「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」 生き延びることを第一にしていた祖父は、なぜ零戦に乗り命を落としたのか。 あの戦争から60年、夏。 健太郎は戦死した祖父の生涯を調べていた。 宮部久蔵は敏腕パイロット。天才だが臆病者。「命を惜しむ臆病者」と後ろ指をさされながらも、戦場から生きて帰ることに全力を尽くした。「生きて必ず帰る」という言葉を信じて妻は健気に待ち続けた。 物語は、彼のおかげ … このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する, 5 2019-03-21, このレビューは参考になりましたか? document.write("\"参考になった\"");  宮部は空母特攻を失敗したが、その勇敢さから、米軍に手あつく葬られた。, 第一章「亡霊」にこんな文章があります。 document.write("\"参考になった\""); 不適切なレビューを報告する. 2019-09-16, 1人が参考になったと回答 不適切なレビューを報告する, 5 不適切なレビューを報告する, 5 2019-05-27, このレビューは参考になりましたか? 2013-01-05, 19人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する, 5 不適切なレビューを報告する, 5  スナイパーに暗殺されかけた大統領が、「あんなに遠くから、よく狙ってきたな」と感心するでしょうか。 「永遠の0」に首をかしげる人いませんか? 「永遠の0」は、ネットの感想を見ても絶賛があまりにも多くて、批判的な意見を書くと袋叩きに遭うような感じさえしますが、私は、この小説、「まがい物」だと思い、読み終えた直後、book offに売りました。 2013-04-13, 42人が参考になったと回答 不適切なレビューを報告する, 5 document.write("\"参考になった\""); © 2020 ぶっくらぼ All rights reserved. このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する, 1人が参考になったと回答  作戦は半分成功し、半分成功しませんでした。 不適切なレビューを報告する, 5 永遠の0・・・最近小説を読んでなかったけど薦められるがままに思わず読み始めてしまった。, とはいえ殺戮シーンが好きなのではなく、生々しい表現は読んでいて辛くなってしまうが何が好きなのか、熟考してみた。, 何をするにも一生懸命、「えいえいおー!」と叫んでひとつの事に勇往邁進している姿に憧れるのかもしれない。, 孫の健太郎がフリーライターの姉と共に祖父・宮部久蔵の生涯について調べだすところから始まる。, 健太郎が伊藤に問う。「一つだけ聞かせてください…祖父は祖母を愛してると言ってましたか」, 最初に涙が出たポイント。どんなに熱い思いだったんだろうと読み進めるほどに分かってくるけど家に当たり前のように帰れる今の時代。帰る事すらままならず、家族と引き離されていつ帰れるのか分からないなんて…ひたすら戦い続けなければならかった心境は想像を絶する。, 宮部小隊長はにこりともせず言いました。「敵を墜とすより、敵に墜とされない方がずっと大事だ」「それともアメリカ人一人の命と自分の命を交換するか?」「では、何人くらいの敵の命となら、交換してもいい?」, 多くの人が2人が死ぬ方を選択するでしょう。しかし、その2人のうちの1人が「自分」だったら?はたして選べるのでしょうか。, 宮部が奥様と子供の写真を井崎に見せたところ。「辛い、もう辞めよう、そう思った時、これを見るのです。これを見ると、勇気が沸いてきます」, この気持ちとても分かるというとおこがましく聞こえるかもしれないけど、要は「ヴィジュアル化」してるって事。, 例えばこれを好きな車に例えてもいい。それを見ると自分の目標が自然と思い出されて情熱がすぐに出てくる、まさに「やる氣スイッチ」私もご贔屓さんの写真を見てるだけで幸せ。, 宮部は「会う」という信念でいかなる困難も耐えていた。それは尋常な思いではなかったと思う。会わせてあげたかった・・・, 仲間の飛行機が不調になり、自爆しようとしたのを宮部が止めた。だが、飛行機はむなしく海に墜落した。そこで井崎が宮部に抗議した。「小山は鱶に食べられるより敵地に自爆して華々しく死んだ方が、, そして、自分は自爆させて欲しいと言うと宮部は「馬鹿なことを言うな。命は一つしかない」「貴様に家族はいないのか。貴様が死ぬことで悲しむ人間がいないのか。それとも貴様は天涯孤独の身の上か」, 特攻することが良しとされた時代。そんな中で「命を大切にしろ」と言ってくれる上官が一体何人いたんだろう、そんな人がもっと多くいたら神風特攻隊なんていうものは存在しなかったかもしれない。こんな考えは甘いかもしれないが、, 米兵のポケットに上半身裸の白人の女性の写真が入っていた。兵士たちは単純に「いやらしい」とからかい半分だった。しかし写真の裏を見た宮部は, その写真を米兵の胸ポケットにしまいなおした。1人の航空兵がもう一度それを取ろうとしたら宮部は怒鳴り、, そして尚取ろうとする彼を殴った。殴られた男は血相変えて怒鳴った「どういうことだ!」, 宮部は「写真はこの男の奥さんだった。愛する夫へと書かれていたー恋人かもしれないが。, どんな思いで白人の女性は写真を撮ったんだろう。この写真をどんな思いでうけとったんだろう。どれほど無事帰還を祈ったんだろう。そう思うと涙が止まらなかった。, 頭をたたかれながらいじめられたことを聞くと高橋は妹の頭を撫でながら「可哀想になあ、可哀想になあ。, 和子ちゃんは何も悪いことをしていないのになあ」そう言って、高橋は涙をぼろぼろながしているのです。, 高橋の優しさ、これが本当の男氣なんだろうなとつくづく感じた。こんな優しい彼が特攻で一瞬で散って行く…もし、その当時本当に私が存在していたら、, 発狂してしまったかもしれない。私は目の前で死に行く友達の姿をみていられなかったと思うし、また、自分が死ぬということの恐怖にも勝てるか分からない。, この高山の言葉は本当に腹立たしい思いで読んでいた。「洗脳を受けて、一種のヒロイズムさえ感じる」という。恐らく、実際日本にはそういう考えの方がいるだろうけどその時代、上官の検閲があり, 死んだ学生を蔑視して軽視する言葉を吐き続ける中尉の言葉に悔しいと思いながらも皆は反論ができないでいた、その時だった。宮部が「亡くなった伊藤少尉は立派な男でした。, 中尉は宮部を殴りまくった。でも宮部は「伊藤少尉は立派な男でした」と言い放ち伊藤の名誉をわが身を挺して守ってくれた。, こんな人が今の世の中にもっといればな~。こんな上司がいたらどれだけ幸せだろう。宮部のような男がいっぱいいたらいいのに。, 宮部の心は消耗しきっていた。そして今日もまた自分の目の前で6機の中攻が全機墜とされた。俺は何も出来なかった…, 沖縄戦の後半から宮部少尉ははっきりと変わりましたね。無精髭を生やし、目だけが異様にぎらぎら光るようになりました。ーそして笑顔は消えました。, あまりにも多くの仲間が死んで行く姿を見てると自分は必ず生き残ると決めていてもそこは心が持たないだろうな。返って罪悪感や焦燥感やいろんな感情が出てきていたたまれないのではないかと推察する。, そして、どうしてそうなったのか。宮部は生き残ることに必死だった。でも、最期に選んだのは「死」だった。, 私が思ったのは「疲れて心が折れてしまった」のではないかと感じた。毎日毎日仲間が死んで行く、, こんな時代があったのかと、読んで改めて今の時代の豊かさに酔って甘えていた自分に反省した。, 「いい人生だった、ありがとう」と言って家族とたくさんの仲間にお礼が言えるようなそんな人生を歩んでいきたいと思った。, 応援1ポチありがとうございます↓ 皆様のおかげです!  なんらかのトラブルが起きたのでしょうが、結果として作戦は失敗しました。 このレビューは参考になりましたか? !オフ会・イベントにほんブログ村, 【読書感想文】永遠の0※ネタバレ注意 | このブログは古いブログです。新しいブログへ引っ越しました▶︎http://ameblo.jp/o-da-websyukyaku/.  <神風特攻隊の人たちは今で言えば立派なテロリストだって。彼らのしたことはニューヨークの貿易センタービルに突っ込んだ人たちと同じということよ(19頁)>, このセリフは最初のほうにあるのですが、全体としては『永遠の0』では特攻隊の人びとはそのように書かれてはいません。最後まで読むとおわかりになると思います。彼らはテロリストのような考えをちっとも持っていません。, 『永遠の0』の現代日本では誤解されているのです。引用した新聞社の記者の言葉がそのあらわれです。, 私はここを読んで、後世には細かい背景やそのときの気持ち、持っていた責任感のようなものは、残念ながらほとんど伝わらないのだな、と思いました。, 歴史に残るのは、すなわちそこで大切にされるのは「何を考えたか」ではなく「何をしたか」なのだと思いました。, 私たちはふつう、生きている人間に会っているときですら、相手の心や考えを完全に知ることができません。ましてやそれが数十年前の、戦争をしていた時代の人ならなおさらです。, 『永遠の0』では主人公である(と私は思います)パイロット・宮部の視点で物語が語られることはありません。小説は、彼に関わった人たちが語る形式でつくられています。 読んでいない本について堂々と読書感想文を書く方法: 読書感想文の書き方【邪道編】 (ぶっくらぼ)[Kindle版]. document.write("\"参考になった\"");