カナダの美しい島に住む年取った兄弟マシューとマリラは農場の手伝いとして、孤児院(こじいん)から男の子を引き取ることにした。, しかし、駅で待っていたのは。どういう手違いからか、やせっぽちで髪の毛が真っ赤な十一才の女の子、アン・シャーリーだった。, 二人は最初アンを孤児院に送り返そうと思ったが、アンのもうれつなおしゃべりややさしい性格がかわいくなり、引き取ることに決めた。, アンは、数々の失敗やゆかいな事件を次々と引き起こしながら、初めての「人間」の友達ダイアナや、おせっかいなリンド夫人、大好きな学校の先生や牧師夫人、勉強のライバル、ギルバードなどとの交流を通して、子どもから若い女性へと成長していく。, 運命にまっすぐ立ち向かっていく勇気と明るさの物語。そんなふうにとらえることができるよね。アンの姿勢やキャラクターがじつに魅力的。物語には映画そのもののような広がりがあって、思わず引きこまれる。, トムソーヤやハックルベリー・フィンの物語もそうだけど、北米の文学には、ものにこだわらない自由な雰囲気(ふんいき)やたくましさがあるよね。, おしゃべりも、空想にふけるクセもいいことだよね。人は現実にしばられているけれど、心や想像の世界は自由だ。そして、心の世界を深くするって、自分自身や周囲の人間を「照らす」ことにもなるんだよね。, おとなしくて手がかからない子がいい子だといわれがちだけど、それって親の都合かも。やっぱりアンみたいな子って、カワイイよな。, ボクの印象に残ったのは、この本の中での子どもの扱われ方だ。つまりは、家の手伝いや子どもの労働力っていう意味で。, 『大草原の小さな家』なんかでも、子どもたちはみんなよく働いているよね。家族全員が働いて、力を合わせて、生き生きと暮らしている。生きているって感じだ。昔の日本の家族もそうだったんだよ。, 今の日本の子どもの仕事は、学校へ行くことと勉強だけ。いいのかなあ、それで。生きるってどういうことさ?, アンは侮辱(ぶじょく)されるということについて敏感だ。すぐに腹を立てる。これはプライドの問題だよね。自分への誇(ほこ)り。それがアンを怒りにかり立てる。, 容姿や気にしていることについていわれたら、だれだって腹が立つ。コンプレックスを刺激されるからだ。しかし、その、一見マイナスに思える点こそ、自分らしさだったり、個性だったりすることも事実。つまり、コンプレックスや批判をどう受けとめて、どうプラスに変えていくかが問題なんだよね。, アンはたいしたものだ。失敗をくり返しつつも、つねに上昇していくよね。成績も抜群。人との関係もどんどん深めていく。すごいよな。, 「赤毛であっても、孤児であっても、彼女は白人だ」といったボクの友人がいる。「黒人なら、アンのようにはいかなかったかもしれない」という意味だ。彼は米国人で黒人。日本で暮らすボクらには、なかなか思いつかない読み方だ。, 人生にくっついてくる条件って、さまざまだ。はね返そうと思っても、はね返しにくい場合もある。きみはアンの物語をどう読んだだろうか。, いい作品だな。目頭が熱くなる。アンを応援したくなる。その魅力は何だろう。正体をあばいてみたいよね。, —————————————————————————————————————————————————————————————————————, 読書感想文の書き方や、各年度の課題図書の読書感想文の例などを紹介しています。 夏休みの宿題にご活用ください。 三十七年におよび青少年の作文・表現教育活動を実践している財団法人国語作文教育研究所の宮川俊彦所長が監修しています。.   (20代女性), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.     当時と今では、悩む内容や大きさは異なるが悩みがなくなることはない。そんな時には、自然とアンのことやアンと出会った当時のことをふと思い出し乗り切れるのだ。この作品に出会えていなかったら、今ほど人生を明るく過ごせていなかっただろう。言ってみれば、アンが私の人生を変えたのである。 読書感想文・・・これぞ、何とも言えない夏休みの宿題の中でとにかく一番厄介なもの・・・。, 厄介だと感じているからこそ、夏休みが終了間近だというのにまだ読書感想文が書けていなくてあたふたしてしている方も多いのではないでしょうか?, そう。この読書感想文こそ、何かをコピペしてすんなりと終わらせてしまいたいと思う小中高生も多いはずです。, 特に、読書感想文は小学校高学年くらいになると書くことを余儀なくされるため、逃れることもできません。, ここでは、読書感想文をコピペして書けるような、丸写し可能なサイトをご紹介したいと思います。, 今の時代はインターネット環境が驚くほど整っている為に、知らないことは何もないと言えるほどの情報を、インターネットを通じて知ることができます。, その為、読書感想文も同じく、インターネットで検索するだけで、たくさんの読書感想文が掲載されているのです!!, 便利なサイトを利用すれば、それだけ読書感想文を書くスピードもアップする為、気づけば30分くらいで読書感想文を書き終えているなどといったことは多々起こるのです。, まさに!現代に生きる子供たちはめまぐるしく過ぎる毎日を生きている為、勉学も遊びもすべてをオールマイティにやりこなさなければなりません。, その為、実際には読書感想文に重きを置くなどといったことはする必要がないとも言われているのです。, それなら、時間をより効率的に利用する使い方を学ぶべきだと思いませんか?だからこそ、読書感想文を丸写しできるサイトを活用すべきなのです。, 自身で少し表現を変えてアレンジすると、よりオリジナリティあふれた読書感想文に書き替えることも可能です。, 学校へ提出する場合は著作権フリーとして、このまま自由自在に使用してOKなフリーサイトとなります。, 夏休みがもうすぐ終了する・・・と言った時に、まだ読書感想文が書けていない!!などという方に向けたコピペOKなサイトです。, とにかく焦っていて書かなくてはいけない!と切羽詰まっている方こそ参考にできるサイトです。, 著作権の使用も可能で、フリーサイトなのでそのまま読書感想文を利用しても良いとなっていても、やはりどうもコピペはダメだ・・・と思っている方もいると思います。, その場合は、完全にコピペで行う訳ではなく、ある程度、柱となることは決まっていて、かつ、自分の思う意見も多少なり含めあらが自作にアレンジしつつ書ける読書感想文のサイトがあります。, http://www.geocities.jp/sansyou_no_kotubukko/hon/kansoubun.html, 読書感想文を書くことを大の苦手としている方は、要点を理解しするだけで簡単に読書感想文を書くコツをつかむことができます。, http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/kansou_folder/kansou00.htm, 読書感想文を書くためには、一行読むだけでその本の話の内容が分かるという、とても簡単に読書感想文を書くことができるサイトです。, どうにか丸写しして簡単にやってのけることができるならさっさとやってしまいたいところですが、実際のところ、丸写しはどうもあなた自身のためを思うと止めておくべきではないでしょうか。, もちろん、インターネットが普及し、さらに、読書感想文をコピペしてもいいですよ!なんて寛大な思いでオープンにしてくれているようなサイトは数多く存在します。, しかし、このように丸写しで作った読書感想文は、全くのノーリスクとはいかないのです。, しかし、実は、丸写しOKなサイトがインターネットを介してこれほどにまで存在しているということは、それだけ日本国民が読書感想文のコピペについて多くの需要を抱えていることが分かります。, 当然、コピペサイトはその著作権を許可している為、使用する、しないは自由自在に選択することができます。, それはどんなことがあっても自己責任の上で使用するという点を踏まえ、サイト運営側としては、一切の責任を負ってもらえませんのでそこは十分に理解した上でコピペを利用するようにしてください。, インターネットが普及し、各家庭には必ずと言って良いほど、パソコンがあると思います。, パソコンが身近にあるご家庭の場合、例え小学生であっても、パソコンを巧みに使いこなします。, その為、自分でネット検索をし、読書感想文をコピペできるのですから、当然先生にバレないという訳にはいきません。, まさか、子供にできて先生にできないという訳ではないので、絶対バレない読書感想文のコピペなどということはあり得ない話になってしまいます。, それに、もしも完全なコピペであることが分かると、それかけで読書感想文の書き直しがあったり、再提出を行わなければならないなどといったことになる為、時間を無駄に過ごしてしまうことになるのです。, 今や、読書感想文のコピペサイトは多数存在している為、それらを利用して書いた文章であれば、先生もすぐに気づくはずです。, とは言え、原稿用紙や作文用紙に記入した読書感想文を再度データ化したりパソコンに打ち直してコピペチェックツールを利用するなど、そんな手間なことを先生がするかどうか・・・?と思うと、意外にもバレることなく通り抜けることができるかもしれません。, 何よりも本人もびっくりしてしまうことですが、実際にコピペしたような読書感想文がコンクールで入選した場合です。, まさかそんなつもりがない読書感想文への取り組みが、そのような結果となってしまうとやっぱり人間焦るものです。, 軽い気持ちでコピペしたものの、もしもそれが盗作ということになると事態を重くしてしまいます。, こんなリスクを抱えるくらいなら、やっぱりうまく書けなくても、自分できっちりと書いた方が良いのかもしれませんね。, 最近になって、ものすごいサービスが増えたなぁと感じることが多くなりました。それもそのはずです。, 私たちの時代では全く想像もつかないようなことが仕事として行われているのだから驚きです。, 例えば、代行サービスを利用する方の多くは、子供が受験勉強で忙しい、塾通い、塾の宿題に追われ、とても読書感想文だなんて手がつけられないといった状況です。, 親は、子供の負担を軽減させようと、読書感想文の代行サービスを利用するというケースが増えています。, そう考えると本当にすごい時代になりましたよね。夏休みの宿題である読書感想文が実に売買されるような時代にあるのですから驚きです。, そんな読書感想文を代行してくれる代行サービスを利用する際は、以下のような相場費用が必要となります。, 色んな作品に対する読書感想文である為、自分の読みたい本と合致する読書感想文が売買されていれば、安価で購入できるとなればそれほどにラッキーなことはありません。, 代行サービスを利用するのは最終手段とし、まずは自力で読書感想文を書くことに徹し、それでもどうしても無理な場合は代行サービスを検討する・・・というように利用してみられても良いかもしれません。, 夏休みは遊ぶものと思っている小中高生は多いと思います。それでもどうしても夏休みとなれば宿題の山が待っています。, そんな夏休みも終了間近になると、決まって宿題に追われる毎日を過ごす方も少なくありません。, 宿題があまりに間に合っていなかったら、最後は友達の宿題を写せばいいや・・・なんて軽い気持ちで過ごす方も多いと思います。, それに、読書感想文ともなれば、さすがに友達の書いたものを丸写しにするわけにはいきません。, 本来であれば、脳科学者でさえも、夏休みの宿題は不要だなどと主張しているくらいです。, しかし、仮に夏休みの宿題なくして毎日子供が遊びほうけていると、やはり親としては勉強ひとつしないままで過ごしていて良いものかと不安な気持ちにもなります。, 中途半端に宿題を出されるからこそやらなければならず、どうせならすべてをなくしてしまった方がより楽に過ごせる気がしますよね。, 実に、本人以上に保護者の方が、自由研究よりも読書感想文を苦手としている方は多く存在するのです。, しかし、コピペOKなサイトを参考にすることで、意外にも簡単に読書感想文を書くことができます。, とは言え、すべてを丸写しにすることで少し弊害もあることを考慮し、リライトするくらいのワザを持っておくと良いでしょう。, 最近では読書感想文の代行サービスも増えているようですが、それを利用するのはもう最終手段とし、それまでは何とか自力で書けるよう努力しましょうね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. そのコンプレックスを抱えたアンがその持前の想像力で人生を楽しく生きている姿をみて、私もなんとなく人生が明るくなったのを覚えている。何か嫌なことがあってもアンのことを思い出すとくすっと笑えたり、世の中の嫌なこともおもしろおかしく想像することでどうでもよくなったりできたのである。そして今でも、心の片隅に常にアンがいる。 読書感想文をコピペして3枚くらい書きたい? 読書感想文の丸写しokなサイト9選 読書感想文・・・これぞ、何とも言えない夏休みの宿題の中でとにかく一番厄介なもの・・・。 厄介だと感じているからこそ、夏休みが終了間近だという […] (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); (C) 2015シットピ|年間行事や冠婚葬祭で必要となるお役立ち情報をまとめてご紹介!, 現代に生きる子供たちはめまぐるしく過ぎる毎日を生きている為、勉学も遊びもすべてをオールマイティにやりこなさなければなりません。, 自分でネット検索をし、読書感想文をコピペできるのですから、当然先生にバレないという訳にはいきません。. そんな時に母親のすすめでこの作品に出会ったのである。私はすぐに作品の魅力に引き込まれアンが大好きになった。アンは赤毛とそばかすが大のコンプレックスである。私にも、自分の中で嫌いな部分がたくさんありアンとは違う部分ではあったが同じような気持ちだった。そのため、すぐにアンに感情移入できたのだ。 アンは、想像力豊かでおしゃべりでとても頭の良い女の子だ。想像力豊かに様々なことを考えてしゃべったり、いろいろな場所に自分なりの名前をつけたり…。そんなかわいらしくて面白いところにマリラとマシュウは魅かれたのだろう。私がこの作品を読んだのは中学生の時だ。当時の私は、特に楽しいと思えることもなく、自分に自信のない女の子だった。 読書感想文の書き方や、各年度の課題図書の読書感想文の例などを紹介しています。 夏休みの宿題にご活用ください。 三十七年におよび青少年の作文・表現教育活動を実践している財団法人国語作文教育研究所の宮川俊彦所長が監修しています。 読書感想文「罪の声(塩田武士)」 読書感想文「オレたちバブル入行組(池井戸潤)」 読書感想文「華麗なる一族(山崎豊子)」 読書感想文「更年期少女(真梨幸子)」 読書感想文「イン ザ・ミソスープ(村上龍)」 読書感想文「アンと青春(坂木司)」   「赤毛のアン」は、孤児院育ちの赤毛でそばかすのある女の子、アン・シャーリーの成長物語である。物語はアンがマリラ・クスバート、マシュウ・クスバートの兄妹の家庭、グリーン・ゲイブルスに間違われて引き取られたところから始まる。間違いで引き取られたため、はじめは返されそうになるが二人ともだんだんとアンの魅力に魅かれ引き取ることに決めるのである。