先月ブラウザ上で利用できる無料の楽譜制作ツール、Flatが国内でリリースされました。これはヨーロッパで数年前からあったサービスを日本語化してスタートしたというもの。FinaleやSibelius、Doricoほどの機能は有しないものの、楽譜作成に関する一通りの機能を装備し、オーケストラ用の譜面作成からバンドスコア、ピアノ譜やTAB譜を活用したギター譜面などのパート譜の作成……と、さまざまなシーンで活用できます。, 基本的にはブラウザ上で動作させるツールですが、ブラウザ上で再生して、音を鳴らして確認するといったことも可能。Music XMLのインポート・エクスポートにも対応しているので、既存の楽譜作成ソフトとデータのやりとりもできるようになっています。またクラウド上のサービスだけに、作成した譜面をバンドメンバーだけで共有することができたり、多くの人たちに向けて広く公開するといったこともできるなど、既存の楽譜作成ソフトとは異なる良さも持っているのです。実際Flatでどんなことができるのか簡単に紹介してみましょう。, Flatの最大の特徴は、ブラウザプラグインやソフトウェアをインストールする必要がなく、インターネットに接続されたPCのみで使えるという点。もちろん動作させるためには、ChromeやFirefox、Safariなどのウェブブラウザは必要ですが、基本的には普段使っているもので使用できます。また、PCだけでなくスマホでもFlatは使用することができ、iOSの場合は専用アプリも用意されています(Androidの場合はブラウザで利用)。楽譜を編集する際はオフラインで作業もできますが、同期させるときにはインターネットの接続が必須になります。, では、実際に使っていきましょう。このFlatを使うためには、まずFlatサイトへアクセスし、ユーザー登録が必要となります。メールアドレスを使って登録するかGoogleまたはFacebookと関連づけて登録することも可能になっています。, ユーザー登録が完了し、ログインすると、「新規プライベート・スコア」と書かれた画面が表示されるので、タイトルを入力して、「続ける」をクリックします。, 次に、「楽器を追加、またはテンプレートを選択しましょう」と出てきます。ここでは、どの楽器用の譜面を作っていくかを選択できるようになっており、系統ごとにさまざまな楽器が用意されています。初めてFlatを使うときには、使い方の説明も出てくるので、まずはこれを見るとわかりやすそうですね。, チュートリアルも充実しているので、これを見つつ操作していけば初心者でも使い方がわかるはず, 楽器は後から、追加や削除することも可能になっているので、まずはテンプレートを選ぶ形で進めていきます。「楽器を追加、またはテンプレートを選択しましょう」と書かれた中の「テンプレート」という文字をクリックしてみてください。, という6つの項目があり、クリックすると、さらに下層に細かい詳細が表示されるので、それらをクリックすることにより、多数の楽器を一度に追加することができます。たとえばPop/Rockの中にはRock GroupとR&B Bandという2つのテンプレートが用意されており、Rock Groupを選ぶとリードボーカル、バックボーカル、リードギター、リズムギター、ベース、ドラムという編成になっています。また、この際、ギターやベースなどタブ譜が利用できる楽器を選択すると、右下に「タブ譜を使用」という項目が表示されるので、必要に応じてオン/オフを切り替えることも可能です。, これで、「作成する」をクリックすると譜面を制作するページに移動し、6編成でのスコアを編集することができます。もちろん前述の通り楽器を追加することや、削除することもできるので、あとでキーボードを追加する……といったこともできますよ。, テンプレートを選ぶと標準状態でのスコアが構成され、パートの名称も英語で表示されます。パート名をクリックすると楽器設定の画面が現れ、名称の変更はもちろんのこと、楽器の追加や削除、また順番の入れ替えなども自由にできるようになっています。, テンプレートでの準備ができたら、ここからは入力です。譜表の設定、調号の設定やテンポの設定など基本的な設定を行った上で、音符を使ってマウスで入力していくわけです。, この際、フルスコアのまま全体を見ながら入力していくこともできますが、1パートずつ入力していくのであれば、そのパートだけの表示のほうが見やすいので、パート譜表示にした上で入力していくこともできます。 しばらく動画を見たりiTunesで音楽を聴いたりと便利に使っていたのですが、サポートが終了してしまった事で使い勝手が悪くなり(新しいアプリがほとんどダウンロード出来ません)、しばらく積極的にiPadを使うことがなくなっていました。, しかし、また便利にiPad生活がしたいなぁ、と思った私は今年3月末、奮発してiPad Air(2019)を購入しました( ´ ▽ ` ), 購入の決め手になったのが「Cubasis 2」というDTMアプリと、タイトルにある「Notion for iPad」という楽譜作成アプリの存在です!, 強弱記号やアーティキュレーション(スラーやスタッカートなど)の位置が適切でキレイです!, 今まで楽譜作成にはPCソフトの「Finare Allegro 2007」を使っていた(だいぶ古いですね)のですが、強弱記号やアーティキュレーションがちょっと微妙な位置についてしまって直す手間があったのですが、Notionは最初に入力した位置で満足です( ´ ▽ ` ), Notionでもスラーは細かくカーブの深さや位置の調整が出来ます!強弱記号も位置の調整が出来ます。, 音符の入力は、MIDIファイルを読み込む方法と直接入力する方法があります。私は一個一個入力するの面倒だしどうせすべての曲でMIDIデータを作っているのでMIDI読み込みをしています。, 直にタップする場合は楽譜を拡大して手でタップするのも良いのですが(かなり大きく拡大出来ます↓)、, Apple Pencilがあるとそんなに大きくしなくても狙った所を操作しやすくて大変便利です!, 後は有料で手書きで入力する機能もあるようですね。こちらは使っていないのでよくわかりません。, 強弱やアーティキュレーションも、黒いウィンドウにある入力したい記号をタップしてから対象の音符をタップすると付けられます。複数の音符にいっぺんに付けたい場合は範囲選択機能もあります!, 移調譜/実音譜の切り替えも簡単で、設定ボタンを押して出てくる「移調譜」の項目のチェックを付けたり外したりするだけです。私はクラリネットをやってたくせに移調譜が苦手(笑)なので、とても助かる機能です。, Notion for iPadの魅力、伝わったでしょうか(*゚▽゚*)?一個一個地道に入力するのはPCソフトと変わりませんので、「PCの方が楽だ!」という方もたくさんいらっしゃるかと思います。, ですが、画面に直接タッチする直感的な操作と、iPadなので場所を選ばず作業が出来る、という所が私はとても気に入っています(^_^), (2020.8.19追記)当記事が1万viewを超えました。ありがとうございます!せっかく多くの方にご覧頂いているので色々と宣伝させて頂きます(*^_^*), ♪Twitterやってます。お気軽にフォローミー!Notionについてのご質問も大歓迎です⇒めぞんぬし, ♪BOOTH、iTunes Store、Spotify他でミニアルバム『Collection 25  20夏「Rich Beginner」』のダウンロード販売・配信をしております!ストアによって販売価格が違うのでご注意下さい。, 透明廻廊メゾンのメンバー募集とメンバー決定後の交通費・スタジオ代をnoteからも捻出出来ると嬉しいな、と考えています。応援よろしくお願いいたします(^_^), 個人音楽レーベル「透明廻廊メゾン」で作詞作曲してます。 英語教員をしながら大阪芸術大学の通信課程にて音楽の教員免許状も取得。 譜面作成ソフトfinaleに、印刷された紙の楽譜を取り込みたいと考えて. FinaleもSibeliusも音にこだわっているので音源は良いです。 ですが、その音源がムチャクチャ重いです。 その仕事の中で採譜のお仕事をもらうことになったのですが先方の都合で「MuseScore」というソフトでファイルを提出することになりました。, Finale以前は別の安価なソフト使ってたんですけど痒いところに手が届かなかったんですよね。, 今回、採譜の仕事を通してMuseScoreを使うことになったのですが、「アレ、Finale買わなくて良かったじゃん」と思うくらいにクオリティが高い。, 大手楽譜作成ソフトの2大巨頭であるFinaleもSibeliusも5万円ほどします。, っていうかただ譜面を書くだけならプレイバックの音をそんなに真剣に聴くこともないしなぁ。, Finaleでピアノ譜を書いてMIDIの出力をすると右手と左手が1トラックで出力されるんですよ。, 2トラックに出力するためには右手の楽譜と左手の楽譜を分けて書く必要があったりするので譜面もMIDIも両方作らなくてはいけない時は手間が増えます。, MuseScoreにおいてはピアノ譜書いてMIDI出力すると右手と左手のトラックが別れて出来上がるので個人的には重要なポイントです。, もう慣れてしまったから今はFinaleの方が早く作業できるけどこれからMuseScoreに慣れたおそらくこっちの方は作業スピードは断然早くなりそうです。, ここばっかしはやはり商用の楽譜にも使われるFinaleとSibeliusには負けます。, ずっとFinaleを使っていたのでこういう機会がなければ新しいソフトを試すことはなく新しい出会いもないと思うと新しいことをしていくのは新鮮で良いですね!, 正直いうとFinale買う前にこの存在知ってたらFinaleは買ってなかったな・・・, でも、FinaleはFinaleで楽譜の綺麗さやカバー範囲は抜群なのでうまく棲み分けして使っていきたいですね!, Mastering MuseScore: Make beautiful sheet music with MuseScore 2 (English Edition), 早稲田大学卒業後音楽専門学校メーザーハウスにて2年間ギターを学んだ後に通信制大学にて英語の教員免許状を取得。