実写化大成功ではないだろうか。ポケモンのビジュアルのかわいさを損なうことなく、実写テイストに落とし込むのが上手い。こんな風にポケモンと過ごせる日常を味わってみたいと心底思ってしまった。しかめっ面した渡辺謙のようなおじさんが、普通にポケモンと一緒に暮らしていても誰も違和感を持たない世界が羨ましすぎる。ハリウッド映画らしい、ツイストの効いたストーリー展開で、ポケモンの核となるものはしっかりと継承されていた。アニメ・ゲームの実写映画化として成功の部類に入るだろう。ライアン・レイノルズの芝居も案外にハマっていた。フェイシャル・キャプチャによる表情づけも絶妙な調整だったと思う。大谷育江さんの声も一瞬だけど聞けるのは嬉しい。しかし、おじさんの声にピカチュウを乗せるとあんなにギャップ萌えが生まれるとは。ピカチュウのデザインの勝利なんだろう、どんな声を乗せても可愛くなるのかもしれない。つくづくすごいデザインだと思う。, メイン層は子供なのでストーリーに深みは足りないですが単調ではないですし、ユーモアもあり、何よりピカチュウがここまでCGで可愛らしく表現できただけで十分ではないでしょうか。「ピカチュウがオヤジ声?」といった点をPRしていた作品でしたが、決して奇をてらった作風という訳でもなく、最後まで見れば「謎解き」はできますし、対象年齢を考えれば良質な出来だと思います。そもそもポケモン人気は最初の1998年の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」が凄く、日本で興行収入76億円という大ヒットを記録しました。そして、実はアメリカでも8574万ドルという日本を上回る大ヒットを記録していたのでした!ただ、それ以降は、特にアメリカでは人気が下がっていったのですが、まさにその「ミュウツー」を使った実写版で、世界で勝負したのが本作でした。本作は日本での興行収入は30.1億円を記録し、何とか及第点といえるレベルでした。そしてリベンジという形となったアメリカでは、興行収入は1億4410万ドルとリベンジ成功で、こちらも及第点といえると思います。(もちろん、アニメ版と実写版では、制作費が大幅に違いますが)ただ、制作費を1億5000万ドルと結構かけたので「続編」があるのかは判断が難しいラインな気がします。きっと面白い切り口となるストーリーができたらあり得るのかもしれません。さて、私は字幕版、吹替版と見て、今回3回目は吹替版で見ました。ピカチュウの「面白いキャラ」としては、(「デッドプール」の)ライアン・レイノルズの声も良かったですが、字幕版で難を感じたのは、哀愁と可愛らしさを醸し出す後半の「ポケモ~ン♪」とトボトボと歌いながらのシーンが分かりにくい点です。その点、吹替版では西島秀俊の起用が功を奏していて日本人だとキチンと反応しやすくなっているのです。一方、竹内涼真の声を聞くと顔が連想できて、(そこまで魅力を感じなかった)主役の俳優とギャップを感じてしまい、慣れるのに少し時間がかかります。もし竹内涼真が英語が堪能で主役を演じていたら、もっと興行収入は上がっていたと思います。渡辺謙は、もはやハリウッド映画に馴染み過ぎていますね。正直、本作で渡辺謙と竹内涼真のリアル共演を見てみたかったです。かつては日本関連のコンテンツは海外で改変だらけで大変なことになっていましたが、本作のように日本の会社が資金面でも共同で出して、クオリティーコントロールをしてくれていると安心して見ることができます。たぶん、ここまで可愛らしくて繊細なデザインは日本人の感性が必要だったのでは、と思います。また、ピカチュウの声も日本のアニメ通りで可愛らしさを損なわず良かったですね。今後もこのような流れがどんどん広がっていくことを期待したいです。, それ程「ポケモン」には詳しくないので、興味本位で観ました…。正直、ストーリーは大して面白くなかったかな…。ずっと真顔で観てた感じですあぁいった世界観は、好きな人は好きかも。ポケモンの持つ技とかを良く知っていれば、もう少し面白く観られたかも知れないかなと思いました。ピカチュウ・レイノルズはフワッフワで可愛かったけど(笑), ピカチュウが可愛い。ティムのお父さんがピカチュウの中に入っていたから、おじさんの声だったのか。ロジャーはあの計画を考えていた時からニセモノだったということだから、ロジャーは悪いやつじゃ無かったってこと。あのガスはポケモンを変えてしまう→恐ろしーい, ポケモンを観たことはなかったけど、いろんなポケモンがいて面白く、可愛く、意外と真相追及も楽しかった!, ポケモンの映画化なので、映画会社は沢山の脚本家に無数の脚本を書かせて、その中からベストのモノを選んで映像化したのだと思う。でも、中身は何も無く薄っぺらい。「パディントン」の方が何倍も面白く感動的。ポケモンの見た目は良く出来てる。5年前なら、この「実物感」は出せなかっただろう。あと、いろんなポケモンを登場させ、さらに彼らを「悪者にしない」ことも良かった。渡辺謙はナゼこの作品に出たの?彼の役割は?彼のような大物俳優を使った意味は全然ないじゃん。, ポケモンが実際にいたらこんな感じかなっと思わせるほどのクオリティで見やすかったです!ピカチュウが可愛かった!カメックスがカッコ良かった!コイキングからの進化面白かった!もう少しポケモンバトル的なのが見たかったかな笑笑, 映像がキレイで展開のテンポが良くて見やすかった。それに、ペットの感覚でポケモンがいたらっていう、妄想が現実となった感じが良かった!!ポケモンが交通整理や消火活動してるのウケた!, ポケモンにはなんの興味もありませんが、そこそこの評価だったので見ました。ストーリー的には、子供向けで大人が見るには物足らない印象です。ポケモンが好きなら見る価値があるのでしょう。ポケモンのキャラでてきても名前すらわからないし、能力的なところもわからないのは見る価値が下がります。, 一番よかったのはCGごまかしのために夜のシーン暗いシーンが少なかったこと!クライマックスも明るいシーンだったし。それだけで、自分のなかでは星3いきます。ストーリーもいいと思うし、ポケモンたちも溶け込んでたし、ヒロインかわいいし。続編観たいなぁ。, ポケモンGOという独特な世界観に汚染された人以外には、まったく受け付けられない、ワケワカメな映画でした。ぜんぜん、まったく、ちっとも、1mmすらも面白さを感じませんでした。, 予告でピカチュウの声がオッサンって事で見る価値なし!・・と思い映画館で見なかったんだけど、これはこれは・・なかなかよく出来てるじゃない!!■ピカチュウの声に違和感あるものの・・違和感ありまくり。心の声・・というか主人公にしか聞こえない声って設定だけど・・この声には秘密があって・・声以外は可愛い仕草にモフモフ感。ぁぁ可愛い~(´∀`*)ウフフ■リアルに再現された可愛いポケモン達。冒頭で出てきたカラカラ(母の遺骨を被ったポケモン)が可愛すぎてノックアウト!もうそれ以降、出てくるポケモン達に目が行ってしまい物語の大半が入ってきませんでしたw脇役だけど私の好きなイーブイ(劇中ブースターに進化!)やヒトカゲも居て嬉しかった♬■サトシが居たw竹内涼真さんがちょこっとだけカメオ出演されてて(邦画では主人公の吹き替えでずっと出演してますが)それがまるで大人になったサトシみたいww■コダックが好きになったリュックに背負われたコダックが可愛いすぎて。。(*´∀`*)萌ぇ♥ゲームしてたときは全く興味ないポケモンだったんだけどこの映画見たら愛らしくてたまらんゎ♡コダックのいつも頭痛に悩まされているとことか、ちゃんと再現されててポケモンのこと理解して作られてるのがファンにも嬉しいとこですね。■最後は泣けたwやっぱピカチュウの声は大谷育江さん以外認めないwもうね。この声聞いただけで泣けてきた。想像以上に面白かったです。大人も子供も楽しめますね(*^_^*), 予告を見たときから気になっていたんだけど、期待以上だった。地上波で観たので、集中して観たらもっとおもしろいのだと思う。ただのポケモンを映画化していれば、マリオやらアサシンズクリードなどのようにしょうもないものになっていたと思う。でもこれはポケモンが登場する冒険ものなので、映像化に適してる。ピカチュウの小憎たらしい表情が、いつの間にかクセになる。, 予告編見たら、これは反則でしょう?という気になった。ハリウッドの技術でポケモンの実写化。しかも主人公のピカチュウがメチャ可愛い。さらに喋れて声がおっさんというのはテディーベアのぬいぐるみが喋る映画の『テッド』みたい。ゲームやらないから元は知らないけど、ピカチュウが名探偵になるなんて『名探偵コナン』みたいで面白そうだと思った。女性や子供にうけるのは間違いないし、年配の人も完全なアニメではなく、全くのポケモン映画でもないので子供を連れて行かなくても見やすい。それに『ポケモンGO』が流行って、やっていた人も多く、たぶんいろいろなポケモンも知っている。どう考えてもヒット間違いなし、普段映画見ない人も皆見に行くはずと思っていた。ただアメリカでも有名なはずなのに、日本先行上映というのが何か引っかかった。すごく面白いのだろうと思って見たけど、期待しすぎたせいかあまり面白くなかった。吹替版で見たのだけれど、声優さんが酷かった。ピカチュウが西島秀俊さんで、全く合っていなかった。どう考えても合わない。途中西島さんの顔がちらついてピカチュウがどっかに行ってしまった。最後にちょっと意味わかったけど、どうせ顔見えないのだから、もっと慣れた声優専門の人でよかったと思う。それから主人公のティムが竹内涼真さんだったけど、これもよくなかった。全くキャラが合っていない。別役で本人が、そのまましらっと出演していたけど、だからってこれはないと思った。こっちも顔は見えないのだから、本職の声優さんか、あるいはお笑い芸人でもいいと思った。吹替版で見たのは大失敗だった。個人的には『テッド』みたいにオヤジギャグというか、下ネタを期待していたのだけれど、子供を意識したのか全くなかった。というか笑わせようとする台詞も全くなくて、それもがっかりだった。活躍するポケモンはピカチューとコダックとミューツーくらい。その他いっぱい出てくるんだけど、出てくるだけでストーリーには絡んでこない。コダックも出演時間は長かったけれども必要なかったかもしれない。なんだかいつものハリウッド映画のストーリーにポケモンをはめ込んだだけの映画だった。ポケモンのところに宇宙人でもロボットでも何をはめ込んでも成立すると思う。企画はすごいのにお座成りに作ったような、なんか残念な映画だった。, ピカチュウの動きや表情がとても愛らしくて、キュンとしてしまいます。実写化凄い技術だと思いました。ストーリーのテンポもよく、気持ちよく見ることができました!!これまでポケモンを見たことがない私でもとても楽しむことができました!, 映画館で観る予定が予定合わず断念。地上波ありがとう。ポケモン大好きだったので可愛くて可愛くてずっと楽しかった。ED最高かわいいしか覚えてない。懐かしのポケモン達の名前なんだっけ〜!ってめちゃくちゃはしゃいだ。ビジュアル怖すぎだろってのも多かった。登場ポケモンがもっと多かったらよかったなあ〜続編もみたい。評価低いだろうな〜と思ったらやっぱり低かった。公開前もひどかったし、、, ただ、ひたすら!ピカチュウが可愛い!!!!ポケモンたちが可愛い!!!!正直声優が竹内涼真と飯豊まりえ、、、、下手すぎて話にならなかった、、、といつか、竹内涼真に関しては黒人の声に似合わなかったってのもあるかもでもポケモンの可愛さが全てを補ってくれたきがする!!!ピカチュウが喜ぶシーン、悲しむシーンどれも全部が可愛くて私もパートナーポケモン欲しいなって思った。, タイトルからして、つまらない探偵モノを見せられるのかと思ったら、普通によくある感じのハリウッド映画でした(^_^;)って、ピカチュウは全然謎解かないし…まぁ、さすがハリウッド映画だけあって、迫力の映像は拍手もの(^^)bポケモンは、ピカチュウぐらいしか知らないので、3DCG化したポケモンたちを見ても、特に感動とかはありませんでした(^_^;)で、なんでピカチュウがオッサン(それもライアン・レイノルズ)の声なのかと思ったら、そういうコトか~, 地上波にて、ピカチュウがおっさん声という知識がある状態で視聴。子どもが観たがった時だけ観るかな。ポケモンの質感だけは良かった。水に濡れたピカチュウとか。ストーリーはまぁ子ども向けとして目をつぶったとしても、世界観が分からず入ってこない。ポケモンはペットなのか?共生相手なのか?ポケモンリーグや地下闘技場で戦うのは分かる。野生に存在しているのも分かる。問題は街中にいるポケモンたち。突然エイパムのように凶暴化して襲ってきたらどうするのか?殺処分するのか?それともポケモンがどれだけ暴れても人にダメージはないのか?ポケモンが単なる舞台装置になっていて、せっかくの設定を十分に発揮できていない気がする。ただカフェやクラブにそれっぽいポケモンがギミックとして配置されているだけになってしまっており、子どもの想像と変わらない。初代赤緑から何個かプレイしてきた身からすると、あと少し設定を練ってもらえると、より現実感が出て想像力が刺激されるなぁと感じた。, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」2020年11月15日 09:30, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”2020年11月15日 06:00, のん×林遣都「私をくいとめて」 大九明子監督が語り尽くす“綿矢文学”の魅力2020年11月15日 11:00, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目2020年11月15日 10:00, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編2020年11月15日 09:00, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, 企画はすごいのにお座成りに作ったような、なんか残念な映画だった。吹替版で見ない方がいいです。, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, (C)2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.