夏生まれ(6月・7月・8月)の男の子のかっこいい名前は何があるの? 「夏」「海」を使った名前、古風で日本らしい名前、今どきのおしゃれな名前などを大特集! 夏生まれの男の子の名前に悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。 産まれてくる男の子や女の子に素敵な名付けをしたいと考えたとき、どのように名前を考えたらよいか悩む方もいるかもしれません。今回の記事では、漢字や名前の響き、産まれた季節のイメージなど、パパやママたちが子どものために考えた名付けの由来を、体験談を交えてご紹介します。, 子どもができたら、素敵な名前を贈りたいけれど、どのように名付けたらよいか悩む方もいるのではないでしょうか。子どもの名付けを考える時期は、妊娠中の性別がわかった時期や子どもが産まれて顔を見てからなど、人によってさまざまのようです。名付けに慌てないよう、あらかじめ名付けの時期について話しあったり、候補を考えておくとよいかもしれませんね。今回の記事では、これまで男の子や女の子の名前を考えたことのあるママに、どのようにして名前を決めたのか、名付けの由来を聞いてみました。, 子どもの名付けをするときには、どういう人になって欲しいかという願いを込めることもあるようです。漢字の意味に注目した名付けについて聞いてみました。, 「一歩一歩人生をしっかり歩んで欲しいという願いを込めて『歩(あゆむ)』という名前にしました」(20代ママ)「栄えた都のように、みんなが集まってくる人になって欲しいという気持ちから『栄都(えいと)』と名付けました」(20代ママ)将来どのような男の子になって欲しいか思いを込めた漢字を使って名前を決めることもあるようです。羽を広げて大きく飛ぶという意味を込めた「翔」や、思いやりという意味を持つ「仁」などの漢字を選んだというママの声もありました。, 「自分の人生にたくさんの幸せの花を咲かせて欲しいという願いから『咲(さき)』と名付けました。親戚から素敵な名前だと褒められました」(20代ママ)「咲」のほかに「桜」や「芽」など花にちなんだ漢字を選ぶこともあるようです。草花に関連した漢字を使うことで、さわやかで可憐なイメージと風雨に負けない強さをあわせ持って欲しいという願いを込めたという由来の話もありました。, 名前は声に出して呼びかけたりする場面が多いことから、響きから考えることもあるようです。名付けの由来をママたちに聞いてみました。, 「将来は海外へ行って活躍して欲しいと思っているので、外国でも呼んでもらいやすそうな『譲(じょう)』という名前にしました」(20代ママ)「夫と名付けの相談をしたときに、はっきり発音しやすく呼びやすそうな『か』から始まる名前にしようと決めました。大きな心を持って欲しいという願いもあったことから『かなた』と名付けました」(30代ママ)呼びやすい名前がよいと考え、響きから名前を考えることもあるようです。ママの中には、名字とのバランスを考えた上で、名付けをしたという声もありました。, 「爽やかで上品そうな響きから『さら』という読み方の名前に決めたあと、上品で素敵な女の子なって欲しいという思いから『紗良』という漢字をあてました」(20代ママ)「穏やかな女の子に育って欲しいと思い、命名辞典の本などを読んで、大らかそうな響きの『ほのか』という名前に決めました。ひらがなの方が柔らかい印象だと思ったので、漢字は使いませんでした」(20代ママ)響きで名付けをする場合には、読み方を先に決めてから、漢字を使うかどうかや当てはめる漢字を考えることもあるようです。名字とあわせた画数にもこだわったというママもいました。, 生まれた月や春夏秋冬の季節をイメージして名付けることもあるようです。どのような由来があるのかママたちに聞いてみました。, 「長年、子どもが欲しいと思ってようやく出来た男の子で、そのときの思いを忘れないよう生まれた時期の『春』という漢字を使うことにしました。大きく育って欲しいという思いも込めて『春大(はるた)』と名付けました」(30代ママ)「『冬』という漢字は厳しい状況でも我慢強く、生命力あふれた人になって欲しいという気持ちを込められるようでした。明るい人生を歩んで欲しいという気持ちから、冬生まれの子どもに『明冬(あきと)』と名付けました」(30代ママ)生まれたときのことを覚えておくため、生まれた季節の漢字を使って名付けをすることもあるようです。生まれた時期だけでなく、パパとママが出会った季節の季語を入れたという素敵な由来もありました。, 「春生まれの女の子に『遥菜(はるな)』と名付けました。春と遥か未来という意味を掛けあわせ、春の花でかわいらしい菜の花の『菜』をくっつけました。遥か未来まで素敵な存在であってほしいです」(30代ママ)「安定期に入った頃に夫と話しあい、8月中旬が出産予定日だったので、旧暦の8月を意味する『葉月(はづき)』に決めました。『葉』にはまっすぐスクスクと成長してほしいという気持ちを込めています」(20代ママ) 季節の言葉を別の漢字に当てはめたり、旧暦の月を参考にしたという名付けの由来もあるようです。姓名判断で漢字を選んでもらったというママの声もありました。, 親や兄弟などの名前から名付ける場合、どのような名前があるのか、ママたちに名付けの由来を聞いてみました。, 「上のお兄ちゃんが『真也(しんや)』という名前だったので、弟にも『也』という字を使おうと思い『祐也(ゆうや)』と名付けました」(20代ママ)「子どもには、尊敬しているおじいちゃんの名前から一文字もらった名前をつけました」(30代ママ)兄弟や親族の名前と同じ字を使ったりすることもあるようです。同じ字を使うことで、家族の一員として大切にされていることが伝わるかもしれませんね。, 「夫の家系では、女の子には『子』をつける風習があったので、生まれてくる子どもにも『涼子(りょうこ)』と名付けました」(30代ママ)「上の子どもには『空(そら)』と名付けていたので、生まれてくる子どもも自然を感じられる名前がよいと思い『海(うみ)』という名前にしました」(30代ママ)名付けの由来には、家系での風習によって使う漢字を決めていたり、兄弟の名前と関連した名前を考えたという声がありました。名付けをする際には、名付けの決まりごとなどがないか、両親たちに聞いたり相談したりしたというママもいるようです。, 子どもができて素敵な名付けを考えようとしたときに、どのように決めればよいか悩むこともあるかもしれません。男の子や女の子の名付けは、漢字の意味や響きのよさから決めるなど、決め方はいろいろあるようです。子どもによって由来もさまざまのようなので、パパやママの愛情がたくさん詰まった素敵な名付けができるとよいですね。, 「子どもが将来やりたいことに出会ったときに、それを実現できる環境をつくってあげたい」そう願うママやパパは多いでしょう。そのためには教育資金が必要ですが、皆さんはどのように準備していますか?今回は、子育て中のママにお集まりいただき【子どもの将来や家族の目標】をテーマにオンライン座談会を実施。10年後の家族の目標や、それを実現するために行っていることなどを取材しました。, 保育園児のいる共働きの家庭では、子どもの保育園や習い事の送迎など夫婦でどのように分担しているのでしょうか。今回は送り迎えや、子どもが保育園で熱を出したときの急なお迎えなど、共働き家庭でどのように協力しあっているのかについて聞いてみました。, 新型コロナウイルス感染に関するさまざま情報が錯綜するなか、「もし子どもや家族が感染したら?」「妊婦中のママは?」と、不安な方もいるでしょう。このような状況において大切なのは、不確実な情報に惑わされず、正しい情報に基づいて行動することです。今回は、厚生労働省の資料を参考に、新型コロナウイルスの予防、感染を疑う基準や受診の目安をまとめました。, 新生児が午前中や昼間にぐずることで悩んでいるママもいるかもしれません。初めての赤ちゃんの場合は、どのように対応したらよいか分からず、困ってしまうこともあるでしょう。今回は、新生児がぐずる頻度やいつまで続いたか、ぐずったときの対応の仕方を、ママたちの体験談をもとにご紹介します。, 1歳の子どもが離乳食で遊んで食べないことや、好き嫌いがあることで悩むママもいるのではないでしょうか。離乳食を食べないときにママたちが工夫したこと、用意した離乳食メニューについて紹介致します。, 女の子を育てているママやパパのなかには、女の子の育児あるあるエピソードが気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、思わず「あるある」と言ってしまうような、女の子の行動や育児についてのあるあるエピソードと感じたことについて、ママやパパたちに話を聞いてみました。, パンツタイプのオムツの替え方が知りたいママもいるでしょう。赤ちゃんがうんちをしたときや、赤ちゃんが動き回るときのオムツ替えに困ることもあるかもしれません。今回は、パンツタイプのオムツ替えで困ったこと、オムツの替え方やポイントについてご紹介します。, 共働き夫婦のお金の使い方や管理方法について知りたいというママや、財布は1つにするのか別々にするのか気になるというママもいるかもしれません。今回の記事では、共働き夫婦の財布事情やお金のやりくり方法、お金を貯めるために意識したことを、体験談を交えてご紹介します。, 男の子を育てているママにとっては、男の子の謎に満ちた行動や発言がかわいいと感じる瞬間があるのではないでしょうか。今回の記事では、男の子のかわいい言動や特徴と面白い育児あるあるエピソード、男の子の親になってママ自身が変わったことなど体験談を交えてご紹介します。, 離乳食完了期に、プリンを作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、離乳食のプリンを作るときのポイントや完了期から食べられる基本のプリンレシピ、レンジを使って手軽に作れるプリンレシピについてご紹介します。, 共働きをしているママやパパのなかには、3人目の子どもを考えているけれど、仕事と子育ての両立や妊娠のタイミングなどで悩む方もいるかもしれません。この記事では共働き夫婦が3人目を考えたタイミングや、働くママが3人目を妊娠中に工夫したことなどについて、体験談を交えてご紹介します。, 3歳児の子育てを楽しむ中で、あるあるエピソードを知りたいママもいるかもしれません。子どもの面白い言動や楽しいシーンなど、思い出に残るものも多いのではないでしょうか。今回は、3歳児の子育てあるある、かわいいエピソード、子育てをする中で気をつけていることをママたちの体験談をもとにご紹介します。, 公園ピクニックやお外ランチにも! 子どもとのおでかけにぴったりなPascoの「超熟」サンドイッチアレンジ, 子育て中のママ・パパに向けて、「育児や仕事」「子どもの遊びや教育」「健康」などをテーマにおすすめ記事を毎日更新。子育てをさらに楽しくするアイディアを提案します!, 子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」は子育て中のママに向けて、「家族」をテーマにおすすめ記事を毎日更新!「子育てのイライラ解消法は?」「子どもの夜泣きの原因は?」など、知りたい内容盛りだくさん!家族のことをはじめ、子育て中のママが気になる疑問を少しでも解消し、「私と同じ気持ちの人って他にもいるんだ!」と共感したり、子育てをさらに楽しくするアイディアを提案するメディアを目指しています。, 一人目は、夫婦でそれぞれが考えた名前の中で唯一一致していたものがあったので、その名前に決め, 名付けの由来大切ですよね。わたしは最近我が子に小学校の宿題で名付けの由来を聞いてくるような, 生まれてくる女の子の赤ちゃんの名前を、漢字一文字にしたいと考えるパパやママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、女の子の一文字の名付けでのポイント、自然をイメージした名前や響き、漢字の意味別で選ぶ漢字一文字の名前をご紹介します。, お七夜に命名書を作るとき、筆ペンなどを使った書き方やテンプレートを使った命名書の作り方が気になるママもいるかもしれません。今回は、お七夜の命名書の書き方や用意の仕方、色紙タイプなど命名紙の選び方をママたちの体験談を交えてご紹介します。, 夏生まれの女の子の赤ちゃんの名前を、夏らしい名前で名付けをしたいと考えるパパやママもいるかもしれません。今回の記事では、「夏」や「海」の漢字を使った名前や夏らしさをイメージした名前、名前に込めた願いや意味とあわせてご紹介します。. 男の子につけたい花の名前を、〈春〉〈夏〉〈秋〉〈冬〉など季節のイメージ別に150選紹介します!男の子に花の名前を付ける時のポイント・注意点もしっかりとお伝えします。たくさんの名前の中から選ぶ際の参考になる情報が満載です。, 男の子の赤ちゃんの名付けに、花の名前を付けることは珍しくありません。その多くは、子供の生まれた季節の花を選んだり、花言葉を参考にしたり、花の名前についての意味や由来を参考にして名付けしています。男の子につけたい花の名前を、季節のイメージ別に紹介していきますので、子供の名付けの参考にみてしてくださいね。(男の子の名前については以下の記事も参考にしてみてください), 春の花といえば「桜」をイメージする方も多いのではないでしょうか。日本人にとって馴染み深い花として、桜は愛され続けています。桜の花言葉は、精神美・純潔などがあります。どちらの花言葉も、意味合いが清らかなイメージがあるので、子供に名付けたいという人は多いのです。花の名前は、女の子向けだと考える人もいますが、合わせる漢字や読み方によって、男の子っぽいイメージになります。桜を使う花の名前には秋桜もありますが、秋桜の花を名前に付ける場合は秋だけを使う場合が多いようです。, 「杏(あんず)」も、赤ちゃんの名付けに人気の名前です。杏という漢字がかっこいいので、男の子の名付けにもぴったりですね。杏は古来より薬などにも使われてきた植物で、その由来をもとに「人の役に立つ」という意味を込めて名付ける方も多くいます。杏の花言葉は、乙女のはにかみ・臆病な愛・早すぎる恋などがあります。少し儚いイメージながらも優しい雰囲気が伝わる漢字です。杏の漢字は、「あん」と読ませる場合と「きょう」と読ませる場合とがあり、合わせる漢字の意味とのバランスを考えながら名付けられています。, 春の花の中でもポピュラーな「桃」は、桃の節句があることから女の子の名付けによく使われます。桃の節句の由来は、古く平安時代に貴族が薬草を摘んで穢れを祓い健康を祈願した上巳の節句が由来だと言われています。桃は縁起の良い植物なので、男の子の名付けにも使われています。桃の花言葉は、チャーミング・気立ての良さ・私はあなたのとりこ・天下無敵などがあります。気立ての良い子供になるようにという意味を込めた名付けにぴったりですね。, 「菫(すみれ)」の漢字は、角ばっており男らしい雰囲気です。菫の漢字を使った男の子の名前は、そのまま「すみれ」と読まず、「きん」や「すみ」と読ませることが多いです。菫の花言葉は、謙虚・誠実です。生まれた赤ちゃんに真っ直ぐ誠実に育って欲しいという意味を込めて名付けるパパママもいます。菫の可憐な花は、春の季節にふさわしい姿をしています。春生まれの赤ちゃんに付けたい人気の名前です。, YOTSUBAは「人生を素敵に彩る」をコンセプトとしたライフスタイルメディアです。妊活、妊娠・出産、子育て、ライフスタイル、インテリアなど、読むとあなたの人生が少しハッピーになる情報を毎日更新しています。. 赤ちゃん命名ガイドでは男の子の名前辞典を使ってこれから産まれてくる赤ちゃんの名前を見つけることが出来ます。音の響きや漢字が持つイメージ、親の願いを込めた漢字、使いたい漢字、止め字(添え字)など様々な方法から子供の名前を探すことが出来ます。 人気の名前だけでなく、様々なイメージや使える漢字をご覧になり、じっくりご検討ください! [co-7] 『と』で終わる漢字一文字の名前33選 「み」で終わる漢字で、1文字で表して使うことのできるものを集めてみました。由来例とともにご覧ください。 男の子につけたい花の名前を、〈春〉〈夏〉〈秋〉〈冬〉など季節のイメージ別に150選紹介します!男の子に花の名前を付ける時のポイント・注意点もしっかりとお伝えします。たくさんの名前の中から選ぶ際の参考になる情報が満載です。 子供の名前の由来は何ですか? 写真サービス「はいチーズ!」のインスタグラム(Instagram)アカウントで実施した名前の由来キャンペーンで集まった子供の名前と由来を大特集。名付けに悩んでいるパパママは、ぜひ名前候補を見つけてくださいね。 夢、希、望、一、叶、光、輝、暁、志、歩、進、翔、開、拓、育、明、展、創、誉、成, 「未来」という言葉には、将来に向かって躍進していくイメージや羽ばたくイメージがあります。そのため、「未」「来」の他、「翔」「翼」「飛」などの漢字がおすすめです。また現在を起点に広がっていくイメージもあることから、歳月を表わす「紀」や時間を表わす「時」、時間や空間がどこまでも続く様子を表わす「悠」という漢字もぴったり。「来」の旧字体である「來」を使うことで、個性的な名前にもできますよ。, 男の子におすすめの「未来」をイメージさせる漢字 名前の由来は「真実の剣を持って、人の右に出る」という意味で「真・剣・人・右」の漢字を出して繋げたという事です。 珍しい名前ですよね。 男の子の名付けをするときも、パパとママの思いを話し合ってそれにあった漢字を出し、繋げてみるのも一つの案かもしれません。 夢、希、望、芽、明、一、叶、成、光、輝、暁、志、育、歩、展、翔、創、誉, 「未来」をイメージさせる名前は、ポジティブな印象がある漢字がぴったり。時間・距離が遠く隔たっている意味を表す「遥」は男の子だけでなく女の子にも人気です。また数の多さを表わす「千」も「花」と組み合わせて「千花(ちか)」と名付けるなど、女の子にも用いやすい漢字と言えるでしょう。, 女の子におすすめの「未来」をイメージさせる漢字 産まれてくる男の子や女の子に素敵な名付けをしたいと考えたとき、どのように名前を考えたらよいか悩む方もいるかもしれません。今回の記事では、漢字や名前の響き、産まれた季節のイメージなど、パパやママたちが子どものために考えた名付けの由来を、体験談を交えてご紹介します。