確定拠出年金というのは、いつから受け取ることが出来るのでしょうか。また、何年間くらい年金が受け取れるのでしょうか。, このあたりの事情は、意外と知らない人が多いかもしれません。有利な貯蓄の仕組みだというところばかり強調されて、受け取りの部分に関しては十分に説明されないことも多いですからね。, 確定拠出年金というと、年金の掛け金に対する優遇の話ばかりが取り上げられる傾向があります。でも、年金では、お金を払うこと以上に、お金を受け取るのが大事な話ですよね。, そもそも、生活資金としてお金を受け取るために毎月掛け金を払うわけですから。また、将来どういう形でもらえるかは、老後の人生設計にかかわる話です。, このページでは、このあたりのところを確認しておきましょう。実は、確定拠出年金の給付は意外と複雑な面があります。, 1つは老後に支払われるお金です。要するに、老後の年金ですね。これを老齢給付金と言います。, 当然ですが、確定拠出年金の加入者は、これを受け取るために確定拠出年金に入っていると言っても良いでしょう。, 老後を迎える前に障害者になったなってしまったようなケースでは、通常より早くお金が支払われることがあるわけです。, そして、3つ目が死亡一時金です。年金に入っている本人が死んでしまったら、給付も何もありませんからね。その場合は、本人が亡くなった後に、遺族に一時金の形でお金が支払われます。, あと、これは例外中の例外ですが、脱退一時金というのが支払われることもあります。名前の通り、確定拠出年金を途中で抜ける時に支払われるお金です。, ただ、途中での脱退が認められるのはかなりのレアケースです。ですから、これはあまり考慮に入れないで良いでしょう。, とりあえず、このページでは、一番最初の老齢給付金についてチェックしてみましょう。確定拠出年金の給付の中で、一番需要な部分です。, 確定拠出年金(個人型)の老齢給付金でちょっと厄介なのが、金融機関によって微妙にやり方が違うと言う点です。, 基本的な部分に関しては、確定拠出年金法という法律で決まっているんですけどね。細かい部分に関しては、金融機関に裁量が与えられているのです。, まあ、大筋の部分は決まっているので、とりあえずその部分を確認しておくのが良いでしょう。, まず、確定拠出年金の老齢給付金がどうやって支払われるかですが、有期年金か終身年金で支払われるというのが基本です, 有期年金というのは、あらかじめ定められた期間は年金が支払われるという事です。期間が決まっているので、有期年金です。老齢給付金では5年以上と決まっています。, 例えば、60歳に支給開始で期間が10年だったら、70歳になるまで年金が支払われるというわけですね。生命保険会社の個人年金保険と近い形ですね。, そして、終身年金というのは、生きている間は年金が支払われるというタイプの年金です。これも名前の通りでしょう。, でも、金融機関の多くが、終身年金についてあまり積極的に説明していないようですね。まるで、存在しないかのような書き方をしているところが多いです。厚生労働省のサイトには、ばっちり書かれているのですけどね。, 終身年金での支払いを行うには、保険のノウハウが必要です。ですから、証券会社や銀行の中には、対応していないところも多いのかもしれません。, もっとも、そもそも給付に関しては、金融機関のサイトなどを見てもあまり情報が出てこないのですけどね。率直に言って、理由まではちょっとわかりません。, また、確定拠出年金は一時金で受け取れる場合もあります。これも金融機関によって対応している場合としていない場合があるようですね。, さらに、一部を一時金で受け取り、残りを年金で受け取るという事が出来る場合もあります。上にも書きましたが、対応状況は金融機関によって様々です。, 確定拠出年金の老齢給付金は、年金としてもらうのが基本です。しかし、一時金でもらえるケースもあります。, 受取るときに年金が有利なのか、一時金が有利なのかは、一概には言えません。どちらも所得税の課税対象になるのですが、どちらが税制上有利かは人によって異なるからです。, もっとも、どちらの方法で受取っても税金が掛からないという人も多いのですけどね。退職金が多い人などだと、受け取り方を検討しないといけないケースもあるのです。, まず、老齢給付金の受給開始ですが、一番早い場合で60歳からです。希望すれば、多くの人が60歳から受給できることになっています。, 多くの人がと書いたのは、希望しても60歳から受け取ることが出来ない場合も存在するからです。というのも、60歳から受け取るには、それまでに最低でも10年分(120か月分)は掛け金を支払っていないといけないのです。これは、企業型と個人型を合算して10年分という事ですね。, 掛け金を支払った期間がそれよりも短いとどうなるかというと、受給開始年齢が遅れていくことになります。一番遅い場合は、希望しても65歳までは受け取れないことになるのです。, また、本人の意思で受給開始を70歳まで遅らせることも出来ます。ですから通常は60歳から70歳の間で選べると考えてください。, それでは、何歳から受け取るのが良いのかという話になりますが、これは個人個人事情が異なるので何とも言えません。ただ一つ言えるのは、受け取るのを遅くした方が年金額が大きくなる確率が高いという事です。, なぜなら、60歳から年金受け取りまでは、新たに掛け金を掛けることはできません。しかし、これまでのように運用をすることはできるのです。, 運用の結果増えるかどうかはケースバイケースですが、確率的に考えたら、当然ですが増える確率の方が大きいわけです。つまり、経済的に余裕があるのなら、受け取りを遅くするのも一つの考え方というわけです。, あ、もちろん、投資は自己責任でお願いします。仮に運用に失敗して受け取る年金が減っても、責任は負えません。, また、税制上の理由で、会社を辞めてから数年たってから一時金でもらう方が有利というケースもあります。いつから受け取るかは、意外と難しい問題です。, 確定拠出年金をいつ受け取るかは、意外と難しい問題です。人によって状況が違うので、総合的に判断するしかありません。, iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。, この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。, 個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。, iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。, , この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 脱退一時金の受給時期と受給額算出方法 振り込みは手続き日の約3カ月後. 確定拠出年金の年金資産は原則60歳になるまで引き出すことはできません。 以下の要件を満たした場合は例外的に脱退一時金を請求することができます。 確定拠出年金の加入資格を喪失した時期によって適用される条件が異なります。 確定拠出年金の請求手続き方法. 老後の資金づくりとして人気を集めている確定拠出年金(dc)。しかし、加入中にまとまったお金が必要になる等により解約したい場合や、企業型確定拠出年金(企業型dc)に加入中で転職の予定がある方の場合、どのような手続きをすればよいのでしょうか? /* 336x280, family-budget.net */ あと、これは例外中の例外ですが、脱退一時金というのが支払われることもあります。名前の通り、確定拠出年金を途中で抜ける時に支払われるお金です。 ただ、途中での脱退が認められるのはかなりのレアケースです。 老後資金の準備として、加入者の増加が目立つ確定拠出年金。年金の上乗せが可能です。ここでは企業型(DC)と個人型(iDeCo)について、離職・転職した際の扱いや、節税になる退職後の受け取り方を解説しています。 脱退一時金. google_ad_slot = "9870200066"; 情報を使用することがあります。この情報には氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません。このプロセスの 退職金は企業に勤める楽しみの1つですよね。企業によっては追加で企業年金の制度もあり、今から楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。ただ企業年金や退職金の制度は少し複雑で、「いったいいくらもらえるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。 制度の改正に伴い身近になった確定拠出年金、継続できなくなり『脱退一時金』をもらうという選択をされた際、脱退一時金には様々な条件があります。また同じ確定拠出年金でも企業型・個人型で条件が異なります。条件、そしてデメリットも把握したうえで選択することが大切です。 企業年金とは一言でいうと、企業が社員に対して年金を支給する仕組みです。ただし、詳しく見ていくと企業年金といっても様々な種類があり、条件も違います。このコーナーでは、知っているようで知らない企業年金を丁寧にわかりやすく解説していきます。 一定条件を満たしている場合、確定拠出年金から「脱退」し、一時金として確定拠出年金を受け取ることが可能です。脱退の条件等について詳しく知りたいかたはこちら。 脱退について 前職で加入していた確定拠出年金という制度。毎月定額を積み立てておくと、老後にお得ですよーということで加入していたのですが、会社を辞めて独立した後は脱退の手続きをしなければいけないようなのです。さらに、会社員時代に積み立てていたお金を受け取るための手続きも伴います。 会社員の方であれば、厚生年金保険の他に、会社が採用する国民年金基金や確定拠出年金などの企業年金に入っている方も多いと思います。この企業年金、人によっては一時金で受け取る方法を選ぶこともできますが、今回はその一時金で受け取るメリット、デメリットを紹介します。 詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。, 【厚生労働省】iDeCoの拠出65歳までの延長を検討| 実現すれば減税に使える有利な変更です, 企業型の確定拠出年金に入っている会社員が自営業者、主婦、パートタイマーなどになったら, 確定拠出年金の個人型に入っている人(自営業者や主婦)が会社員になる場合の確定拠出年金, 【iDeCo】JAバンクで運用するのはアリ?| 月々の管理コストがちょっと気になります. 確定拠出年金は退職したら解約できるの. 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。, 当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、 2.年金と一時金の選び方. google_ad_client = "pub-6350007611317503"; 【第4回】自分で管理・運用して、受け取る~確定拠出年金(日本版401k) 【第3回】年金としてもらえる~確定給付企業年金、厚生年金基金 【第2回】一時金としてもらう~退職一時金、中小企業退職金共済 会社を退職する際、確定拠出年金や退職金というお金をもらうことが出来ることもありますが、この両方をもらうことは出来るのでしょうか。 実は、それを決めるのは自分が勤務していた会社になり、会社にその制度があるかないかによってもらえることも、もらえないこともあるのです。 脱退一時金が払われることもある. 確定拠出年金を解約する条件は非常に厳しいです。実質的には解約不可の制度であると考えて良いでしょう。この記事では、解約条件を紹介するとともに、続けざるを得ない場合に最も支出を減らす方法や運用商品選びの基本を紹介していきます。 2.確定拠出年金の障害給付金の受給権者ではないこと。 3.通算拠出期間が1ヵ月以上3年以下、または個人別管理資産額が25万円以下 4.企業型年金の資格喪失時に脱退一時金を受け取っていないこと。 一時金から制度移換金があった場合の旧制度の加入期間, 確定給付企業年金、存続厚生年金基金、企業年金連合会から脱退一時金相当額の移換金があった場合の旧制度の加入期間, 国の障害基礎年金を受けられる程度の障害を有している場合、60歳前でも確定拠出年金の資産を受け取ることが可能です。, 障害給付金は年金払いないし一時金のいずれかで給付されます。, 障害給付金は所得とみなされないため非課税です。, 確定拠出年金に資産がある状態で死亡した加入者等については、その資産残高については親族等に一時金として遺族に給付されます。一時払いのみで、年金払いはできません。, 本人が存命中に受け取る者を指定することもできますが、特に指定のない場合は配偶者・子・父母・孫・祖父母または兄弟姉妹の順位で受取る者が決定されます。なお、死亡一時金はみなし相続財産となります。, 勤続年数20年以下:40万円×勤続年数, 勤続年数20年以上:800万円+70万円×(勤続年数-20年). 確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん、DC:Defined Contribution Plan )とは、確定拠出年金法を根拠とする私的年金である。 2001年(平成13年)10月1日から掛け金の運用が始められた。 「日本版401k」とも言われ、日本の年金制度上は最上位の第三階に位置づけられる。 iDeCoで積み立てた年金資産を老齢給付金(分割(年金)または一括(一時金))として受け取れる年齢は、原則60歳からと規定されている。iDeCoはあくまで老後の資金形成のための制度であるため、一定の年齢に達するまで引き出すことができないのが特徴だ。一方で、70歳までには老齢給付金を受け取らなければならないと規定されている。 老齢給付金を60歳から受け取るためには、10年以上の通算加入者等期間*が条件となる。つまり、60歳から受け取るためには、50歳までにiDeCoに加入していなければ … 【記事公開後の更新情報】 令和2年3月3日に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案」が国会に提出され同年5月29日に成立し6月5日に公布されました(「令和2年確定拠出年金(企業型DC・iDeCo)改正法案(年金制度改正法案)の国会提出」参照)。 google_ad_height = 280; 企業年金(確定給付年金、確定拠出年金)にかかる税は、国の年金(報酬比例部分=老齢 一時金の選択可能 原則、一時金選択ができない 受給開始(60歳) 5年経過(65歳) 12年経過(77歳) 保証期間を終了しているので 一時金選択はできません 退職した会社の企業年金の手続きで、一時金、年金、企業年金連合会、確定拠出年金(iDeCo)の中から選ばないといけませんでした。FP3級の私はメリット・デメリットを比較し、結論としては一時金ですぐに受給することにしました。 確定給付年金とは何かご存知ですか?確定拠出年金や退職金と混同してる方が多いのではないでしょうか? この記事ではそのわかりづらい企業年金制度についての基礎知識を紹介していきます。 確定給付年金とは? 確定給付年金の位置づけ まず年金制度について簡単に説明していきます。 ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する “人生100年時代”といわれる今、定年後も長い人生が待っている可能性は高い。老後の生活を支える柱の1つが、会社を定年退職する際に支給される「退職金」だろう。 退職金は、退職時に一括で受け取る方法と、年金として分割で受け取る方法があり、かかる税金に違いがある。 1 確定拠出年金で利益が出たら「ちょっと売る」が正解! 2 入社した会社が確定拠出年金?そのときどうする?q&a; 3 確定給付企業年金の仕組みと知っておくべき注意点は? 4 企業年金と一時金、受け取り方はどちらがトク? 年金か一時金かを選択できる場合は、まず、自分が受け取ることができる一時金の金額と年金額、年金の支給期間、年金をもらっている途中で死亡した場合にどうなるかなどを把 … 年金の請求手続きも重要ですので、しっかり確認しておきましょう。 確定拠出年金の請求手続きは契約している 年金運営管理機関の専門窓口 で手続きを行います。. 今回、友人から貴重な話を頂戴したので、ここで執筆してみます。 彼は以前まで会社員をしており、その会社で企業型の確定拠出年金を導入していました。. 相談のきっかけ:私の勤務している会社の厚生年金基金が解散するという手紙が来ました。詳しいことはまだよくわかっていないのですが、どうも選択肢があり一時金としても受け取れるとか。せっかくまとまったお金が入ったので、住宅ローンの返済に充てるか、娘の大学の費用に充てるか。 google_ad_width = 336; 中途脱退者の年金資産を転職先の企業年金制度や個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換するポータビリティ機能の役割も果たしています。 前述の通り、企業年金連合会から支給される年金のうち、代表的なものは次の二つです。 【第4回】自分で管理・運用して、受け取る~確定拠出年金(日本版401k) 【第3回】年金としてもらえる~確定給付企業年金、厚生年金基金 【第2回】一時金としてもらう~退職一時金、中小企業退職金共済 確定拠出年金においては、企業型と個人型のどちらでも、加入者自身が資産を運用することになる。ただその資産を給付として受け取れるのは原則60歳になってからで、一部の例外を除いて途中で給付を受けることはできない。しかし基本的に年金資産の移し換えは認められており、退職した場合は別の場所へと資産を持ち運ぶことができる。 確定拠出年金にて資産を運用するのは加入者でも、制度の運営主体は企業型なら会社の事業主、個人型は国民年金基金連合会だ。企業型が導入企業ごとに運営される … 企業型確定拠出年金. 確定拠出年金制度では、原則は60歳までは引き出すことができないということでしたが、その前に企業を離職、転職した場合、要件を満たしていれば、確定拠出年金の脱退一時金を、受け取ることが可能となります。 書面による手続きに加え、Webによる手続きも可能 なところも出てきているようです。 DCは60歳以降の経済的備えとして設けられています。ですから、中途退職したときも原則として60歳まで、ポータビリティを活かして資産形成を継続することが基本となっています。 しかし、やむをえない事由と認められる限定的な条件にあてはまる場合、60歳未満であってもDCから脱退し一時金を受取れるケースがあります。これを脱退一時金といいます。以下のような条件にあてはまる場合は脱退一時金を受取ることができます。 なお、退職(加入資格を喪失)した時期によって取扱いが異なります …