@‚ä‚Á‚­‚è‚ÆŒŽX‚̊炪‹ß•t‚¢‚Ä‚«‚āA•äŽq‚Í‚»‚Á‚Æ–Ú‚ð•Â‚¶‚½B ‚Ql‚ÌŒÀ‚è‚È‚¢‰i‰“‚̈¤‚̂悤‚ɁEEEB. @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@08.03.31. @•äŽq‚Ì“š‚¦‚ð‘Ò‚½‚¸‚ɍĂѐO‚ðÇ‚®B 今、月森一家の戦いの火ぶたが 切って落とされようとしていた 月森一家の愛娘 ある穏やかな晴れの日 香穂子は美沙に呼ばれ、母屋へと赴いていた 「・・・こんにちは、お義母さん。お邪魔します」 「いらっしゃい、香穂子さん」 穏やかな微笑みを浮かべ香穂子を迎え入れると 美沙は、早速� 月別アーカイブ. ‚é‚©‚çcB ‚¸‚Á‚ƁA‚±‚̂܂܁A‚«‚Ý‚¾‚¯‚ðcB v 最新のコメント. リンク. 最新の記事. 香穂子と月森は、いつものように昼食を2人で摂るために音楽科の屋上に上がってきていた。 いつもとまったく変わらず美味しそうにお弁当をぱくつく香穂子の横で、どうも食の進まない月森の様子を見て、さっさと食べてしまった香穂子が訊いた。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@09.02.19. カテゴリー一覧. @‘½–Z‚ð‹É‚ß‚é’†‚Ì‚³‚³‚â‚©‚Ȋ¢‚ЂƂƂ«‚ðA‚Ql‚Í–ù‚µ‚ށB @•ø‚«’÷‚ß‚é˜r‚ðŠÉ‚߂āAŒŽX‚͍•äŽq‚Ì‚ ‚²‚ðãŒü‚¯‚éB uc‚ñcB v u‚¦H v @‚³‚Á‚«‚æ‚è‚àX‚É–j‚ðõ‚ß‚½•äŽq‚ªA’p‚¸‚©‚µ‚°‚É‚¤‚‚ނ¢‚½B 月森は答えることなく、自宅へと踵を返した。 「月森さーん?」 コートのポケットからスマホを取り出すと、香穂子の番号をタップした。 数秒がとても長く感じる。 『蓮? どうしたの?』 「香穂子、これからタクシーで迎えに行く。俺が電話するまで自宅で待機していてくれ」 月森は、香穂子が母に気を遣っているのではないかと思っていたようだが、香穂子にしてみたらむしろ恐縮しきりといったところだった。 「おばさまが大切なドレスを貸してくださるなんて、本当に私、嬉しいんだから。 だって、コンサートとかに使うようなドレスじゃないんだよ。 一生に一 @”÷‚©‚ə‚½•äŽq‚̐º‚́A•ÔŽ–‚¾‚Á‚½‚Ì‚©B 月森と香穂子の日常 「金色のコルダ」月森蓮×日野香穂子の二次創作を展開しています。(リンクは一切禁止です)長年活動しているのでオリジナル色が大変強いのでその点はご注意下さい! メニュー. ‚­‚ÆŒ’‚â‚©‚É‚Í‚®‚­‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚éB @‚»‚ê‚Å‚à”÷‚©‚Éèõ‚­‚Ì‚ðŒŽX‚ÍŒ©“¦‚³‚È‚¢B @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@—¹ 香穂子×金澤。雑用を押し付けられた香穂子。 『Like a wing』(2008/03/10) 香穂子×土浦。ある日の放課後、教室に来た土浦。 『I wish…』(2008/02/29) 香穂子×柚木。約束の時間に遅れた柚木。 『君を待つ時間』(2008/02/10) 香穂子×月森。彼女を迎えに行ったある朝。 ‚®‚É‚È‚ñ‚ÄŒ¾‚í‚È‚¢‚ªcB v @’‡’¼‚è‚̃LƒX‚́AŠÃ‚­—D‚µ‚­A‚»‚µ‚ďî”M“I‚¾‚Á‚½B uccc‚«‚Ý‚Ì”§‚ɐG‚ê‚é‚Ì‚ð‰‚ß‚Ä‹–‚³‚ê‚é’j‚ª‰´‚Å‚ ‚肽‚¢‚ƁAc‚»‚¤Šè‚Á‚āA‚¢‚¢‚¾‚낤‚©H v 香穂子の言葉に月森は顔を真っ赤にしながら思わずつぶやくと 体を伸ばすようにして香穂子の体をそっと抱きしめ 柔らかな唇にそっと重ねていった。 お風呂から上がると2人パジャマに着替える。 香穂子が妊娠してからは毎日一緒に入るようになったのだ。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@—¹