, このころ、内田は気晴らしのために、よくYouTubeの動画を見ていた。 「サッカー選手は恵まれていると感じました。待遇の面もそうだし、世間からの注目の部分もそう。それに比べて、普段から大変な思いをしている選手たちがケガをして、集まって一緒の部屋でリハビリをしているんですけど、みんな息の抜き方を知らない。だからキューっとなっちゃうんですよね」 塙氏の考えは、一般的に有効とされるリハビリ法をなぞるものではなかった。もともと違和感なく動いていた時の「位置」に、骨などの組織を戻す、というものだ。 「ゲームの攻略動画とか見ていました。すごいんですよ、有名なYouTuberの皆さんの動画って。それから、eSportsのアスリートの方たちのプレーもすごい。パリ五輪で正式競技になる可能性、あるんでしたっけ?」 そもそも、膝の骨格が一般的な形と違うなど、リハビリ自体が難しいものでもあった。こちらの痛みが消えれば、あちらが痛む。 この言葉を見て頂ければ、怪我でものすごく苦しんでいるのがわかると思います。この言葉は、足底腱膜炎でリハビリをしている自分にものすごく響きました。ですので、自分の心境も含めて記事化して紹介させて頂きます。, 2014年6月にブラジルW杯がありましたが、実はその4か月前に内田選手は大きな怪我をしていたようです。しかし、サッカー選手にとってW杯というのは4年に一度しかない何事にも代えがたいイベントです。サッカー選手として命をかけていいと言えるぐらいの大会なんだと思います。内田選手は無理をして出場し、大活躍したのでした。その大きな精神力で大怪我でも跳ねのけてしまうぐらいの気持ちで取り組んでいたからこそ、そんな状態でも活躍できたのではと思います。, しかし、、、W杯で強い精神力で戦い抜いたことが逆に怪我を悪化させているという事態に陥ったようです。この痛みに耐え抜いて戦ったこと・・・これが仇となったようでした。, これについては、良い悪い賛否両論ありますよね。そんな大怪我になる前に、試合を休めばよかったじゃないかとか、自己管理ができていないとか。しかし、自分は痛みに耐え抜いて無理を通したということは素晴らしいことだと思います。これが、なんでもない大会であれば、「意味のない努力」ですが、舞台はW杯です。男には無理をしてでも戦わなければいけない時があると思います。そんな時に、無理を通して活躍してみせた内田選手は本当にすごいなあと思うばかりです・・・, 無理をした代償・・・それはとてつもないものだったようです。膝蓋靭帯。普通はサッカー選手がかかるようなものでなく、さらに骨化しているというやっかいなものになっていたようなんです。これに対して、内田選手はやむを得ず、手術の道を選んだようです。, しかし、そこからが地獄の日々だったようです。靭帯損傷の骨化というのは非常に珍しい事例で、どんなリハビリをするにしても試行錯誤。これをしたら悪化した、これをしたらよくなった。そんなアップダウンを繰り返す日々だったようです。そんな日々を2年ほども過ごしていたのです。, これは、選手の立場にたってみるとものすごい辛いことなんです。まずサッカー選手は選手生命が短く、平均して10年程度しか活躍できないということ。そんな中で2年も何もできない日々をすごすということ・・・・それは普通のサッカー選手では死を意味します。そんなに長い期間リハビリをしている時点で、選手として終わってしまう事なんです。なので、そのリハビリ中に無力感というか絶望感は半端なかったと思うのです。, 実際、内田選手は「「夜に、膝のアイシングをしながら涙が流れてきたり、リハビリ中にもそういうことがあった。練習場に行く車のなかでもよく、泣いてたよ。」と言っています。W杯で無理を通して活躍し続けるぐらい強い精神力を持った人でも、この長いリハビリというのは耐えきれないものなんだと思います。, そして、そんな長いリハビリの中で一番辛いのが、「治っているのかわからない」「いつ治るのかわからない」ということだったようです。2年のリハビリといっていますが、2年で治るなんて誰もわからないんです。今回、2年で試合復帰はできていますが、これが4年での回復だったかもしれないし、はたまた10年かかるかもしれなかったのです。, 自分も含めてですが、治療中、特に靭帯などの怪我で一番辛いのは「いつ治るのか、治っているのか不明なこと」です。骨折などは骨がくっつく期間がある程度決まっているので、全治3ヵ月などいつ戻ってこれるかが見えます。しかし、内田選手がかかったような靭帯に関する怪我はいつ治るかわからないのです。そして、治っているのかどうかもレントゲンでは完全には分からないそうで。だからこそ、いつ回復できるのか、本当にまたグラウンドにたてるのかという不安が無意識的に襲ってくるんだと思います・・・・怪我をしている自分にはこの気持ちが痛いほど伝わってきました。, このような辛い時期を通じて、内田選手は回復して無事グラウンドに立てるようになりました。この経験を通じて内田選手は「1年9か月休んだアスリートでも、一応、ヨーロッパの舞台に立てたということは、これから怪我する人にとって、ちょっとだけイイことかなとは思う」と言っています。確かにつらい怪我だけど、治って元に戻って実際活躍できているのです。そして、そのような事例はたくさんとは言えませんが、ちゃんとあるのです。(もちろん、治らなかった事例もあると思いますが、、、), なので、このような怪我をした場合、とにかく治る事を信じて努力をしていくこと。。。これしかないと思います。怪我をしている最中は肉体的な努力はあまりできません。なので、精神力の勝負です。怪我をしてでも、無理を通して試合に出場していた内田選手でさえ涙がでてくるのです。精神が病んでくるのも当然なのです。しかし、そんな中でも腐らずに、回復するのを信じてリハビリしていく事が一番の解決法なのだと思います。, ・・・ということで、プロサッカー選手と比べるのも申し訳ないのですが、市民ランナーとしてリハビリして回復を待ち続けている自分の立場から、強く共感をしたものがあったので感想を記述させて頂きました。 日本の医者に診てもらったところ、右膝の裏の腱が損傷しており、全治3か月を要する状態であることが分かりました。ただし、今は手術を回避してもギリギリ大丈夫とのことだったので、内田篤人はスポーツ科学センターでリハビリをすることで、W杯への権利を勝ち取りました。, 内田篤人は苦しいリハビリを乗り切り、右膝の腱を損傷している状態ではありながらもブラジルW杯へ出場します。当時日本のサッカーファンは内田篤人の怪我は深刻ではないと思っていましたが、周辺の人達は冷や冷やしていたそうです。, しかし、W杯も怪我もそう簡単にうまくいくものではありませんでした。日本代表はコートジボワール・ギリシャ・コロンビアと同じ組で戦いましたが結果はグループリーグ敗退で、怪我を負っていた内田篤人も「右足は地面についているだけの状態」と語っており、膝の怪我がなかなか回復していないことを語っていました。, リハビリを終えてW杯に乗り込んだものの、右膝は上手く機能せず、W杯後もその怪我に内田篤人は悩まされてしまうことになります。シャルケに合流して新しいシーズンの試合に備えていた内田篤人ですが、練習中に右膝の痛みを感じて練習を切り上げます。, 右膝蓋腱が炎症を起こしていることが診断の結果明らかとなり、半ば無理矢理出場したW杯での無理がたたった結果となってしまいました。しかし内田篤人は最初の4試合を欠場した後は13試合もの試合にスタメンとして出場し、活躍を見せました。, 内田篤人は2014年以来、自分の体を騙しながらプレーを続けてきたと語っています。度重なる無理を重ねた結果によって、内田篤人の右膝は悲鳴を上げていました。2015年には手術することを決め、6月に右膝の怪我の手術を日本で受けました。, 内田篤人はサッカー選手として大事な時期に非常に深刻な怪我を経験したこともあり、引退という噂がよく出ます。また、自身も引退をほのめかすような発言をしたことがあり、多くのサッカーファンが内田篤人の引退について心配していたところがあります。, 事実として内田篤人は怪我の治療をしている時に、現役サッカー選手を引退しようか考えていた時期も多かったと語っています。その理由は内田篤人の怪我の部位である「右膝蓋腱」の損傷は非常に珍しいもので、症例が少なく治る見込みが確実ではなかったからです。, コロンビアに敗退し、グループリーグ敗退が決まったブラジルW杯での内田篤人は、ザッケローニ監督の代表監督引退に触れて、自身の代表選手引退をほのめかすような発言も同時にしていました。その中で内田篤人は「監督だけやめて、俺らは負けたけど4年後もあるしみたいなのはどうなのかな」と胸中を語っています。 そこで、内田篤人は2017年からは2部のウニオンベルリンへ完全移籍をしますが、ウニオンベルリンでは左太ももの肉離れなどがあり戦線を離脱してしまい、2018年に古巣である鹿島アントラーズに戻ることになります。日本のサッカーファンは待望していた内田篤人の復帰を喜んだそうです。, これまでは内田篤人の怪我について、内田篤人の経歴を取り上げながらどのようにして怪我を乗り越えていったのか、その流れなどを見ていきました。ここからは内田篤人が怪我をした右膝の怪我にもう少しクローズアップして取り上げていきたいと思います。, 内田篤人が倒れ込むようにして右膝の異変を訴えてから、当初は肉離れと診断されていたものが実は右膝蓋腱の損傷であることが分かりました。この怪我についてサッカー関係の各メディアは「交通事故で負ったような大怪我」と表現しました。 それでも、屈託のない笑顔で、周囲の若手とやりとりをする。 加入して間もないチームでは、まだ周囲と"あうんの呼吸"とはいかず、出場機会は限られている。それでも、内田は言う。 内田篤人と嫁は、地元静岡の 函南町立函南西小学校 と 函南町立函南中学校 の同級生です。. ・血液型:O型 「オレは、もう散々泣いてきたから。夜にご飯を食べていて、涙が出てくるなんてこと、普通はないでしょ?」 9月26日午前11時、ベルリン市内。小さな森に抱かれた、ドイツ2部ウニオン・ベルリンの練習ピッチに、内田篤人が現れた。 足取りが軽くないのは、体調の問題ではない。練習器具を積んだ小さなワゴ yahooを見ていたら、サッカーの内田篤人選手の怪我からの回復記が掲載されていました。その回復期間は2年・・・・とてつもなく長いリハビリです。 「オレは、もう散々泣いてきたから。夜にご飯を食べていて、涙が出てくるなんてこと、普通はないでしょ? 卓球の福原愛、石川佳純、水泳の入江陵介、バドミントンの垣岩令佳といった五輪のメダリストも揃う。 ・所属グループ:鹿島→シャルケ→ウニオンベルリン→鹿島 ・活動内容:サッカー選手 ・家族構成:妻、娘, 内田篤人は1988年生まれのサッカー選手で、かつては日本代表としてW杯に出場したこともある名選手の1人として数えられる人物です。まずは内田篤人のサッカー人生を経歴とともに振り返り、内田篤人がこれまで所属してきたチームや人物像について取り上げていきたいと思います。, 内田篤人は中学校時代こそ全国区の活躍を見せるサッカー選手ではありませんでしたが、サッカーの名門校である清水東高等学校に入学してからメキメキと頭角を現していきました。高校を卒業する時にも多くのクラブから関心を示され、2006年に晴れて鹿島アントラーズへと入団する事を決めました。, 鹿島アントラーズでは高卒のルーキーであったにも関わらずスタメンとして試合に出場し、DFでしたが17歳で史上最年少得点を決めるなどの活躍を見せます。2008年にはJリーグのベストイレブンにも選ばれ、名実ともに人気のサッカー選手へと成長しました。内田篤人を擁する鹿島アントラーズは2009年に3連覇を達成しました。, その後内田篤人は2010年にドイツのシャルケに移籍し、右サイドバックとしてスタメン出場します。チャンピオンズリーグでのベストイレブンにも選ばれるなど快挙を達成し、世界の誰もが内田篤人の実力を認めていました。 「ネットには本当にいろいろなジャンルの情報、コンテンツがある。見たいものが見られる。知りたいことを知れる。でも、自分の興味あるものしか見なくなるという側面もある。ちゃんと意識をしておかないと、いろいろな情報が頭に入ってこなくなる。それは怖いような気もする」