https://www.amazon.co.jp/ユキの回想~エコル・ド・パリへの招待-ユキ・デスノス/dp/B00INF59IC, (Because of Foujita’s name writing, I hereby post Christie’s auction text from 2016 as an exemplary reference:). July 1939 in the Gallery Charpentier. (I remember to have seen this painting in the house of Foujita, 2010. 没後50年を記念して31日から東京・上野で開かれる回顧展には、過去最大級の規模となる119点の作品が展示されます。 藤田は多彩な絵を多く残したと同時に、 5回も結婚 したことでも知られています。(1人目と5人目の妻が日本人、2~3人目はフランス人) ここから、今村嗣人の実在モデル藤田嗣治の画家としての才能や女性関係について見ていきましょう。 奇抜な容姿 藤田嗣治は現在の東京・新宿区に生まれ、26歳でパリに渡り、女性などを乳白色で描く独自の画法で画家集団「エコール・ド・パリ」の花形として、一躍名をはせました。 目次 【20世紀代表の画家、藤田嗣治の生涯について】◯藤田嗣治とは?◯幼少期〜パリの初期の活動まで・幼少期〜中学まで・東京美術学校に入学・パリの活動と第一次世界大戦勃発◯パリの寵児・サロン・ドートンヌで快挙・乳白色の秘密・裸婦像の解説◯世界を旅する・中南米の旅・中国へ・南国の地、沖縄へ◯戦争記録画・藤田の傑作・戦争責任者へ・精力的な制作が裏目に◯晩年、フランスでの活動・レオナール・フジタになる・藤田が愛した子どもたち・宗教画制作◯最晩年の活動・フジタのアトリエ・パリ郊外で宗教画に励む・フジタ礼拝堂◯最後に, ・初心者向け】藤田嗣治の生涯・藤田嗣治にまつわる観光スポット厳選5選についても簡単にご紹介しているので、参考になると嬉しいです☺️, 藤田嗣治(ふじたつぐはる、1886年11月27日 – 1968年1月29日)は東京市牛込区、4人兄弟の末っ子として誕生しました。父は後に森鴎外の後任で最高位の陸軍軍医総監となる。藤田は油彩画に日本画の技法を取り入れた独自の「乳白色の肌」を用いた裸婦像を描き、西洋画壇に脚光を浴びます。晩年はフランス国籍を取得し、キリスト洗礼を受け、名をLéonard Foujita(レオナール・フジタ)に改名しています。, 藤田嗣治は東京市牛込区、4人兄弟の末っ子として誕生しました。子どもの頃から絵を描き始め、わんぱく少年だったようです。7歳〜11歳まで父の転勤に伴い熊本で過ごしました。(小学校:熊本県師範学校附属小学校)1900年、高等師範附属小学校、1905年に高等師範附属中学校を卒業する。藤田は中学生の頃には、画家としてフランスへ留学したいと思うようになるり、同級生には内緒で中学に通いながら、暁星学校夜間部でフランス語を学んでいました。藤田の父は嗣治を医者にしたかったが、嗣治は画家になりたいと父宛に手紙を送り、承諾してくれた。フランスに行く旅費も援助してくれたようである。, 1905年、森鴎外の薦めもあって東京美術学校、西洋画科に入学する。西洋画科の担当教員の黒田清輝はフランス留学から帰国し、印象派や写実主義の作風が西洋画であるということを教えていた。藤田はその教えに不満を抱き、藤田の成績は中の下であった。1910年同校を卒業する際、制作した《自画像》は黒田が嫌う黒を多用し、悪い例として挙げられた。, ●《自画像》1910年卒業制作で描かれた作品は、黒田清輝が嫌う黒を多用し、挑発からかこちらを睨み付けています。この作品はクラス中に悪い例として、挙げられました。, 卒業後、舞台芸術の制作を手伝いながら、文展に作品を出品するものの、3度落選している。文展に連続で3度落選する嗣治をみて、父は彼にフランス留学を進めることになりました。それがきっかけで、のちに藤田は芸術の都パリへ行くことを決断します。渡仏前の1911年、女学校の美術教師であった鴇田とみと出会い、2年後に結婚するが後に、自然消滅することになる。, 藤田は1913年、27歳の時に渡仏し「モンパルナス」に居を構えた。隣に住んでいたのは、後の親友となるアメデオ・モディリアーニやシャイム・スーティンで、彼らを通じて、ピカソ、キスリング、パスキン、ザッキン、コクトーなどと交流をすることになった。また、日本人では川島理一郎や薩摩次郎八などと出会う。最初に藤田は古代エジプト・ギリシャ美術に興味を持ち、川島と熱心に勉強に打ち込んでいた。仲違いか、それ以降は交流を交わしていないようである。この時パリではすでに、キュビスムやシュールレアリスム、素朴派など新しい20世紀の絵画が登場しており、藤田がピカソのアトリエを訪れた際は、前衛的なオブジェやキュビスムの作品に感化されました。今まで、黒田清輝の教えが西洋画であると教えられていたため、藤田は「家に帰って先ず黒田清輝先生ご指定の絵の具箱を叩き付けました」と語っている。, パリで活動する中で、様々な芸術家たちの交流を通し、油彩画の本場で自分はどのうような作品を描いたらいいのか?その答えを求め、物寂しいパリの風景、キュビズムや未来派の影響を受けた作品、親友モディリアーニの人物画を彷彿とさせる作品など、様々なモティーフに挑戦をしました。, この《巴里城門》は、藤田が渡仏した頃、パリ郊外に視線を向けて描かれた初期の作品です。この作品は「快心の作。デングリ返しを打ちて喜びたる」と裏に書いたほど、藤田にとって重要なものとなっています。, 《トランプ占いの女》は、ピカソのアトリエを訪れた際、前衛的なキュビスムの作品に感化され、藤田もキュビスムに挑戦しています。『二人の女』は、この頃から「乳白色の肌」と言われる前段階の下地の背景と細い線で描かれ、二人の人物は静かに一点をじっと見つめています。長い顔と首に、ほっそりと引き伸ばされた体の女性は親友のモディリアーニの影響をが窺われます。当時パリの美術界では、ピカソとブラックの推進したキュビスムが大きな影響力を持っていました。キュビスムは自然、物体、人物を目で見たままではなく、理性(脳髄)によって分析し、再統合するというものだった。複数の視点から立体を把握しようとするその様式にならい、多くの芸術家が制作を試みました。藤田も例外ではなく感化され、敏感に反応してキュビスム風の作品を手がけています。そんな活動の中、翌年の1914年に第一次世界大戦が勃発し、生活は貧窮してしまいました。パリの冬はとても寒く、絵のほとんどを暖炉がわりに燃やしてしまい、1910年代の作品はあまり残っていません。そのような生活が2年ほど続き、藤田が本格的に活動し始めたのは 1917 年以降(大戦が終局へ向かいだした頃から)からで、その時に2人目の妻となるフランス人のフェルナンド・バレーと出会い2度目の結婚をしました。彼女の精力的な活動もあってか、絵が少しずつ売れ始め、個展を開くまでに至ります。藤田が描いたパリ郊外の風景画は、フランスで人気を博していました。, 1920 年代のパリは芸術の街として知られ、成功を目指す芸術家たちが世界各地から集結し、激しい競争が行われていました。そんな中で、和洋折衷という藤田の独自な技法がフランス画壇に脚光を浴び、成功を収めました。, 1919年、藤田は初めてサロン・ドートンヌに6点出品すると全て入選し、会員に推挙され、パリ画壇における地位の確立に第一歩足を踏み出した。1922年のサロン・ドートンヌでは、『寝室の裸婦キキ(Nu couché à la toile de Jouy)』を出品すると、約8,000フランで買い取られ、1923年のサロン・ドートンヌでは「五人の裸婦」を出品、サロン・デ・チュイルリーの会員となり、1925年にはフランス政府からレジゾン・ドヌール勲章を受賞し、藤田は一躍時代の寵児となりました。手製のキャンパスに、面相筆で描かれた細い輪郭線と、乳白色の肌は、西洋画壇に絶賛され、サロンに出品する度にたくさんの人だかりができました。このころについたあだ名はフゥーフゥー(foufou)で、Fujita→にアルファベットの「O」を加え、フランス語の綴り「Foujita」から「FouFou(フランス語でお調子者)」と呼ばれ、奇抜なファッションや行動から人気者となりました。, キャンバスに硫酸バリウムを塗り、炭酸カルシウムと鉛白(比率は作品によって異なる)を混ぜた絵具を塗っていました。さらに下地表層からはシッカロール(ベビーパウダー)が検出され、半光沢の滑らかなマティエールを生むことができたのである。この事実は、藤田が唯一アトリエ内に入れ、撮影を許した土門拳による、写真で判明したのでした。, この技法は経年劣化しやすく、水彩と合わせて描いているため、所々ひび割れや網目状の亀裂が見受けられます。, 裸婦像は西洋美術において伝統的な主題であるだけでなく、第一次世界大戦後のパリにおいて、フランスの再生を象徴するものとして人気を集めていました。もちろん裸婦像だけではないが、ここであげるとキリがないので割愛したいと思います。藤田の技法はその流行にうまく乗って成功したと批判的に評価されることもありました。藤田を取り囲む画家たちの裸婦像は、太い線、何層にも塗られた絵具に肌色を用いて描かれていました。その特徴を見て、彼の裸婦像は全て、逆手にとっています。・太い線→細い線へ・何層にも塗られた絵具→水彩画のように薄く・肌色→白を基調とするそして出来上がった藤田の独自の技法が、このような裸婦像に登場します。, この作品はサロン出品の際、約8,000フランで買い取られました。白と黒のコントラストがさらに乳白色の肌を際立たせます。, 先ほど指摘したように、藤田の作品は水彩と油彩画を合わせて描いているため、所々ひび割れや網目状の亀裂がかなり目立ちます。, 髪の毛やまつげにしても一本一本丁寧に描かれた細い線は、当時の藤田を取り囲む画家には真似をすることができませんでした。, 1920年代の裸婦像はもっちりとした肌質で、また装飾にも精密に描かれるようになります。筆者もこれらの作品を鑑賞しましたが、どれも大作で異彩を放つ裸婦像に圧倒されました。色彩だけでなく、もっちりとした肌質にもリアリティーを感じ、繊細な線や、細かい装飾には驚きを隠せません。2人目の妻、フェルナンドと離婚した後、翌年の1929年に3人目の妻となるフランス人女性リュシー・バドゥと結婚をする。藤田はリュシーを「お雪」と名付けました。(肌が雪のように白く、美しいため)後に、彼女は酒癖が悪く、ロベール・デスノスと愛人関係にあり、離婚する。, 藤田にとって1930年代は旅の年となりました。先ずは中南米において、アルゼンチンに入り、ボリビア、ペルー、キューバ、メキシコ、ニューメキシコ、アリゾナからカリフォルニアに渡って日本に帰国する。日本で活動をしながら、1934年に北京、1938年に沖縄、同年10月に従軍画家として中支に派遣され、翌年に日本に帰国するものの、すぐその後パリへ戻るが、同年に第二次世界大戦が勃発し、日本へ再度帰国することになりました。, 藤田は乳白色の肌による裸婦像で画家として成功を収めたものの、新たな芸術の方向性を探すため1931年には新しい愛人のマドレーヌと中南米を2年に渡って旅行します。この時期の藤田の作品は、これまで代名詞とされてきた乳白色の肌を用いず、色彩豊かで、力強いタッチの風俗画を描き、これまでとは一転、エキゾチックな画風へと変化します。南アメリカを訪れた際も、藤田を快く迎え、初めて開かれた個展は賞賛され多くの人が訪れました。, ●《カーニバルの後》1932年この作品はリオのカーニバルの情景を描いたものです。地面には色とりどりのテープが一面に散らばり、騒ぎつかれた様子の人々が路上で眠っています。中央に配置された女性はどこか不安げで、男性はお祭りから冷静に現実に戻ったかのような表情をしています。1930年代の藤田の作品はこのような色彩豊かなものへと変わっていきます。, ●《メキシコに於けるマドレーヌ》1934年この作品は旅行に同行した愛人のマドレーヌを描き、帽子にある花、ドレスの模様、赤い唇と、赤が印象的で、その背景にサボテンや建築、濃厚に塗られた空が描かれています。人物が背景に溶け込まず、なんとも違和感のある作品となっています。, 1933年日本に帰国から2年後、君代と出会い5度目の結婚をし、終生連れ添いました。(1936年、ドレーヌ急死), 中南米から日本に帰国するも、翌年(1934年)には中国に旅たち、1ヶ月ほど北京に滞在していました。藤田は街を歩き回り、そんな時力士に出会い、この《北平の力士》を描きました。, キャンバスには3人の大道芸人と、その後ろにはそれぞれ違う視線を送る老若男女が描かれています。女性や子どもが着ている際立つ赤とそれを補う色の配色のバランスが計算されているのだろうか。また足元に落ちた小銭や食べ物残しなど細かいところまで描かれ、藤田の洞察力と細部までのこだわりが感じられます。, その後、1938年には沖縄に3週間滞在し、同年10月に従軍画家として、1年間日中戦争中の中華民国へ滞在します。翌年1939年に日本に帰国し、すぐその後パリへ戻るが同年に第二次世界大戦が勃発し、日本へ再度帰国することになりました。, ●《孫》1938年この作品は1938年に沖縄へ訪れた時に描かれた作品です。こちらも色彩が豊かで、南国の雰囲気が感じられます。, 1939年第二次世界大戦が勃発したため日本に帰国後、従軍画家として戦地へ行き、国民を鼓舞するような戦争記録画を精力的に描きます。, 藤田の傑作とも言われている、《アッツ島玉砕》。この作品の中ではアメリカ兵と日本兵の区別がほとんどつかないほど、人物が混在しています。絡み合った兵士は、悲惨な戦争画と同時に、偶像表現を得意とする藤田の圧倒的な技術力を感じることができます。その他に1945年に作成された《サイパン島同胞臣節を全うす》では、敵と闘う日本兵、女性や子ども、負傷兵、断崖から飛び降りる場面など戦争に対する悲劇が描かれています。この作品は、ロマン派を代表するドラクロアの構図が指摘されています。, 終戦後、日本美術界は画家としての戦争責任を藤田一人に負わせようとしました。1949年、藤田は責任をとるかのように「絵描きは絵だけ描いて下さい。仲間喧嘩をしないで下さい。日本画壇は早く国際水準に到達して下さい」と言葉を残し、アメリカ経由でフランスへ移住し、二度と日本へ戻ることはありませんでした。, ◉なぜ、藤田はこれだけ意欲的に戦争記録画に協力したのでしょうか?藤田の父は陸軍軍医総監であるだけに、陸軍関連者の家柄にあるため、意欲的に戦争画に協力するのが彼にとって当然であったと言えるからです。精力的な制作が裏目に出て、責任を負わされれるはめになるとは夢にも思っていなかっただろう。, 1950年英国を経てパリに着き、モンパルナスに近いカンパーニュ・プルミエール街に住み始め、それ以降ポール・ペトリデス画廊で個展を何度も開催します。1955年に日本国籍を抹消フランス国籍を取得し、1959年にキリスト洗礼を受け、Léonard foujitaに改名します。そして1957年、フランスの最高勲章である、レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章が贈られました。, 晩年の藤田は宗教画や子ども、動物、女性像や裸婦像など様々な作品を手掛けました。その中でも、子どもの作品は人気がありました。藤田が描くつるんとした額に、無垢な子どもたちはまるで人間味がなく、人形のようにも見受けられます。藤田には子どもがいなかったので、これらの作品が彼の子どもであるとも語っていました。, ●《小さな主婦》1956年バゲット2本と牛乳瓶を持った女の子の作品です。つるんとした卵形の額に、無表情でこちらをみています。このような特徴を持った子どもの絵がたくさん晩年には登場します。, 《アージュ・メカニック》は大作の一つで、おもちゃで遊ぶ子どもたちがたくさん登場します。左端にいる黄色の服を着て電話を耳にあてている子ども、その隣で車を操縦する子ども、真ん中に両足を広げ座り込んでいる子ども、右端にいる黄色い頭巾をかぶった子ども、4人を中心に構成されその他、様々なおもちゃに夢中の子どもたちが描かれています。特に真ん中に両足を広げ座り込んでいる女の子は藤田のお気に入りなのか、度々作品に登場します。, ●《二人の祈り》1952 年画面には聖母マリア、そして藤田夫妻、背後にはイエスの肖像画が置かれています。晩年にはこのような宗教画も手がけるようになります。, 1960年10月、パリ郊外のヴィリエ・ル・バークルにある農家を購入、約1年かけて改装し、パリからこちらに移ってきました。ここでの暮らしは日本的で、炊飯器や演歌のレコードなど今でも生活感のあるお部屋になっています。上階のアトリエには様々な絵具や筆などがそのまま展示されています。(内部撮影禁止), 最晩年になると、宗教画を中心に制作します。藤田は初期の段階から宗教画に興味を持ち描いてきたものの、晩年の作品とではスタイルが異なります。初期の宗教画に比べると、晩年の作品には人物の表情が豊でそれぞれ人物や動物に動きが見受けられます。こうした表現は藤田が北方美術に関心を寄せていたことから、これらの影響をもとに描かれていると考えられます。, 1965年〜1966年にかけて、ランスにあるノートルダム・ド・ラ・ペ礼拝堂の壁画、ステンドグラス、彫刻、庭など全てを設計し、完成させました。内部のフレスコ画は藤田の宗教画で覆われ、フレスコ画は藤田にとって人生初めての挑戦でした。(実際には藤田のアトリエの壁に練習で描いている)2年間かけて完成された礼拝堂は藤田の集大成となります。この人生最後の大仕事にとりかかり、完成した時には80歳でした。それから一年後、81歳で死去します。ランスのカトリック大寺院で葬儀を行い、遺体はフジタ礼拝堂に埋葬されました。(フジタ礼拝堂は見学可能です), 最後の最後まで藤田は画家として筆を止める事はありませんでした。生涯にわたって画風が変化するのは彼特有で、動物的な洞察力と感性の豊かさが、作品に込められていることを改めて感じました。藤田は世界的に有名な日本人画家でありながら、日本国内では評価されることはありませんでした。その背景には、パリの寵児のきっかけとなった「乳白色の肌」は浮世絵的な、ただの日本画に過ぎないと批評されたり、戦争記録画を描いたことで、責任を負わし、日本美術界は彼の存在を無視していたからです。後に藤田は、「私が日本を捨てたのではなく、日本が私を捨てたのだ」と語っていました。日本国内では忘れ去られた画家となり、妻の君代夫人も、藤田の作品の公開を拒んでいたことから、近年まで大掛かりな展覧会が開催されることはありませんでした。ここ数年で、やっと大々的な展覧会が行われ、藤田の初期から晩年の作品、戦争画など、作品が公開され、彼の作品を鑑賞することができるようになりました。またオダギリジョー主演の映画「Foujita」が公開されたことから、さらに藤田を知る機会が増えたのではないかと思います。この記事ではたくさん割愛した部分もたくさんありますが、疑問点などございましたら、コメントしていただければと思います。, 参考文献・林洋子『藤田嗣治 作品をひらく―旅・手仕事・日本―』、名古屋大学出版会、2008年・夏堀 全弘『藤田嗣治芸術試論―藤田嗣治直話』、三好企画、2004年・近藤 史人『藤田嗣治「異邦人」の生涯 』、講談社文庫、2006年・林洋子『藤田嗣治画集 巴里』、小学館、2014年・林洋子『藤田嗣治画集 異郷』、小学館、2014年・林洋子『藤田嗣治画集 追憶 』、小学館、2014年, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ギャラリーラファイエット 本館 観光客で多く賑わう、ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)ですが、ここのデパートは3つの建物で構成されています!・本館・日用品、グルメ館・紳士 …, パリ市立近代美術館 今回はパリ市立近代美術館(Musée d’art moderne de la Ville de Paris)へ行ってきました。ましな写真がなくてすみませんὡ …, 目次☆はじめに①パリ市立近代美術館②パリ国際大学都市 日本館③藤田のアトリエ④ランス、ノートルダム大聖堂⑤藤田の礼拝堂 ☆はじめに 藤田嗣治は狂乱の時代と言われた1920年代のパリにおいて、油彩画に日 …, 目次 【シェイクスピア・アンド・カンパニー】パリで大人気の書店!・概要・あのヘミングウェイも通った伝説書店・圧倒的な書籍数と静謐な空間・シェイクスピアのカフェ・映画のロケ地としても有名・書店限定グッズ …, 目次 「アメデオ・モディリアーニの生涯」●幼少期●学生時代●芸術の都、パリへ●モディリアーニの作品●晩年のモディリアーニと妻のジャンヌ●最後に アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Cl ….