!』(日本テレビ系列)や『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系列)などの生放送番組にも、コメンテーターとして出演していた。, また、2006年4月から毎日放送の生放送番組『ちちんぷいぷい』へのレギュラー出演を始めたことを機に、かつて裁判官として赴任した大阪のテレビ番組(主に関西ローカル)にもゲストなどで登場。2008年1月からは、大阪府知事に就任した橋下の後任扱いで、『ムハハnoたかじん』(関西テレビ)にレギュラーコメンテーターとして出演していた[注釈 1]。, さらに、2008年4月から1年間、JFN系列の生放送番組『クロノス』で月~木曜の初代パーソナリティを担当[注釈 2]。ニュース解説、内包コーナーの進行、(不定期で)リスナーからの法律相談や専門家への電話取材などをこなしたほか、(主に事前収録で)アーティスト・クリエイター・スポーツ関係者へのインタビュアーも務めた[注釈 3]。, 『クロノス』の出演期間中には、同番組を含めて、午前中に放送されるテレビ・ラジオ番組にほぼ毎日登場していた。火曜日には、『クロノス』の放送終了後に、月2~3回のペースで来阪。『ちちんぷいぷい』の生放送に最後まで出演してから、日帰りで東京に戻る生活を送っていた。『クロノス』を卒業した現在でも、番組出演・講義・講演などで、東京と大阪を往復することがある。, 2009年9月からは、『ちちんぷいぷい』を降板する一方で、『ひるおび!』(TBSテレビ)月~木曜日にスペシャルコメンテーターとして出演。一時は、『ひるおび!』に加えて、『スッキリ! !』 → 『ひるおび!』)へ出演してから、大阪で夕方から生放送の『キャスト』(『ちちんぷいぷい』と放送時間の一部が重なるABCテレビの報道・情報番組)にもコメンテーターで2016年3月まで登場。火曜日にも、隔週に同様のパターンで、『ひるおび!』への出演後に夕方から名古屋で生放送の『東海テレビスーパーニュース』に2015年3月まで登場していた。以降は、生放送でのレギュラー出演番組を、事実上『ひるおび!』にほぼ限定している。, (月曜日)橋本五郎 - 杉山愛(火曜日)ロバート・キャンベル - 高橋真麻 - 箕輪厚介(隔週交代) - 前田裕二(隔週交代)(水曜日) 宮崎哲弥 - 松田丈志(木曜日)坂口孝則 - モーリー・ロバートソン - 下川美奈 (金曜日)菊地幸夫 - 犬山紙子 - 大畑大介, 『クロノス』に出演しない金曜日に、東京で生放送(『スッキリ! 八代 英輝(やしろ ひでき、1964年7月8日 - )は、東京都板橋区出身の日本(東京弁護士会所属)及びアメリカ・ニューヨーク州弁護士、タレント、コメンテーター。エクステンション 所属。八代国際法律事務所代表。関西学院大学商学部客員教授。元札幌地方裁判所判事補[1]。身長178cm。, 高校時代は医師を志していたが、後に進路を文系へ変更[2]。慶應義塾大学法学部法律学科へ入学した。学生時代、ローソンでアルバイトしていたことをひるおび!で打ち明けた。, 城北埼玉高等学校を一期生として卒業。1988年に慶應義塾大学を卒業後、司法試験に合格[3]。司法修習を45期生として修了した後に、裁判官に任官。大阪地方裁判所堺支部や札幌地方裁判所へ勤務した。, 裁判官を退官後は、東京弁護士会に弁護士として登録した。2001年からは、主に著作権法を学ぶ目的で、アメリカ・コロンビア大学ロー・スクール(Columbia Law School)に留学[3]。同スクールの修士課程を修了後、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験に合格して、同州の弁護士資格を取得した[4]。その後は、日米両国での弁護士資格を有する国際弁護士として、ウォールストリートの法律事務所に勤務。日本オフィスの責任者を務めた後に独立して、東京に法律事務所を開設した。, 専門分野は、著作権法、知的財産権法、国際契約法、医療過誤訴訟、会社関係及び民事、刑事訴訟など。コンテンツビジネスに精通しているほか、海事補佐人登録弁護士や、日本スポーツ仲裁機構の仲裁人でもある。著作権や交渉術に関する著書も多い(後述)。, 2005年度からは、デジタルハリウッド大学大学院で、「コンテンツビジネスのための著作権」の講義を担当。映画専門大学院大学の客員教授や、東京大学大学院の特任講師(2009年3月まで)も務めた。2009年4月には、関西学院大学で商学部の客員教授に就任している。, 「弁護士として著作権問題を扱う機会が多い以上、コンテンツ制作現場の実情を知っておきたい」というスタンスで、『サンデージャポン』(TBS系列)を皮切りに、日本国内で放送されるテレビ・ラジオ番組へ多々登場[5]。コメンテーターやパーソナリティを務める。また、テレビCMやテレビドラマへの出演経験もある。八代自身は、弁護士活動とメディア活動の両立について、「電話と書類とパソコンがあれば(国際弁護士としての実務が)可能なので、移動中でも仕事をしている」という[5]。, 『サンデージャポン』では、ニューヨークの法律事務所に在籍していた時代から、「サンジャポファミリー」として長らくレギュラーで出演。大阪府知事就任前の橋下徹と共演した時期は、司会の太田光(爆笑問題)から、「青空有罪・無罪」というコンビ名を付けられていた(橋下が「有罪」、八代が「無罪」という設定)。後に、『スッキリ! 弁護士や検事もののドラマは、法律のことが分かりやすく扱われていて、裁判で勝敗もつくので、ドキドキ・ハラハラしながらもとても見やすいのが特徴です。今回は、その中でも選りすぐった弁護士や検事ドラマのおすすめ人気ランキングをご紹介します。, 弁護士ドラマは、基本的に一話完結ものが多いため、第1話を見逃した人も、第2話からでも見れるドラマがとても多いです。ちょっと他の用事ができたので、ドラマを見るのをお休みにしても、前回の内容を覚えていなくてもすぐに見ることができるので、忙しい人にもおすすめです。, 登場人物も、弁護士仲間やその家族は定番で固定されるので覚えやすいです。また、第1話完結が多いせいか、容疑者、被疑者がスペシャルゲストつまり大物女優・俳優が演じることが多く、毎回誰が出演するか楽しみになってきます。, 弁護士・検事ドラマと切っても切れない内容で、1話完結が多いのは「警察・探偵ドラマ」です。法律の事も、多く盛り込まれているし、容疑者がスペシャルゲストや、大物女優・俳優が演じる事が多いです。下記の記事では、刑事ドラマのおすすめ人気ランキングをご紹介しています。ぜひ、参照してみてくださいね。, 先程、弁護士ドラマは一話完結が多いというお話をしましたが、1話で逮捕、起訴、裁判と話の流れがスムーズに進み、ほぼ解決されます。スピーディな話の展開に爽快感が高いです。スピーディな展開の中で、何故犯罪を犯し、どういった法律に引っかかるのかなど、視聴者には分かりやすく法律の説明がされていきます。, まるで、弁護士や検事になったような疑似体験が毎回楽しめますよ。ドラマを見て法律の勉強をして、将来は弁護士や検事になりたい!という人もいるかもしれませんね。それでは、弁護士ドラマのおすすめランキングをご紹介して行きましょう!, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング19位は、「魔王」です。2007年の韓国ドラマの日本版リメイク作品になります。2008年の夏ドラマ満足度調査で1位を獲得し、「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008」で、最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を主演の大野智が獲得しました。, 弟を殺害された弁護士の成瀬領(大野智)は、加害者の少年が無罪となった事に納得が行かずにいました。それから11年経ち、加害者青年の芹沢直人(生田斗真)は、警察庁で検挙率ナンバー1の刑事になりました。刑事になった直人の元に、一通のタロットカードが送られてきて、復讐劇が展開していくサスペンスドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング18位は、「正義のセ」です。阿川佐和子の人気の小説シリーズをドラマ化しました。今後シリーズ化が期待できそうです。女性ならではのエピソードがたくさん盛り込まれていて、20〜30代の働く女性の共感を得ました。毎回変わる被疑者が、有名な俳優が多かったのも見所の1つです。, 東京の下町の豆腐屋の娘・竹村凛々子(吉高由里子)は、港南支部に異動になった2年目の新米検事です。正義感だけは、人一倍強く思い込んだら一直線な凛々子は、それゆえに失敗も多いが、周りの先輩検事に協力してもらいながら、少しずつ検事として成長していく物語です。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング17位は、「女はそれを許さない」です。深田恭子主演のドラマで、準主役が寺島しのぶです。他にも、加藤雅也や、上川隆也などの大物が登場します。ドラマ放送に先駆け、ドラマでは放送されないエピソードが盛り込まれた書き下ろし小説が刊行されました。, 岩崎麗(深田恭子)は、初めて請け負った裁判でミスをし、弁護士を辞める事になり、アルバイトして借金返済していました。一方、大手の弁護士事務所にいる海老沢凛花(寺島しのぶ)は、強引な勝訴方法が災いし事務所を解雇されます。ひょんなことで知り合った二人がタッグを組み、奮闘して裁判に立ち向かう物語です。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング16位は、「弁護士灰島秀樹」です。1997年にフジテレビ系で放送された、大人気ドラマ「踊る大捜査線」の数あるスピンオフ作品の一つです。「踊る大捜査線 SPIN-OFF COMPLETE Blu-ray BOX」に収録されています。, 灰島秀樹(八嶋智人)のもとに、千葉県議会議員の瀬籐賢三がやってくる。「東京湾海洋博覧会」の開催予定地として千葉県神ヶ浦が選ばれたが、地元住民が反対、裁判を起こし、第一審は退けられたため灰島に上訴審を依頼し、やがて灰島も巻き込まれて行きます。「踊る」シリーズ特有のドキドキの展開が魅力のドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング15位は、「最後の弁護人」です。阿部寛が13年ぶりに主演を勤め話題になりました。一話重ねるごとに、大物俳優がゲストとして出てくるのも見どころです。阿部寛と須藤理彩の駆け引きも、ドラマを面白く盛り上げてくれています。, 不良債権の取立てを行う銀行員の石田良子(須藤理彩)は、事務所開設資金の返済を怠っている有働弁護士事務所を訪れます。しかし、有働弁護士事務所はかなり厳しい状態です。同じ弁護士の神崎(浅野ゆう子)から国選弁護人の仕事を斡旋してもらいつつ、石田らと事件を解決していく1話完結ドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング14位は、「告発〜国選弁護人」です。松本清張原作のスペシャルドラマ「疑惑」の佐原弁護士を主人公にし、清張の短編作品をモチーフとした脚本になります。, 主人公の佐原弁護士(田村正和)は、過去に妻を依頼人に殺された過去を持っていました。真実を見出すまでは、闇の追求をやめない熱い魂の持ち主です。被害者と加害者の区別なく、幸せを願う愛を秘めた性格で、依頼人に寄り添うことで、真実を突き詰めていきます。田村正和を魅了する美人女優達も、見所の一つです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング13位は、「京都地検の女」です。テレビ朝日系の木曜日の20時枠の人気ドラマシリーズです。第9シーズンまでシリーズ化されましたが、全シーズンに出演していた上司役の蟹江敬三氏がお亡くなりになってからは、シリーズ化はされていません。検事の仕事が分かりやすく描かれています。, 夫を東京に残して京都地検に赴任中の鶴丸あや(名取裕子)は、娘と京都で生活しています。ワイドショーや井戸端会議などを愛するいわゆる「おばちゃん根性」の人です。部下や京都府警、時には地検上層部に睨まれながらも、鶴丸あや検事の名セリフ「主婦のカン!」で事件を解決していく、コメディタッチのドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング12位は、「わたしたちの教科書」です。第1話から第7話が学校編、第8話から第12話が裁判編という二部構成です。明日香の台詞で「世界を変えることはできますか?」がキャッチコピーになりました。脚本の坂元裕二は、本作で第26回向田邦子賞を受賞しました。, 校舎から生徒の藍沢明日香(志田未来)が飛び降り自殺し、教師の加地耕平(伊藤淳史)は、明日香の義母になり、弁護士の積木珠子(菅野美穂)と、明日香がいじめを受けており、自殺したのではないかと疑念を抱いていき、明日香の事件の真相を暴いていきます。社会問題内容から、本格ミステリーへ発展していきます。, 学園ものといえば、青春ドラマはお好きでしょうか?下記の記事では、「学園恋愛名作ドラマ」をご紹介しています。第1位はやはり、人気のあのドラマでした!ぜひ、参照してみてくださいね。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング11位は、「カバチタレ!」です。講談社の漫画雑誌モーニングで連載された人気漫画が原作です。「カバチタレ」とは、広島弁で「理屈言うな!」という意味です。原作とは異なり主役が女性のキャスティング、しかも常盤貴子と深津絵里のダブル主演なのが当時は話題になりました。, 両親を亡くし、弟を養う田村希美(常盤貴子)は、バイト先でセクハラにあったことをきっかけに、行政書士の栄田千春(深津絵里)と出会います。性格も育った環境も真反対の二人だが、行政書士の仕事を通して反発しながら助け合って、成長していきます。28歳独身女性が奮闘する、コメディタッチドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング10位は、「慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~」です。原案は、うえみあゆみさんの人気エッセイ漫画「慰謝料上手にとれるかな?」で、1話完結型の弁護士ドラマです。, 主人公の弁護士・袴田幸男(ココリコ・田中直樹)が、離婚調停や離婚裁判には定評がある弁護士で、男女の愛や憎しみなどをもとしたトラブルに関して、涙の分の「慰謝料」を請求し、解決していく物語です。実生活でもとても勉強になる部分があります。袴田幸男のキャラクター設定が面白く、深夜枠でも人気がありました。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング9位は、「ドラゴン桜」です。原作は講談社の漫画雑誌「モーニング」に連載された三田紀房による漫画作品です。単行本は全21巻あり、2018年から「ドラゴン桜2」が連載開始しました。生徒役は今や主役級の豪華キャストです。弁護士の話より受験話が濃厚なドラマ内容になります。, 元暴走族のリーダーで、貧乏弁護士の桜木建二(阿部寛)は、事務所の家賃が払えず窮地に立たされていました。そんな時、先輩弁護士にバカ学校の学校法人清算の仕事を回してもらいます。進学校化で注目を浴びたため、平均偏差値36の高校生5人を東大に合格させると宣言してしまいます。阿部寛の奮闘ぶりに注目です。, 元暴走族のリーダー弁護士が主役の「ドラコン桜」が気になる方は、「不良ヤンキー名作ドラマ」はいかがでしょうか?下記の記事では、おすすめ人気ランキング19選をご紹介していますよ!, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング8位は、「グッドパートナー 無敵の弁護士」です。私生活では全く合わないが、弁護士として仕事をすると、最強のコンビになる元夫婦を、竹野内豊と松雪泰子が演じています。, 咲坂健人(竹野内豊)は、企業法務を専門にするパートナー弁護士で、元夫婦の夏目佳恵(松雪泰子)と同じ事務所で働きながら、娘を育てています。企業間のトラブルに、仕事ではタッグを組み立ち向かっていきます。企業間の法律トラブル専門弁護士のドラマなので、法律の世界に進みたい方には、おすすめのドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング7位は、「ビギナー」です。フジテレビ系の月9枠では、前例がない「ヒロインは演技素人を対象にオーディション」をし、選ばれたのが当時は「ミムラ」こと美村里江で、このドラマで女優デビューして話題になりました。, 平凡な元OL(美村里江)、元不良(オダギリジョー)、リストラされた管理職(堤真一)など年齢も境遇も違う8人の男女の司法修習生の青春ドラマです。身の回りで起きた事件や、実際の判例をもとに討議していく、コミカルでシリアスに描いたドラマです。視聴者に分かりやすく、司法の内容を伝えてくれています。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング6位は、「弁護士のくず」です。原作は、井浦秀夫による小学館の「ビックコミックオリジナル」で連載された人気の青年漫画です。弁護士の久頭の「くず」っぷりは、2枚目のクールな役が多かった豊川悦司が見事に演じています。伊藤英明との絡みも面白くて見所の一つです。, 久頭元人(豊川悦司)は酒や女が大好きでキャバクラ通い、発言も適当、弁護士とは思えない言動・行動が多いため「弁護士のくず」と呼ばれています。鹿児島出身の生真面目な新人弁護士の武田真実(伊藤秀明)は、久頭に翻弄しながらも、タッグを組んで裁判をいい方向に導いていきます。コメディ調のミステリードラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング5位は、「99.9-刑事専門弁護士」です。連続ドラマとしては初の「刑事専門弁護士」をメイン題材にした、大人気ヒットドラマです。主演の松本潤に加えて、香川照之や片桐仁などの俳優人が演じる奇妙なキャラクター設定が、ドラマをさらに盛り上げてくれています。, 有罪率99.9%の逆転不可能と言われている刑事事件に、首を突っ込みだがる弁護士深山大翔(松本潤)が、残りの0.1%をかけて無罪を解き明かしていく物語です。シーズン1では、主に「検事vs弁護士」の図式でストーリー展開され、シーズン2ではさらに進化した「裁判官vs検事vs弁護士」の図式になっています。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング4位は、「7人の女弁護士」です。1990年代に賀来千香子主演で放送された「7人の女弁護士」のリメイク作品になります。シーズン1、シーズン2が放送されました。, 題名の通りに7人の女弁護士が、他の法律ドラマ以上に、犯罪に巻き込まれた女性を救ったり、女性ならではの問題に力を合わせて、立ち向かって解決していきます。7人の女弁護士が、豪華な女優で固められていています。主人公の藤堂 真紀(釈由美子)の「逃げる場所はありませんよ!」と決め台詞となります。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング3位は、「離婚弁護士」です。天海祐希主演の大ヒットドラマです。実際には離婚裁判以外に、男女の問題なども扱っていました。天海祐希のコミカルかつ、するどい演技力に心惹かれるドラマです。脇を固める出演者も豪華で、このドラマの魅力の一つです。, 間宮貴子(天海祐希)は、東京大学法学部在学中に司法試験に合格、大手の法律事務所に勤務していた凄腕弁護士でした。しかし、事務所独立時に困難に遭い、仕方なく請け負った離婚訴訟を嫌々こなしていくうちに、弁護士として大切なものを得て行きます。弁護士や法律の実在をコミカルに描いたドラマです。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング2位は、「リーガル・ハイ」です。キャッチコピーは「愛も、法も、嘘が好き」です。古美門研介(堺雅人)の個性強いキャラクターがハマり役の、大ヒットドラマです。, 訴訟で一度も負けたことのない凄腕弁護士の古美門研介(堺雅人)と、真面目で正義感が強い新米弁護士の黛真知子(新垣結衣)のコンビが繰り広げていく、コメディ色の強い、テンポのいい法廷ドラマです。裁判に勝つためには何でもする古美門と、依頼人に寄り添う黛との噛み合わない絡みが見所の一つでもあります。, 弁護士ドラマ人気おすすめランキング1位は、「HERO」です。木村拓哉主演のフジテレビ系の月9ドラマで、平均視聴率が毎回30%を超えています。劇場映画化は2作公開され、大物俳優・女優も多数出演しているのも見所の一つです。検事や法律の認知度が高まったのは、まさにこのドラマからではないでしょうか。, 東京地検城西支部に異動になったチャラ男風の検事の久利生公平(木村拓哉)は、型破りな捜査で同僚を混乱させます。やがて、被害者の為に立ち向かう精神に、事務官の雨宮舞子(松たか子)や、同僚たちは巻き込まれていきます。コミカルなシーンも多いですが、決めるシーンはビシっと決めてくれるメリハリのあるドラマです。, 弁護士・検事ドラマは、どうしても固くなりがちなイメージがあります。しかし、2位の「リーガル・ハイ」と、1位の「HERO」は、その固いイメージを、見事にコメディタッチでわかりやすく表現しています。また、あまり日常では接することがない法廷や法律のことも、見ていてとてもわかりやすいですね。, 自分で勉強するには少しハードルがあがるので、弁護士・検事ドラマで法律の勉強をしてみるのもおすすめです!また、ちょっと勉強になるドラマなら、大河ドラマがおすすめです。下記の記事では、おすすめの大河ドラマをご紹介しています。ぜひ参照してみてください。. 最近はメディアなどで女性弁護士の活躍も増えています。では実際に離婚問題を依頼する場合、男性と女性どちらの弁護士に相談・依頼すべきなのでしょうか。ここでは、男性・女性それぞれの弁護士のメリットやデメリット、自分に合った弁護士の選び方を説明します。 弁護士というキャリアの中で生まれたリーガルテックのサービスだ。海外では法務文書のクラウドサービスも数多く生まれているが、デジタル化� 最近、テレビに登場する女性弁護士を見て「美人だなぁ」と思うことが多いのではないか。そんな才色兼備の5人の女性弁護士に迫った。 小林芽未(35歳・s&m法律事務所)「ヘアメイク専門 … 私の知っているある分野で実績のある弁護士は、テレビの取材は時間がかかるわりに短く編集されるので出ない、そんなに俺は暇じゃないと言っています。 もっとも離婚など一般市民が弁護士に相談するようなごく一般的な事件では、離婚を扱っている弁護士であればある程度どの弁護士でも�