メイクやブランド物でどんなに外見を取り繕っていても、気持ちよい笑顔には勝てません。, 外見が可愛らしくてもムスっとした表情をしていればその人の魅力は半減してしまいます。, 「努力は必ず報われる」という座右の銘は、努力をすればいつかは成果が出るということを意味しています。 この座右の銘は、先のことを案じていても何も始まらないから、成り行きに任せて生きるのが良いという意味があります。, 先のことを考えては「失敗したらどうしよう」「大丈夫かな…?」と色々と不安な気持ちを抱えてしまう人も少なくありません。 そのため、周りの人から責められたらそこで話は終わりにして、気持ちを切り替えて前に向かって進むことが大切なのです。, 「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」という座右の銘は、芥川賞作家の井上靖さんの名言です。 座右の銘とは、常に心にとどめて人生の指針や戒め、励ましとする言葉のこと。就活の面接でよくある質問の1つが、「あなたの座右の銘は?」という質問ですよね。ふだんなかなか意識しないことですので、いきなり聞かれて回答に困った! ほとんどの人は、何か新しいことに挑戦する時に失敗している自分の姿を想像して、挑戦することから逃げてしまいたくなることもあると思います。, しかし、失敗を恐れて挑戦することから逃げ続けていては何の経験も実力も身に着けることができなくなり、自らの成長を止めてしまうことになります。 この座右の銘は、辛いことや悲しいことがあっても笑顔でいることを心掛けるだけで、自然と明るく前向きな気持ちになるということを説いています。, 人生は山あり谷ありで、時には辛い出来事や悲しい出来事に直面することもあります。しかし、これは長い人生を歩んでいく上で仕方のないことです。 知識が浅いのに分不相応に、大きな事を起こそうという無茶振りはいかがなものかと思いますが、やってみようという気持ちがあることは褒めてあげたいです。この言葉を座右の銘にすることは知小謀大なことかもしれません。, 「抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)」は、有名な四字熟語の一つだと思います。余りのおかしさに腹をかかえて転げまわるほどに大笑いする、笑いや笑顔が絶えない位に、笑える楽しい人生を送れれば、毎日があっという間に過ごせそうです。 南方熊楠さんは日本の粘菌研究で知られる学者です。粘菌という一見何も役に立たないものも、探求し続けたからこそ意味を見つけることができたのでしょう。そして全てのものに役割がある、という事を大切に思っていたからこその研究を続けることもできたのかもしれません。, 「愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器」特に女性は「女は愛嬌」という言葉もあるため、愛嬌の大切さを知っている人も多いでしょう。笑顔が最高のメイクであるのと同じように愛嬌はどんな強いものにも勝てる力をもっているものなのかおしれません。, 「好況よし、不況さらによし」成功者である松下幸之助さんは多くの名言を残していますが、こんな言葉もあるのです。この言葉を座右の銘としてピンチをチャンスに変えることができるからこそ成功できたのでしょう。, 「おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。食べ物も人間関係も同じ」三輪明宏さんの言葉はとても深い言葉がありますが、この言葉はいろいろな事にたとえることができるでしょう。そして人生を見つめなおすきっかけになるかもしれません。, 「何でも大胆にかからねばならぬ」明治維新で活躍した勝海舟さんの言葉です。物事を考えすぎて、うじうじとして行動できない人にはとても心に響く言葉でしょう。この言葉を座右の銘とすれば色々な場面に飛び込んでみる事ができるかもしれません。, 「私にとって最高の勝利は、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったこと」とても美しいオードリー・ヘップバーンさんも様々なコンプレックスがあった事を公表しています。自分の欠点を受け入れること、そして人の欠点も受け入れた時こそ見えるものがあるのではないでしょうか。, 「誰かにダメだ、と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎない」そしてこの言葉には続きがあります。「習得しなければならないのは、そのダメだ、と言うことばに打ち勝つことだ」という言葉です。深い意味を感じる言葉といえるでしょう。, 「青がないときは赤を使えば良い」天才、と呼ばれ様々な歴史的作品を生み出す「ピカソならではの言葉であるといえるでしょう。ピカソの独特な絵画はこういった発想力から産まれたものなのかもしれません。, 「私は素晴らしく尊い仕事をしたいと心から思っている」こういった信念があるからこそ、今もその生き方に多くの人が感銘をうけるのでしょう。やはり何かをなし得るためには、信念、意思が重要なのでしょう。, 「たいていの人は、自分が幸福になろうと決心した程度だけ幸福である」この言葉をきいて、どれだけ自分が幸福になろうと決心しているか、という事を考える人は多いでしょう。しかし多くの人がそんなに多くの決心をしていない事に気づくはずです。まずは、自分がたくさん幸福をすると決心すること、その気持ちから人生は変化していくのかもしれません。, 「あわてると何ひとつ良いことなんてない」成功したい、幸福になりたい、と思えば思うほど焦ってしまうものかもしれません。しかし、焦る事、慌てる事には何一ついいことなんてないとこの言葉は教えてくれています。実際に慌てることで失敗した経験をしてきた人は多いでしょう。落ち着き、焦らないことは個々の平穏のためにもとても重要なことです。, 「自分の心を知り、自分の人生を生きよ」自分の人生を生きているつもりでも、意外と自分の心をみれていない人は多いものです。しかし、自分の人生を生きるためには何よりも自分の心を知ることが重要なのかもしれません。自分の心を見つめる時間をみつめる事も幸福になる道なのかもしれません。, 「誰にでも締め切りが必要です。締め切りがなければ気持ちが緩んでしまいます」締切、というのは辛く感じることです。仕事で締切に追われている人は耳が痛い名言かもしれませんが、この言葉を座右の銘とすれば、その締切にも感謝する事ができるかもしれません。その締切があるからこそ、成長していくことができるのだ、と思うこともできるでしょう。, 「生きるとは呼吸することではない。行動することだ」生きる事はなにか、と考えると難しいものです。しかし、行動しなければ生きていない、のと同じことかもしれません。正しく生きよう、充実した人生を送ろうと思えば、まずは行動する事が重要なのかもしれません。, 「誰のためであれ、人生の重荷を軽くしてあげる人であれば、その人は無用の人ではない。」 ちなみに、この言葉を「人に親切にすることは、その人のためにならない」という意味で使っている人が多いですが、これは間違った意味なので注意して下さい。, 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という座右の銘は、苦しい出来事も時間が経てばその苦しさを忘れてしまう、苦しい時に助けてもらっても時間が経てばその恩を忘れてしまうという意味が込められたことわざです。 しかし、この座右の銘では、感情に振り回されて理性を欠くことなく、物事の善悪や長所や短所を冷静に見極めることが大切だと教えてくれているのです。, 「情けは人の為ならず」という座右の銘は、「人に親切にすることで、巡り巡って自分のところに恩恵が返ってくるため、誰にでも親切にしなさい」という意味が込められている言葉です。 人間は人を愛するとその人の長所しか見ようせず欠点から目を背けてしまいがちです。, 逆に一度人を憎むとその人の欠点だけが目に付くばかりで長所には一切目を向けようとはしなくなるものです。 つまり、この座右の銘ではわざわざ自分から追い込む必要はないということを説いているのです。, 自分を責め続けても精神的に落ち込んでいく一方で何も始まりません。 何の目標もなくただダラダラと長生きしたり、自分のやりたいことを我慢し続ける人生には価値はありません。, たとえ人生が短くても自分のやりたいことを好きなだけやって後悔のない人生を歩んでこそ価値のある人生になるのです。, 「初志貫徹」という座右の銘は、初めて心に決めた志を最後まで貫き通すという意味があります。 意味ではなく響きがいいセリフでも、面白い四字熟語やコレだと思う、面白い名言や笑顔になれる迷言はありませんか? 絶対に大丈夫といえる事も、絶対に不可能なこともない、生きることが大変だった戦国時代を駆け抜けてきた武将であるからこそ出て来た言葉なのでしょう。絶対、という言葉は、完全・確実・明白でない限り言えないのかもしれません。 似たような名言のひとつに「明日があるさ」という言葉がありますが、広い心を持って時には自分に優しく声を掛ける、座右の銘にしてはいかがでしょうか。, 座右の銘に使える笑いのセンスがある創作的な迷言や言葉の響きが面白そうなもの、ほんわかするような標語や短い語句などで有名な名言をいくつか選んでみました。, 「“スピーチとスカートは短い方が良い”とよく言われますが、むしろ無い方がいい」この言葉は漫才コンビ博多華丸・大吉さんたちの持ちネタのようですが、お二人のオリジナルなのか出所は調べられませんでした。 辛い出来事や悲しい出来事に直面すると、立ち直れなくなるほど落ち込んでしまったり、途中で何もかも投げ出したくなることもあるかもしれません。, しかし、そこでめげずに何度も立ち上がれば大きな目標を達成することができたり、大きな幸せを掴むことができるかもしれません。, 「一期一会」という座右の銘は、その機会は二度と繰り返されることがない、一生に一度の出会いであることを心掛けて、お互いに誠意を尽くすことが大切であることを意味しています。 今は相手のことが嫌いでも何かをきっかけにして好きという感情に代わる可能性があります。, むしろ、好きという感情も嫌いという感情もない無関心の状態が一番怖いのです。 女性はメイクやファッション、ヘアスタイルを試行錯誤しながら可愛くなるために努力します。, しかし、いくら外見を着飾っても笑顔に勝るものはないのです。 しかし、既に終わった過去の出来事にとらわれていては、幸せなはずの未来を自ら手放してしまうことになるかもしれません。, 「どれだけ生きたかではなく、どう生きたかが重要だ」という座右の銘は、アメリカの政治家、弁護士であるエイブラハム・リンカーンの名言です。 これは!という言葉、クスッと笑えるような面白い座右の銘は見つかりましたでしょうか。笑顔になれる響きのある素敵な座右の銘をたくさん見つけていきましょう。, 面白い座右の銘一覧!クスッて笑える言葉を紹介!のページです。KIRARI[キラリ]は女性がキラキラ輝くために役立つ情報をお届けするメディアです。. 自分が無知であることを知っていれば、他人の無知に対していちいち指摘することもなくなりますし、見栄を張ることもなくなります。, また、無知を知っていれば、知識をつけるために勉学に励むことができますし、出来ない仕事を無理に引き受けて大きな失敗をしてしまうこともなくなります。, 「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである」という座右の銘は、ドイツの哲学者であるフリードリヒ・ニーチェの名言です。 元気を取り戻そうとしたい方への座右の銘におすすめします。, 金子みすずさん(日本の童謡詩人 / 1903~1930)の詩の一部で、基準や価値観は一つしかないと決めてしまいがちな現代へ警告した言葉。童謡をたくさん残された金子みすずさんの言葉には、笑顔を呼ぶやさしさに溢れていて、座右の銘にする方も多いことでしょう。 「明日は明日の風が吹く」物事はどうにでもなる、なんとでもなっていくもの、だから気にしない。この、外国語は歌の歌詞でもあり、言葉の響きやテンポが心地良いので自然と笑顔にもなれそうです。これはぜひ座右の銘としておすすめします。, 四字熟語を座右の銘にする有名人って案外多いですよね。そこで、座右の銘に使える面白い意味を持つ四字熟語をピックアップしてみましたのでご参考にして下さい。, 「馬耳東風(ばじとうふう)」とは、人の意見や批評を気にしないで聞き流してしまうことのたとえです。人に流されないのはいいことですが、他人の意見を何一つ聞かないのは、人として成長できない事と同じです。, 「不撓不屈(ふとうふくつ)」は、強い意志をもって、どんな苦労や困難があろうとも、くじけないことをあらわしている有名な四字熟語です。努力し続けていくためには、強い意志とやる気、挫けない心が必要だという信念でしょう。, 「不言実行(ふげんじっこう)」とは、あえて口に発せずとも行動であらわす行為の事。言葉にして言わないけれども、行動する事、これが実に意外と難しいものです。 誰かに親切にされれば、自分もその人のために親切にしようという気持ちになれるものです。, そのため、人に親切にすれば自分も親切にされて、お互いに思いやりの心をもって接していくことができ、良好な人間関係を築いていくことができるのです。 明日、何が起こるのかはわかりません。絶対に転ばないとも言い切れないし、いつ体調不良で入院するかはわからないものだし、人生、いつ何が起きるかわからないから、その日その日を大切に過ごしたいものです。, ジャン-ジャック・ルソー(フランスの哲学者、作曲家 / 1712~1778) © 2020 早稲田生ソチの就活ブログ All rights reserved. 座右の銘⑤ 気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな 「気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな」という座右の銘は、漫画「ピーナッツ」やアニメ「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」の主人公であるチャーリー・ブラウンの名言です。 メイクやブランド物でどんなに外見を取り繕ってい 自分の心の中に刻んでおきたい座右の銘。 就活生におすすめの簡単な自己分析のやり方|モチベーショングラフ、他己分析、適性検査ツール. また、知らないことは知らないと言える事は優れている、という意味ともいえます。, 釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉なのですが、解釈は様々で「全世界で私たち一人一人の人間が一番尊い」と解釈する説や「広い世界のなかで、私たち人間にしかできない尊い使命がある」と解釈している人もいます。多くの人は「自分はただ一人しかいない存在である」と思っている人も多いでしょう。, いるとつい人と自分を比較し、ねたんだり、自分を卑下したりしてしまう事がありますが「自分は自分である」という事を心にとめておくこと、そして自分が尊い存在であると知っていれば自分を愛して生きていくことができるのではないでしょうか。, やりたい事などに対して努力していても、時折心がおれる事があるでしょう。そんなときにも、決してあきらめずに続けることで、少しずつでも力がついてくるはず、という事をこの言葉は教えてくれています。, 未来に希望をもてない事もあるかもしれませんが、今日と明日が同じである事はないでしょう。明日は明日の風が吹く、という事は明日には何が起きるか分からない、という未来への希望をこめた言葉であるといえるでしょう。, 女性向けの言葉ですが、マリリン・モンローの残した言葉です。どれだけキレイにメイクをするよりも、笑顔でいる事が大切であると思えば笑顔でいようとできるのではないでしょうか。, 昔から、笑うところには良いことがくる、といわれています。実際に笑顔で良い事がおきて、更に笑顔になれる出来事が起きた経験のある人は決して少なくないでしょう。, 今、涙を流すような事がある人、また涙もろい人に知っていてほしい言葉なのですが、涙を流した経験があるからこそ、心からの笑顔を知っている、と思えばその涙にさえも大きな価値を感じることができるのではないでしょうか。, 人に与えられた才能は「笑うこと」かもしれません。みじめだ、辛い、という時もそれを笑いにかえる事ができれば、自分自身も、そして周囲も幸福にすることができるかもしれません。, 最初にあげたメイクの言葉と近いのですが、やはり人の笑顔にはそれだけのパワーがある、という事でしょう。女性ならばキレイになりたいと願い人は多いはず。色々な美容術を試す前に、まず笑顔を心掛けると良いかもしれません。, 笑う門には福きたる、と同じような言葉ですが、笑っている人をみるとうらやましく感じる人はこの言葉を座右の銘とするとよいでしょう。そうすれば毎日を笑ってすごそう、という気持ちになれるのではないでしょうか。, 人の魅力とは様々なものです。しかし、自分だけの魅力を考えた時にやはりそれは笑顔である事が多いのではないでしょうか。, 和やか、温和な顔つきであり、言葉の話し方も穏やかで、親しみやすいことをこう言います。この事を座右の銘として心がければ、人からも好かれ、自分も自分の事を好きでいられるはずです。, 笑顔、というのはやはり魅力的なものです。笑顔の人をみて気持ちが変わった経験がある人は多いでしょう。, 笑顔、というのは人を幸せにもする素敵なものですが、お金はかかりません。お金がかからずに人を幸せにでき、自分自身も幸せになれるものなのです。, 学生時代の部活などもちょうど3年間であるために、この座右の銘を使う人は多いでしょう。辛いと思うことがあっても、まず3年、やってみる事で見えてくるものが変わってくることでしょう。, 努力をする、というは楽しい事だけではないでしょう。例え辛いことやしんどい事があっても、諦めずに努力をすることこそが結果につながるものなのかもしれません。, 目標、というのは夢のようなものである時もあるでしょう。高いハードルを感じる事もあるかもしれませんが、ちかみちを探すよりも全力で取り組む努力をしようという気持ちになれる言葉です。, 人生は、よく道にたとえられます。特に目標や夢は山の頂上にあるようにも感じるでしょう。この言葉を忘れなければ、今が遠い道だと感じていたとしても前に進むことができるのではないでしょうか。, 有名な名言ですがこの言葉には。続きがあります、「もし報われない努力があるのであれば。それはまだ努力と呼べない」というものです。努力をしている時には常に忘れたくない言葉として座右の銘とする人も多いでしょう。, 有名なアインシュタインの言葉です。天才、と呼ばれる人をみるとうらやましく感じるかもしれませんが、その人も努力をしている凡才である、と考えれば自分が努力をしているかどうか振り返る事もできるはずです。, 人の命には限りがあり、それがいつ終わるかは分からないものでしょう。しかし、もし明日死ぬとわかっていれば今日の過ごし方は誰もが変わってくるものでしょう。そしてその可能性がないとは誰にも言い切れないものなのです。この言葉を座右の銘とすれば一日、一日を大事にできることでしょう。, サッカー選手として有名な本田圭祐さんの言葉ですが、彼は天才とも呼ばれる人です。しかし彼は天才なだけではなく、世界一の努力をしてきたといえるくらいの自信をもっているからこそ、世界の舞台で活躍する事ができるのでしょう。, 石の上にも三年、という言葉があるように努力が実を結ぶには時間がかかる事があります。しかし、それを決して忘れないことでうまくいく事は多いのでしょう。, 努力をしている時はつい結果に目がいきがちですが、満足できるかという事はその結果ではなく、結果次第であるのでしょう。, 何度も失敗をして諦めそうになっても、この言葉を座右の銘としていれば努力をつづける事ができるでしょう。七回転んでも、八回目には起きれる、という事があるように何度もチャレンジする事で目標に手が届く事もあるのでしょう。, 「百折」とは何度も失敗をすることであり、「不撓」はくじけない、ということです。百回折れても、くじけない強さを大切にする人に座右の銘としてほしい言葉がこちらなのです。, この言葉は、強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけない様子をあらわしている言葉です。努力を続けるためには、やはり強い意志が必要といるのでしょう。, 死にもの狂いの、厳しいたたかいで辛いおもいをしながらも戦う様子です。悪いイメージをもっているかもしれませんが、そんな経験も人生の糧になるものなのでしょう。, 物事をやりぬこうという強い意志をあらわした言葉です。強い意志、自分の意思を大切にしようと思う人にはこちらを座右の銘とすれば、その意思を忘れることなく努力することができるでしょう。, 堂々とした様子、自身のある様子ですが、人前で緊張する人や人前では堂々としていたい人は、この言葉を胸にとめておくとよいでしょう。こう呼ばれる人になろう、とする気持ちは大切なものなのです。, 人との出会いを大切にしている人はこの言葉を座右の銘としている人は多いでしょう。人との出会いというのはとても奇妙なもので、その出会いを大切に、二度とやりなおすことはできないという気持ちで誠実に大切にする事が必要なのです。, どんなことがあっても心を動かさず、じっと我慢して堪え忍ぶことをあらわした言葉です。意思を強くもち、時にはじっと耐える時間も目標に近づくためには必要なのかもしれません。, 私心をはさまず、公正に事を行うことや様子をあらわしています。この言葉を座右の銘とする人には誠実さを感じるものですし、まっすぐに生きていこうとする事ができるでしょう。, 有言実行、というのも座右の銘として使われることがありますが、あえて口にせずとも行動であらわすという人もいるでしょう。そんな人にはこの座右の銘がぴったりです。言葉にせず、行動する事が意外と難しいもの。しかし、そうする事で人の信頼をえることもできますし、自分の事を好きになることもできるでしょう。, 意外かもしれませんがタモリさんの名言は「適当」です。適当、にはおおざっぱのような意味だけではなく、適材適所、というような意味もありますし、適度に力をぬくことも大切であるのかもしれません。, 明石家さんまさんの名言は有名ですが「生きているだけで丸儲け」という言葉です。娘のIMARUさんにもこの言葉から名前をつけた、といわれています。生きているだけで丸儲けだ、と思っていれば、何があってもポジティヴに受け止め明るく生きていく事ができるのかもしれません。大御所のお笑い芸人である明石家さんまさんらしい座右の銘であるといえるでしょう。, 「ひーじー」という言葉を座右の銘としているのですが、沖縄の方言で「大丈夫」という意味があります。大丈夫、という言葉を座右の銘として大切にしている人は多いのですが、沖縄県の方言である事で新垣結衣さんの郷土愛を感じます。, キレイで自信があり、一見きつい性格にも見えるような菜々緒さんですが座右の銘絵は「謙虚さは美徳」という意外なものです。もしかしたらそのギャップも彼女の魅力のひとつかもしれません。人間はどんな状況であっても謙虚さを忘れないことこそが大切なのかもしれません。, 「せめて自分くらい自分を褒めてあげないと自分が報われない。自分の味方になれるのは自分だけ」三輪明宏さんの言葉には有名なものがたくさんありますが、この言葉に深みを感じる人もとても多いでしょう。特に自己評価が低く、すぐに自分を責めてしまう、というような人には眩しくも感じる言葉かもしれません。, ハリウッドでも活躍する渡辺謙さんの言葉がこちらです。「生まれつき心が強い人はいない」成功者にみえる人でもやはり心は弱いもの。心は生きながら強くしていくものなのでしょう。心を強くするためにはたくさんの経験をして、失敗をしても悲観的にならず前向きに立ち上がる事が重要なのかもしれません。, 「何となく」坂上忍さんの座右の銘ですが、タモリさんの「適当」のように司会業をする人はこういった座右の銘が多いのでしょうか。思い通りにいく事ばかりではない、という事を知っているからこそ選ぶ言葉なのかもしれません。, 「見る目に跳べ」ビートたけしさんの座右の銘に心響く人も多いでしょう。見てしまえば、いろいろと考えてしまい跳べなくなるものです。まず跳んでみる、というのが人生の成功への道である場合もあるのでしょう。, 「ピンチはチャンス」生きていればピンチ、と思う場面は人それぞれあるはずです。しかしそのピンチこそ大きなチャンスに変えられるものなのかもしれません。, 「人との出会いを大切に」演歌界の大御所、と呼ばれる北島三郎さんですが人を大切にしてきたからこそ今の成功があるのかもしれません。成功するまでに、一人でやってきた人はいないでしょう。それを忘れないでいる事、そんな人を大切にできること、それこそが幸福な人生を歩む道なのかもしれません。, 「貪欲であれ、愚直であれ」アップルの創業者として知らない人はいないスティーブ・ジョブズさんは、天才とも呼ばれていました。しかし天才であっただけではなく、目標にむかい貪欲であったからこそ成功を手に入れる事ができたといえるのでしょう。, 「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」スポーツ選手は、やはり大変なこともたくさんあるのでしょう。努力をしても実らないのではと不安になる日も少なくないはずです。そんな日も、この座右の銘で努力して力をつけていくことで、成功へとつながるものなのかもしれません。, 「継続は力なり」イチローさんも天才、と呼ばれるスポーツ選手の人ですが、この言葉を知ればイチローさんが決して天才でラッキーなわけではなく、努力をしつづけてきたという事がわかるでしょう。, 「目標がその日その日を支配する」きちんとした目標を定めているからこそ、その日をきちんと生きることができるのでしょう。その日を支配、という言葉にもネガティヴな意味ではなくポジティヴな気持を感じる言葉であるといえます。, 「走った距離は裏切らない」スポーツ選手の人の座右の銘は努力することにたいしての言葉である事が多いのですが、それはやはり努力が、そして継続する事がスポーツ選手にはかかせないものがあるからなのでしょう。, 広島カープを代表する炎のストッパー、津田恒実さんの座右の銘は「弱気は最大の敵」です。逆に考えれば津田さんのような素晴らしい人も、弱気になる事がある、という事です。それをはねのける感情を大切にしている事こそが成功者の特徴なのかもしれません。, 誰もが行ったことがあるであろう、ダイエーの創業者、中内さんの座右の銘がこちらです。「ネアカ、のびのび、へこたれず」経営者、スポーツ選手に共通するのはメンタル面をポジティヴにもっていけるようにしている事でしょう。, 「昨日の自分は決して今日の自分を裏切らない」まおちゃん、の愛称で知られる浅田真央さんですが、昨日の努力が今日の自分をつくっている、という事でしょう。そして明日の自分のために今日の努力をいつもしている、という事がよくわかる言葉です。, 「テクニックは人から教わることができる。でも、ハートは自分で鍛えるしかない。」こちらは座右の銘、におすすめの名言といえます。特にスポーツをしている人はこの言葉の意味が痛いほどわかるのではないでしょうか。そしてスポーツだけではなく仕事としてもこの言葉はいかす事ができるかもしれません。, 「ゴールを100%外すのは、打たなかったシュートだけだ」アイスホッケー選手の言葉なのですが、どんなシュートでも100%外す、という事はないということ、しかし打たなければ100%外すという事です。様々な場面、状況にも当てはまる言葉であるといえるでしょう。, 「清く明るく元気な 自殺」清く明るく、そして元気、という言葉と「自殺」という言葉が相反して感じる言葉ですが、太宰治の言葉ときけば納得できるものでしょう。, 「絶対は絶対にない」絶対に大丈夫な事も、絶対に不可能なこともない、というのは戦国時代を生きてきた武将であるからこそ言える言葉なのかもしれません。絶対、という言葉が本当に使えるのは絶対という事を否定する時だけなのかもしれません。, 「生きているならいいじゃない」何よりも命が大切である、という事であり、辛いことがあっても悲しいことがあっても、それよりも何よりも生きているなら結果よし、という意味です。, 「僕が良ければ すべてよし!」こんな風に言い切れる人生を送りたい、と思う人も多いでしょう。すべては自分次第である、という意味を含んでいるのかもしれません。, 「下手なら、むしろ下手こそいいじゃないか。そう思って平気でやればいい」絵をかく、という事や芸術の世界において下手であることを理由に諦める人もいるでしょう。しかし、下手でもそう思って平気でやる事こそが大切なことなのかもしれません。, 「世界に、不要のものなし」