中国前漢時代の討論会(塩鉄会議)の記録を、政治家・学者の桓寛が60篇にまとめた書物『塩鉄論・詔聖』より。「死して再びは生きずとなれば、窮鼠も狸(野猫)を噛む(死に物狂いになった鼠は猫を噛むこともある)」という記述から。, 【故事】 「後漢書(ごかんじょ)」朱浮(しゅふ)昔、遼東に住む男の家に、頭の毛が白い豚の子が生まれた。これは珍しいからと王に献上しようと思い、河東まで行ったところで豚の群れを見たら、そこの豚はみんな頭の毛が白かった。そこで男は恥ずかしくなって、こそこそ引き返してきたという故事に基づいている。, 良い薬は、苦くて飲みにくい。人の忠言は聞きずらいものだが、ためになる。という事のたとえ。, 【故事】 項羽的部隊在垓下修築營壘,但兵少糧盡,漢軍及諸侯兵已將他一層又一層團團圍住。深夜,從四面隱隱傳來楚地的歌聲,歌聲是由漢營裡傳出來的。項羽大為吃驚,說:“難道劉邦已經打下西楚了嗎?怎麼漢營裡有這麼多楚人呢?”項羽一陣愁緒上來,就在帳中飲酒。當時,跟在項羽身邊的有一直受寵的虞姬;有隨著項王衝鋒陷陣的駿馬–騅。, 項羽不禁慷慨悲歌,自己作詩吟唱道:“力拔山兮氣蓋世,時不利兮騅不逝。騅不逝兮可奈何,虞兮虞兮奈若何?(力量能拔山啊,英雄氣概舉世無雙,時運不濟呀騅馬不再往前闖!騅馬不往前闖啊可怎麼辦,虞姬呀虞姬,怎麼安排你呀才妥善?)項王吟唱了幾遍,美人虞姬在一旁應和。項羽的眼淚一道道流下來,左右侍者也都跟著傷心落淚,沒有一個人能抬起頭來看他。, 唱罷,項羽騎上烏騅馬,部下八百多騎士緊跟其後,趁夜突破重圍,向南衝出,飛馳而逃。天快亮的時候,漢軍才發覺,命令騎將灌嬰帶領五千騎兵去追趕。項王渡過淮河,部下壯士能跟上的只剩下一百多人了。項羽到達陰陵,迷了路,去向一個農夫問路,農夫騙他說:“向左邊走。”項羽帶人向左,陷進了大沼澤地中。漢兵因此而追上了他們。, 項羽又帶著騎兵向東,到達東城,這時緊跟其左右的只有二十八人。而追趕上來的漢軍騎兵有幾千人。項羽自知難以逃脫,對他的騎兵說:“我帶兵起義至今已八年,親自打了七十多仗,從來沒有失敗過,因而能夠稱霸,據有天下。可是如今終於被困在這裡,這是上天要滅亡我,決不是作戰的過錯。”於是他把騎兵分成四路,面朝四個方向。漢軍已把他們包圍了好幾層。, 項王對騎兵們說:“我來給你們拿下一員漢將!”命令四面騎士驅馬飛奔而下,約定衝到山的東邊,分作三處集合。於是項羽高聲呼喊著衝了下去,漢軍像草木隨風倒伏一樣潰敗了,項羽殺掉了一名漢將。項王與他的騎兵在三處會合了。漢軍不知項王的去向,就把部隊分為三路,再次包圍上來。項王驅馬衝了上去,又斬了一名漢軍都尉,殺死有百八十人,聚攏騎兵,僅僅損失了兩個人。項王問騎兵們道:“怎麼樣?”騎兵們都敬服的說:“大王說的一點都不錯。”, 項羽殺出漢兵的包圍,往南跑去,到了烏江,項羽想要渡過烏江。烏江亭長正停船靠岸等在那裡,對項王說:“江東雖小,但土地縱橫各有一千里,民眾有幾十萬,也足夠稱王啦。希望大王快快渡江。現在只有我這兒有船,漢軍到了,就沒法渡過去了。”項王笑了笑說:“上天要滅亡我,我還渡烏江幹什麼!再說我和江東子弟八千人渡江西征,如今無一人生還,縱使江東父老兄弟伶愛我讓我做王,我又有何臉面去見他們?縱使他們不說什麼,我項籍難道心中無愧嗎?”於是項羽將他心愛的烏騅馬送給了亭長。, 項羽與漢軍繼續鏖戰,身上負傷多處。項王回頭看見漢軍騎司馬呂馬童,說:“你不是我的老相識嗎?”馬童這時才跟項王打了個照面,於是告訴王翳說:“這就是項王。”項羽說:“我聽說漢王用千斤黃金,封邑萬戶懸賞征我的頭顱,我就把這份好處送給你吧!”說完,自刎而死。, (出《史記﹒項羽本紀》)【正見網】(http://www.dajiyuan.com), 四十五歲時蘇東坡在監獄被關了一百天,幸好皇帝特赦才被放出。後來他在一片雜記中說:“我從小就不喜歡殺生,可是也沒有完全斷絕過。近年來開始不殺豬羊了,可是生性喜歡吃蟹蛤,免不了有時要殺。, 子貢是孔子的弟子,知道維護老師的尊嚴。趙簡子問子貢:“孔子的為人怎樣?”子貢說:“讓人認識不了。”簡子不高興了,說:“你跟隨孔子學習了幾十年,學成了才離開他。現在我問你,你卻說認識不了,為什麼?”子貢說:“如果讓一個非常渴的人到江海裡去喝水,他也只能喝下他能喝的,孔子就像江海一樣,讓我如何能認識他呢?”, 有一次魏文侯出遊,見路上一個人反穿著一件皮裘(古人穿皮裘以毛朝外為正),背著柴行走。文侯問他:“你為什麼要反穿著皮裘背柴呢?”那人說:“因為我太愛惜皮裘上的毛了,怕它被磨掉了。”文侯說:“你難道不知道皮裘的裡子要是被磨壞了,皮裘上的毛就會失去依托了嗎?”, 為了能畫好竹子,他在自家房前屋後種了各種各樣的竹子,經常觀察這些竹子,每當有新的感受就回到書房,鋪紙研墨,把心中的印象畫下來。目積月累,不同季節、不同天氣、不同時辰的竹子都了然於心中,只要凝神提筆,栩栩如生的竹子便立刻浮現在眼前。, “涸轍之鮒”比喻處於困境、急待援助的人或物。這個故事實際也告訴我們,當有人求助時,要誠心誠意盡自己的所能去為他解決困難,決不能“因善小而不為”,只是許下空頭支票。有時是人命關天的事,錯過時機,懊悔終生。, 1950年在中國派出志願軍參加韓戰之時,周恩來聲明說,對“美帝國主義”侵略朝鮮“不能置之不理”。這是中共第一次在外交聲明中把一個富有中國特色的四字成語嵌入雙重否定的語法結構中。乍聽起來,並無出奇之處。但隨之而來的是黃繼光身帶七個彈孔撲向吐出火舌的敵堡,是張積慧駕機擊落美國王牌飛行員戴維斯,是豫劇演員常香玉帶頭捐獻“香玉號”戰斗機,是毛澤東兒子毛岸英墓碑在朝鮮國土上建起,是魏巍寫《誰是最可愛的人》,是巴金寫《我們會見了彭德懷司令員》,是老舍寫《無名高地有了名》……“置之不理”四個字呀,把當時每個中國人的喜怒哀樂之情折騰了個底儿朝天!, 中國國家郵政局以“成語典故”為題,發行一套包括“鷸蚌相爭” 、“邯鄲學步”、“葉公好龍”、“濫竽充數”的郵票。在現時江澤民和胡錦濤關係備受關注的時候,這套郵票難免引發外間相當大的想像空間。, 《爾雅》第五篇中這樣解釋路:“一達謂之道路,二達謂之歧旁,三達謂之劇旁,四達謂之衢,五達謂之康,六達謂之莊,七達謂之劇驂,八達謂之崇期,九達謂之逵。”後人便把寬闊平坦、四通八達的大路稱作“康莊大道”。比喻美好的前途。, 世界上的事物是為生命而存在的,生命不是為這些事物存在的。如果音樂聽得能忘了自我,不要再聽。美色看得能忘了自我,不要再看。美食吃得能忘了自我,不要再吃。聖人對於聲色滋味,只求維持生命,多了就捨棄,這是真正的保有自己的生命。這樣的人,眼明、耳聰、口敏,不為外物所動。, 我們使用cookies來了解您如何使用我們的網站並改善您的用户體驗。這包括個性化的內容和廣告。若您繼續使用我們的網站,即表示您同意我們使用cookies,以及我们更新的隐私政策(Privace Policy)和使用條款。. アメリカ大陸の発見はだれでもできることだと批判する人々に対して、コロンブスは卵を立てることを試みさせ、だれにもできないのを見て、卵の尻をつぶして立ててみせたという逸話から。, 人生では何が幸せになるか、何が不幸せになるかわからない、人生の幸不幸は予測できないものだというたとえ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。, 【故事】 黄河の上流に龍門があり、ここをのぼることができた鯉は龍なることができたという伝説がある。漢の国の李膺(りよう)はりっぱな役人で、彼の目にかなった者は立身出世(りっしんしゅっせ)を約束されたようなものだから、たとえの鯉が龍門をのぼったのと同じようなものだということから、この語ができた。, 【故事】 「三国志」より。蜀の劉備が、諸葛孔明と自分との関係について「自分に孔明が必要なのは、魚にとって水が必要なのと同じだ」と、腹心の部下である関羽と張飛に語ったという故事による。, 【故事】 (世界中が敵対している) など, 彼の傲慢(ごうまん)な態度は周囲の人間から反感を買い、味方がいなくなってしまった。まさに, 親からも、教授からも、友人からも「将来はどうするのだ」と詰め寄られ、私は今、まさに四面楚歌の状態だ。. 知りたい故事成語をえらんで、クリックしましょう。 【あ行へ】 【か行へ】 【さ行へ】 【た行へ】 【な行へ】 【は行へ】 【ま行へ】 【や行へ】 【ら行へ】 【わ行へ】 中国前漢時代に歴史家・司馬遷によって編纂された中国の歴史書『史記』より。「春秋時代、趙の将軍・廉頗は、功績により自分より上位になった名臣・藺相如を恨んだ。しかし相如は二人が争いにより共倒れになることを懸念し、国のために争いを避けるつもりでいることを聞いた廉頗は、自分の考えを恥じ、深く反省した。そして廉頗は相如へ謝罪をし、二人は互いのために頸を刎ねられても悔いはないとする誓いを結んだ。」という記述から。, 【故事】 成語故事 四面楚歌. 中国の儒学者・孟子の逸話・問答を集めた書『孟子』の『梁恵王・上』より。「土地僻き秦楚を朝せしめ、中国に莅んで四夷を撫せんと欲するなり。若き為す所を以て若き欲することろを求むるは、猶お木に縁りて魚を求むるがごときなり」 から。武力で天下統一を企んだ斉の宣王に、武力のみで天下を取るのは不可能であり、ずは仁政によりて民の生活を安んずることが肝要であるということ、まるで木に登って魚を捕らえようとしていること、と指摘した言葉から。, 心配しなくてもよいことを、むやみに心配すること。取り越し苦労。「憂」は心配する意味。, 【故事】 「荘子」徳充符より。「明鏡(めいきょう)」とはくもりのない鏡のこと。「止水(しすい)」とは波の立たない静かな水面のこと。どちらも、ありのままに姿や形を写し出すことができたことから、この語ができた。, 子どもは周りの影響を受けやすいので、子どもの教育には環境を整えることが大事であるということ。, 【故事】 中国の戦国時代に張儀が、魏王に秦と連合することを説いた話から。「高枕」ともいう。, 【故事】 唐(とう)の国の詩人賈島(かとう)は、自分の作品中の語句の「僧は推す(おす)月下の門」の一句を「僧は敲く(たたく)月下の門」にするべきか迷っていた。ロバに乗って考えにふけっていた賈島(かとう)は、有名な詩人の韓愈(かんゆ)の行列につっこんでしまった。韓愈(かんゆ)は、その非礼(ひれい)を怒るどころか、「敲く(たたく)」の方がよいと教えてくれたことから。, ①著作で、誤りが多く、いい加減なこと。 史記に由来する言葉。江西のひとびとが、秦に対して反乱を起こした時に、殷通(いんとう)という長官が項羽に対して、「先んずれば即(すなわ)ち、人を制し、後(おく)るれば、則(すなわち)人の制するところとなる。」と、言ったことが由来。人よりも先に行動を起こすことで、人の先頭に立ち指示を出すことができるが、人の後から行動を起こしてしまえば、人に指示をされて支配されてしまう。という言葉からできた故事成語。, 【故事】 「列女伝」鄒孟軻母より。孟子の母親は、孟子への悪い影響を避けるため墓地の近くから市場の近くに引っ越し、さらに学校に近くに引っ越した。その結果、孟子は勉学に励み偉大な儒者になったという故事から。, 苦労して一度はよくなったものが、またもとの好ましくない状態に戻ること。せっかくの苦労や努力が無駄になること。, 【故事】 【故事成語(こじせいご)】 四面楚歌 【読み方】 しめんそか 【意 味】 自分の周囲がみな敵であること 【由 来】 秦(しん)の国をほろぼした楚(そ)の国の項羽(こうう)が宿敵(しゅく てき)の漢(かん)の国の劉邦(りゅうほう)の軍に敗れて、包囲されて 周りを敵に囲まれてしまって味方がおらず、孤立してしまっている状態のことを言います。敵という事ではないですが、自分の考えに「反対する人」しか自分の周りにいない状態でもこの言葉が使われることがあるようです。 まわりを見ても敵しかいない状態で味方もなく独りぼっち、です。非常に気の毒な状態ですよね。 「豊臣秀吉」と「明智光秀」が争ったとき、「筒井順慶」が京都と大阪の境にある「洞が峠」で陣を張り、どちらか戦況が有利な方に味方しようとしたという故事から出た言葉。, 【故事】 「史記」項羽本紀より。「項王の軍、垓下に壁す、兵少く食尽きぬ、漢の軍および諸侯の兵、之を囲むこと数重、夜、漢の軍四面皆楚歌するを聞きて、項王乃ち大いに驚いて曰く、漢皆己に楚を得たるか、是何ぞ楚人の多きやと。」楚の項羽が垓下に囲まれた時、夜更けて東西南北四面の漢軍の中から楚国の歌が聞こえ、楚の民が全て漢に降伏したのかと驚いたという故事から。, 【故事】 元々は中国の故事であり、『史記』という書物に記されている。中国の春秋時代後期に越の王として天下を取り、後に春秋五覇の一人として名が挙がった勾践(こうせん)が天下を取る以前の話が元になっている。呉の王・夫差(ふさ)と会稽山という中国の紹興市南部にある山で戦うも敗れ、夫差から様々な屈辱を与えられる。その時の苦しくも悔しい想いを“会稽に恥”と勾践が表現したことから転じてきている。, 学問を修めるためには、一つ一つの基礎を積み重ねて学んでこそ初めて習得するものであり、裏技は存在しないという意味。, 【故事】 「月下」は、党の韋固が月明かりの下であった老人の予言通りの女性と結ばれた故事。「氷人」は、東晋の令孤策が氷の下の人と話した夢を「結婚の仲立ちをする前触れだ」と占われ、その通りになった故事から。「月下老人」と「氷人」の二つの故事を踏まえた合成語。, 【故事】 中国の故事で、詩人である杜黙(ともく)の詩が定型詩の格式にほとんど合わなかったことから。, 【故事】 「学問に近道なし」には数多くの説がある。最も有力的な説は2つあり、1つ目は「幾何学の父」と称された古代ギリシャの数学及び天文学者のユーグリット(希:エウクレイデス)説である。ユーグリットはエジプトの王・プレイマイオス1世(英:トレミー)に幾何学を教えていたところ、王が「もっと簡単で楽に学べる方法はないのか?」と彼に尋ねたら、「幾何学に王道なし」と言ったという説。2つ目は、数学史上初の円錐曲線を作図したとして有名な古代ギリシャの数学者メナイクモスが、弟子であるマケドニアの王・アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)に「もっと簡単に幾何学を学べる方法はないのか?」と尋ねられた問いに対し「幾何学に王道なし」と言ったという説である。, 【故事】 晋(しん)の時代のこと。武陵(ぶりょう)のある漁師が川をさかのぼっていくと、桃の花の咲く林に出た。さらにさかのぼると、思いがけない別天地にたどり着いた。そこには、戦争もなく、幸福にくらせる生活があった。後日、もう一度、漁師はそこに行こうとしたが、とうとう見つからなかったという。このことから、この語ができた。(桃花源記), 【故事】 出典は「韓詩外伝(かんしがいでん)」です。斉(せい)の荘公(そうこう)が狩りに行ったときにカマカリが前足を振り上げ車の輪を打とうとしたので「これは何の虫だ」と問うと、「カマキリという虫で、進むことしか知らず、退くことを知りません。自分の力量をかえりみず相手に立ち向かっていきます」と答えたことから。, 怒ったために頭髪が逆立って、かぶった冠を突き上げるという意味で、尋常ではない、すさまじい怒りの形相のこと。, 【故事】 楚の人が、鄭の霊公にすっぽんを献上しました。公子(貴族の子)である子公と子家が、ちょうどそのとき霊公の屋敷を訪れようとしていました。その時子公の人差し指がぴくりと動いたので、子公は子家にそれを示してこう言いました。「私の人差し指がこうなる時は必ず珍味にありつけるんだ」。二人が霊公の屋敷に入ると料理人がちょうどすっぽんをさばいているところでした。, 【故事】 Copyright ©  茶山(さやま)の関心事セット All rights reserved. 漢(かん)の国の王の劉邦(りゅうほう)と天下を争った楚(そ)の国の王の項羽(こうう)は、会見の時に項羽(こうう)の軍師の范増(はんぞう)の指示に従って、剣の舞(けんのまい)にかこつけて劉邦(りゅうほう)を殺そうとした。それを知った劉邦(りゅうほう)の家臣の樊かい(はんかい)が髪をさか立てて、怒りの顔つきで目をらんらんとかがやかせ、項羽をにらみつけていたので、劉邦は殺されずに助かったということから、この語ができた。, 【故事】
 中国の「漢書(かんじょ)趙充国伝(ちょうじゅうこくでん)」にある言葉が由来。「百聞は一見に如かず。兵はるかに度(はか)り難し。臣願わくは馳せて金城(きんじょう)に至り、図して方略をたてまつらん。」戦のことは遠く離れたところにいたのではわかりません。私が金城に駆け付けて状況を探り、図に書いて作戦計画を奏上いたしましょう。とあることに基づく。, 時勢や情勢に合わせた対処の方法のこと。もとは軍を指揮するときの四つの心構えのこと。風のように速く行動して、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛かり、山のように動かずに構えるという意味。孫子の中の句を略した言葉で、武田信玄が旗印に使ったといわれている。, 【故事】