5倍感謝。人や物への当たり前感の影響 | 資産家思考セッション・統計学・ホットストーンで心も身体も楽で豊かなあなたに ♡南風 群馬県伊勢崎市 スポーツ、勉強、仕事など様々な分野において成功を収めるために、共通するものって何なんでしょうか?それは、凡事徹底です。ちなみに、凡事徹底の意味は次の通りです。, それにも関わらず、人は当たり前のことをするよりも、奇をてらったようなことを好みます。おそらく、人に差をつけるためには、人と違うことをしなければならないという固定観念があるからでしょう。だから、世の中には~~式メソッドと呼ばれる特殊な方法がもてはやされたりするのかもしれません。, というわけで、今回は僕の周りで起きた「凡事徹底の失敗例と成功例」と「イチローの凡事徹底に関する名言」を紹介して、凡事徹底することの難しさとその重要性についてお話します。そして最後に、凡事を徹底する方法についてご紹介したいと思います。, これは、僕が中学生の頃の話です。あまりに印象的な出来事だったので、今でも覚えています。僕が所属している野球部には同世代で一番速いボールを投げられる投手がいました。そのため、その投手が3年生となる翌年にはかなり強いチームになるのではないかと期待をされていました。, しかし、翌年その投手はレギュラーから外されてしまいました。もちろん、怪我をしたわけではありません。そう彼は、凡事ではなく奇策に走ってしまったのです。なんと、如何わしい野球上達塾にのめり込んでしまったんです。, その結果、フォームは崩れてしまい、結局かつての球威を取り戻すことはできませんでした。長い目で見れば、中学生の時なんて基礎固めの時期なんですから、それこそ凡事徹底(投げ込み・ランニング・シャドーピッチング等)でいいはずなのに…, もちろん、新たな方法論に興味を持つことを否定するわけではありませんが、そういうものに対してもう少し疑いの目を持つべきなのかもしれませんね。, これは、就活で大企業の部長から面接を受けたときの話です。その方は子会社の経営再建を託され、その子会社に出向したそうです。まず、そこの社員と打ち解けることが重要だと考え、自ら積極的に挨拶を行っていたそうです。, しかし、子会社の社員はその人を自分たちを切るために出向してきたと考えていたので、挨拶されても無視を貫いたそうです。あまりよろしいことではありませんが、子会社の社員の気持ちもよくわかります。, その方の凄いところは、そこで折れなかったところなんですね。向こうが返事を返してくれなくても、挨拶を毎日欠かすことなく続けたそうです。その結果、子会社の社員も少しづつ挨拶をしてくれるようになり、最終的には子会社の社員の方々も心を許し、経営の再建の手伝いをしてくれたそうです。, この話を聞いて、当たり前の行為を徹底することの難しさと重要性を改めて実感させられました。, この名言の意味自体は「塵も積もれば山となる」や「継続は力なり」ということわざのほうがしっくりきますが、塵や継続に焦点を当ててみるとそれは、凡事だったりします。, それはレジェンドのイチローであっても変わりません。高校生時代のイチローは練習時間外で行う10分間の素振りを毎日の日課にしていたそうです。正直な話、一日だけなら10分の素振りなんてだれでもできるレベルの凡事です。, しかし、それを365日毎日続けられるか?と聞かれると答えに窮してしまいます。練習がきつかった日や体調の悪い日でもやらなきゃいけないわけですし…, 視点を逆にすれば、天才にして努力家であるイチローでさえ継続可能性のことを考慮したら、一日10分の素振りしかできなかった考えることもできるかもしれません。つまり、人は凡事でなければ継続することができないといえるかもしれません。, ここまで、読み進めてどのように思いましたか?凡事を徹底することの難しさと重要性を感じられたかと思います。というわけで、ここからは凡事を徹底するための方法についてお話していきたいと思います。, ここで大事なのは、目標だけでなく志(目的)を持つということです。そうじゃなければ、モチベーションが長続きしません…, 例えば、「TOEIC800点を獲得するという目標を漫然と掲げて勉強する」と「将来に海外で働きたいという目的を達するためには社内制度上TOEIC800点以上を獲得する必要がある。だから、TOEIC800点を獲得するという目標を立てて勉強する」では、モチベーションに大きな差が生まれますよね?, 現代的な言葉に言い換えると、志が定まれば、やる気に満ち溢れる(気盛んなり)という意味です。先ほど示した例を振り返ってみると、後者には「将来海外で働きたい」という志(目的)がありますね。すると、やる気をもってTOEICの勉強に取り組むことが出来ると言うわけですね。, もちろん、志が定まり、気が盛んになっただけじゃ何もできません。海外で働きたいからっていきなり海外にいって職探しでは、リスクが大きすぎます。, テレビを見れば、そんな人でも成功している人がいるから大丈夫でしょ!って思うかもしれませんが、あれは成功しているから映っているだけでその裏に取り返しのつかない失敗をした人もたくさんいるはずです。, だから、目的だけみて突っ走るのも考えものです…そのため、志(目的)を持ち、目標を定めることが重要というわけですね。, 一度目標が定まったら、その目標を細分化し日々のノルマを明確化します。あとは明確化したノルマを淡々と実行するだけです。, 例えば、TOEICの点数を500点から600点に引き上げることを目標としていたとしましょう。この目標(500→600)を達成するために必要な時間は250時間と言われています。, 例えば、15分間リスニング、15分リーディング、15分間単語や熟語の暗記をすることをノルマにします。通勤・通学の時間を有効活用したり、スマホをいじる時間を勉強に利用すれば、一日当たり45分間なんて簡単に作ることが出来ますよね。, それを一年間続ければ、274時間の勉強時間を確保することができます。そうすれば、目標は達成できるでしょう。, 志(目的)を定め、その目的に到達するための具体的な方法を考えたら、後は凡事を徹底するだけです。しかし、それが実に難しいのです。, ことわざにも「言うは易し行うは難し」とあるように、行動するだけでも難しいものです。しかも、その行動を継続させなければならないわけですからね。, 「継続は力なりの本当の意味について」の記事にもあるように、継続は力なりという言葉は、「継続することが力となる」というだけでなく、 「継続するには力がいる」ということも表しています。, 以上のことから、「言うは易し行うは難し。継続するは修羅の道」と言えるかもしれません。しかし、それがとんでもない場所に行くための唯一の道なのです。, 【無知の知】できない人ほど勘違いする「ダニング・クルーガー効果」について解説するよ. 日本語だと日常生活の中でことわざや格言を用いて話すことは少ないですが、英語では普通にあります。英語のことわざや格言はあまり堅くなく気軽に使えるものが多く、英会話の表現の幅を広げてくれます。今回は、日常の中で使える英語のことわざや格言をご紹介していきます。 英語にも日本語のようにたくさんのことわざがあります。ことわざは当然映画の中でも頻繁に登場し、様々な登場人物によって語られています。もちろん中にはネイティブが知らないものもあるでしょう。, 映画で、会話で、ことわざが出てきたときに瞬時に意味が分かるように、ぜひ英語の有名なことわざを覚えておきましょう。, 1、”Two wrongs don’t make a right.” 他人が悪いことをしているからといって自分もやっていいということではない。, 2、”The pen is mightier than the sword.” ペンは剣よりも強し, 「mightier」は「より強力」という意味の「mighty 強力」の比較級です。, 3、”When in Rome, do as the Romans.” 郷にいったら郷に従え, 4、”The squeaky wheel gets the grease.” きしむ車輪は油を差される, 5、”When the going gets tough, the tough get going.” 状況が困難に なればタフな人の出番となる, 7、”Fortune favors the bold.”   幸運は勇敢な者を好む。, 勇敢に行動する人のほうが幸運が巡ってくる、といった意味で使われます。「bold」には「勇敢」、「大胆」、「果敢」といった意味があります。, 8、”People who live in glass houses should not throw stones.” すねに傷をもつ者は他人の批評などしない ほうがよい, 9、”Hope for the best, but prepare for the worst.” 備えあれば憂いなし, 10、”Better late than never.”  遅くてもやらないよりはまし。, どれだけ時間がかかっても、あるいはどれだけとりかかるのが遅かったとしても、全くやらないよりはましだ、という意味です。, 11、”Birds of a feather flock together.” 類は友を呼ぶ, 12、”Keep your friends close and your enemies closer.” 敵を知るならその懐に飛び込め, 13、”A picture is worth a thousand words.” 百聞は一見にしかず。, 14、”There’s no such thing as a free lunch.”  ただより高いものはない。, 15、”There’s no place like home.”  家に勝るところはない。, 16、 “Discretion is the greater part of valor.” 思慮分別が勇気の大部分, 勇敢にぶつかっていくことだけがいいわけではない、ときには引く(賢明な判断をする)ことも大事、といった意味があります。, 17、”The early bird catches the worm.” 早起きは三文の得, 18、”Never look a gift horse in the mouth.”  貰うものは夏でも小袖, 直訳すると、「贈られた馬の口の中をのぞくな」となり、もらえるものがあれば、どんなものでももらっておくという意味。, 19、”You can’t make an omelet without breaking a few eggs.” 犠牲なくして得るものはない, 20、”God helps those who help themselves.”  天は自ら助くるものを 助く, 21、”You can’t always get what you want.”  いつも望みどおりにはいくわけじゃない。, 22、”Cleanliness is next to godliness.” 清潔は敬神に次ぐ美徳。, 見つめる鍋は煮え立たない、の意味です。そのことばかり考えて待っていてもなかなか時間が経たない、焦りは禁物だといった教訓です。, 24、”Beggars can’t be choosers.” 乞食は選り好みできない。, 25、”Actions speak louder than words.”   行動は言葉よりも雄弁。, 26、 ”If it ain’t broke, don’t fix it.” 触らぬ神にたたりなし。, 直訳では「壊れていないものを直すな」といった意味になります。ain’tはこの場合、「is not」の省略系になります。, 27、”Practice makes perfect.”  練習が完全をもたらす。, 28、”Too many cooks spoil the broth.”  船頭多くして船山に登る。, 直訳では「料理人が多すぎるとスープの味がだめになる」という意味で、意見を言う人が多いと上手くいかない、ボスは二人いらないといった戒めです。, 29、”Easy come, easy go.” 簡単に手に入るものは簡単に失う。, 30、”Don’t bite the hand that feeds you.” 恩を仇で返すな, 31、”All good things must come to an end.” どんないいことにも必ず終わりが来る。, 32、”If you can’t beat ‘em, join ‘em.”   長いものには巻かれろ。, 正しくは「If you can’t beat them , join them」と書きます。意味は、「打ち負かすことができなければそれらに従え」。 「’em」は「them それら」を省略した形です。, 33、”One man’s trash is another man’s treasure.” 捨てる神あれば拾う神あり, 34、”There’s no time like the present.” 今に勝るときはない。, 直訳では「現在が一番だ」となります。「今しかない」、「今がチャンス」といった意味で使われることも。, 35、”Beauty is in the eye of the beholder.” 美は見る人の目の中にある, 36、”Necessity is the mother of invention.”  必要は発明の母。, 37、”A penny saved is a penny earned.”  塵も積もれば山となる。, 38、”Familiarity breeds contempt.” 親しさは軽蔑を生む。, 39、”You can’t judge a book by its cover.” 外見だけでは中身を判断できない。, 40、”Good things come to those who wait.”  残り物には福がある。, 直訳では「待っている人にはいいことが起こる」となり、辛抱していればやがていいことが起こるといったことわざです。, 41、”Don’t put all your eggs in one basket.” 、一つのことにすべてを賭けるな。, 直訳では「全部の卵を一つの篭に入れるな。」となり、一つのことに全リスクを冒すなといった教訓です。, 42、 ”Two heads are better than one.”  3人寄れば文殊の知恵, 43、The grass is always greener on the other side of the hill.”  隣の芝は青い。, 44、”Do unto others as you would have them do unto you.” 己の欲する所を人に施せ, 「unto」は「~のほうに」、「~に」といった意味があり、この場合は「for ~のために」と置き換えると分かりやすいです。, 45、”A chain is only as strong as its weakest link.” 鎖全体の強さは、その中の最も弱い環によって決まる。, 一番弱い部分が切れれば、鎖は切れてしまい、機能を失うことから、全体を支えるのは個々の部分である、という意味です。, 46、”Honesty is the best policy.” 正直は最良の方策, 47、”Absence makes the heart grow fonder.” 遠ざかるほど思いが募る。, 直訳では「不在がハートを愛情深くさせる」という意味です。「スヌーピー」でも使われたことわざです。, 48、”You can lead a horse to water, but you can’t make him drink.”  指導はできても無理強いはできない。, 直訳では「馬を水場まで連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」という意味です。, 49、”Don’t count your chickens before they hatch.” 捕らぬ狸の皮算用, 50、”If you want something done right, you have to do it yourself.” ちゃんとやりたければ自分でやれ。.