(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「サブモニターを導入するならメインとは別にもう1台パソコン用のモニターを買えば良いのでは」という声は正解ではありますが、実際にそうした環境を整えるとなると少し骨がおれます。, まずモニターは大きいため設置場所を作る必要があり、この時点でなかなか難しいものです。, さらにモニターとパソコンを接続するためのグラフィックボードも別途購入しなければいけませんし、ケーブルも手持ちが無ければ買わなければいけません。, またパソコンを奥まった場所に設置し部屋が片付いていないなら作業するだけでも数時間を費やすはめになるでしょう。, こうした問題を乗り越えた先には快適な環境が待っていますが、それに費やされる費用と時間は結構なものになるかもしれません。, これは携帯型のモニターで、タブレット端末と瓜二つですが機能としてはパソコン画面をモニタリングすることしかできません。, 何しろ相場から見ると価格面ではタブレット端末よりも割高となってしまうという点がネックです。, デバイス単独でできることが無い、という点は結構なデメリットと言えるかもしれません。, 近年、タブレット端末は機種にもよりますがより安価で性能の良いものが現れるようになったため手に入れやすいですし、単独で色々なことをすることも可能です。, 既に所持しているにも関わらずどう使おうか考えている内に端末を放置している方もいらっしゃるかもしれません。, こうしたタブレット端末が身近になった現代にこそサブモニターとして活用する余地が十分残されているのです。, 通常のモニターをマルチディスプレイとして運用する場合には様々な物理的制約を受けることになります。, 置き場所、グラフィックボードの枚数、ケーブルのスペース、こうした要素は思わぬ状況を生んでしまうものです。, 購入したモニターが思ったより大きかったならスペース作りをする必要がありますし、もしスペースを作れなかったなら斜めに設置したりすることになるかもしれません。, マザーボードのチェックを忘れて対応しているグラフィックボードとは別のサイズのものを購入すれば大変です。, パソコンの裏側におけるケーブルのスペースも考慮に入れなければめちゃくちゃな状況になり二度と触りたく無くなるでしょう。, タブレット端末をサブモニターとする場合にはグラフィックボードと接続せずに使えます。, 一旦設置してみて気に入らなければささっと別の場所にまた置きなおすことができるので、しっくりくる位置を自由に調整できます。, モニターと並列する必要が無いため、タブレット端末だけ近くに置けば視認性も問題無いでしょう。, これは利用するアプリによるのですが、無線接続できるものと有線接続のみのものなど様々なものがあります。, といってもディスプレイ用のケーブルではなくUSBなどのスリムなものなのでやはり手軽に接続できるでしょう。, そもそも無線接続環境を構築したいのであれば無線に対応したアプリを導入すれば良いだけだったりします。, 現在発売されているタブレット端末はiOSとAndroid、それからWindowsという3つのOSに分けることができます。, Apple社の端末であるiPadはiOSで、それ以外はほとんどAndroid、少しだけWindowsという状況です。, 例えばDuet Displayという有料アプリの場合、アプリをインストールしてMacないしパソコンにも対応ソフトをインストール、そしてLightningケーブルで接続すれば完了です。, 本体側がMacであれWindowsであれこれだけで接続終了となるため、非常に簡単な手順で済んでしまいます。, Windowsのタブレット端末とWindowsを接続することはこれ以上無いくらい簡単です。, なぜならOSの機能としてタブレット端末をサブモニター化する機能が備わっていて、有料アプリを入れる必要すらありません。, まずタブレット端末側を操作しスタートメニューから「接続」という項目を選び待機状態にさせます。, それからメイン端末でアクションセンターから「接続」を選択し、表示された項目の中からサブモニター化したい端末を選べば完了です。, そこでお安く手に入れられるAndroidの出番なのですが、これは一筋縄ではいきません。, ただ標準ではこの項目は表示されていないので、まずは特殊な操作をしなければいけません。, 特殊な操作とは、ソフトウェアの情報画面でビルド番号を連続で7回タップする、というもので完了すれば「これでデベロッパーになりました」と表示されるはずです。, パソコンとタブレット端末を接続したら次はADBデバイスのインストールを端末に対して行います。, インストーラでデバイスを提供しているところもありますが、そうでない場合はデバイスマネージャーからデバイスの更新をしましょう。, 最後にTwomonUSBなどの対応アプリをタブレット端末とパソコンに導入し、アプリの説明に従って接続すれば完了です。, 大変なようでいて案外簡単なAndroid端末のサブモニター化、是非試してみて下さい。, こうしていずれかの方法で構築したサブモニターのある生活は非常に快適な環境となるでしょう。, 例えばGoogle翻訳を常にサブモニターに表示していれば英語翻訳が捗りますし、Youtubeを再生しても良いかもしれません。, 特に何かを調べる際に画面がブラウザやメモ帳で一杯になるとき、サブモニターがあることで飛躍的に環境が良いものになります。, もし、現在放置していたり手に余る端末があったりするならサブモニターとして運用してみると良いでしょう。, 複数の端末で自分に合った環境を構築すればちょっとしたハイテクな雰囲気を味わえるかもしれません。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ペンタブを使って絵が上達、またはプロの様な絵描きになることが出来るのか?3つのポイント, iPadのタブレット端末の特徴とメリットやデメリットは? 使っている人の意見が聞きたい, タブレット端末がラップトップに変身!MicrosoftOfficeを快適に使うためのおすすめキーボードを見てみよう。, タブレット端末を検討している方に紹介したい3つのポイントと詳しい機能や充実したスペック, ノートパソコンVSタブレット端末! 買うならどっち?タブレット端末の便利な使い方とは?. タブレット端末は単独でも使いでのあるデバイスですが、パソコンと組み合わせるという使い方もあります。, その1例がタブレット端末のサブモニター化で、これが有るとパソコンの利便性は飛躍的に向上するはずです。, 特にメインモニターの大きさに悩んでいてタブレット端末に興味があり、既に所有している方なら試してみる価値は十分にあります。. Chrome リモート デスクトップの接続先での初期設定、iPadからの接続に続き、今回はChrome リモート デスクトップを利用し、Androidタブレット・スマホからWindows 10をリモート操作してみましたので、その設定... Chromeリモートデスクトップ、iPadからWindowsをリモート操作する設定とレスポンス・使用感. > IT 経済 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); LINE共有ボタン; 2020年9月25日 17時0分. iPad・iPhone、Android、Windows、Mac、ChromebookからWindows PC / Macをリモート操作できる「Chrome リモート デスクトップ」。初期設定については先の記事「Chromebook,... Bluetoothと無線の瞬時切替のマウスが快適。約1900円の静音マウスのレビュー。ロジクール M590の代替に, XIDU PhilPad,13.3型 2.5K液晶のSurface風 2in1のスペックと特徴, Core i3-6157U、NVMe対応の256GB SSDを装備する13インチノート。Banggoodのクーポン価格は 379.99ドル, Core i5 9500F、Geforce GTX1050 Tiを搭載するハイエンドなミニPC「MINISFORUM H31G」の実機レビュー。ベンチマークスコアはさすが、心配していた冷却やボディの剛性も万全。, AKASO FOCUS モバイルプロジェクター 実機レビュー、明るさ・音質ともに実用的で、iPhoneミラーリング・給電も即認識, ダイヤル式アナログTV型の3.5インチ Android端末が販売中。赤黒の配色も懐かしい, iPhone 12 Pro Max、私がiPhone XS Maxからの機種変を迷っている理由(ソフトバンク回線), ThinkPad X280、バッテリーが充電せず、99.99%劣化の状況。バッテリーの脱着でも復旧せず, ASUS VivoBook 14 M413DA、AMD Ryzen 3 3250U,PCIe SSD搭載の14型PCが 税別42,545円とコスパ高, 「LetsView」は「spacedesk」と同様に、スマホにWindows 10をミラーリングできますが、快適さで言えば「LetsView」が優位なような感覚です, Connection xxxを選択することにより、Andoridスマホ・iPhoneなどをWindows PCのサブディスプレイ化できます, 非力なCPU Atom Z3775を搭載する機種ではWindows側の画面がフリーズし機能せず, CPU大量使用のWindows Modules Installer Worker、概要と放置すべきか確認してみた, iPad 2018 /2017用 ダイソーで購入の400円ケースの外観と装着感。安価だが保護機能は十分, LetsView、iPhone / iPadへのPCのミラーリングがサクサク動作のフリーソフト。PC・スマホ間のミラーリングも簡単に可能, 悲報、Win 10 OSクローンソフト無料版ではクローン不可能に(4/4時点、EaseUS Todo Backup Free、MiniTool Partition Wizard), ApowerMirror、PC・スマホ間で軽快なミラーリング可能な無料アプリ。PCからAndroidスマホ操作も可能な優れもの, 無料OSクローンソフト、大手SSDブランド4社のダウンロードサイトを確認しインストールしてみた, Android,iPhoneをWin 10 PCのサブディスプレイ化できる「spacedesk」を試してみた。課題はあるも楽しさ満載の無料アプリ, CHUWI CoreBook Pro、Core i3-6157U,NVMe SSD搭載の13型ノートが クーポン価格 379.99ドルの販売情報, クライアント側のタッチパネルでの操作は、一部にカクカクする動きがあるものの、比較的スムーズ。. WindowsやMacの画面をタブレットで広くする! 作業効率が上がる「サブディスプレイ」活用術とは . Androd スマホ・タブレット、iPhone・iPadを簡単にWindows 10のサブディスプレイ化できるアプリ「spacedesk」を試してみました。Windows 10にサーバー用アプリを、Android / iOSにクライアント用アプリをインストールし、ワイヤレスディスプレイ接続するしくみですが、インストール・起動ともに簡単です。, おそらくはベータ版の位置づけであり、複数台試してみたところ 端末によっては設定がうまくできないこともあるのですが、お楽しみ要素としては十分です。, 関連記事 以下の「ApowerMirror」は、スマホからPCへのミラーリングをメインとしたものですが、PCからスマホへのミラーリングも軽快です。また、「LetsView」は「spacedesk」と同様に、スマホにWindows 10をミラーリングできますが、快適さで言えば「LetsView」が優位なような感覚です。, 冒頭のとおり、Windows 10にサーバー用アプリを、Android / iOSにクライアント用アプリをインストールします。サーバー用・クライアント用と聞くと難しいイメージがありますが、通常のアプリと変わらない手軽さです。また、かなり軽いアプリのため、インストールも短時間で終わります。, なお、詳細はサブサイトでの別記事としますが、Fire TV Stickを接続した液晶テレビもクライアント設定できました。, 冒頭に「DOWNLOAD NOW」とありますので、これを選択すると以下の画面となります。, ▲左はサーバー用(ワイヤレス接続元)、右はクライアント用のダウンロード用のアイコンです。サーバー用はWindows 10のみ表示していますが、下方にWindows 7用もあります。, Windows 10の場合、64bit or 32bitを選択しますが、以下の設定画面で確認できます。, ▲Windows 10の場合、「設定」「システム」「バージョン情報」で確認。私の場合は64bitです。, ▼インストールは画面に従うのみで選択肢はないために、経過の画像・コメントは省略しますが、ごく短時間でインストールは完了します。, ▼起動すると以下の画面となりますが、設定項目がなく、各種設定はAndroid / iOSのクライアント用アプリで行います。, 続いて、Android スマホ・タブレット、iPhone・iPadへのクライアント用アプリのインストールです。, Google Play、iOSのApp Storeともにspacedeskのアプリがリリースされていますので、こちらのインストールはさらに簡単。通常のアプリと同様にインストールするのみです。, 後述の使用感と直結しますが、ベータ版であるためか、クライアントが複数の場合、設定が上手く反映しないような状況がありました。, 以下はAndoridでの画面ですが、iPhone / iPadでも項目は同じです。, ▲下にConnection xxxとありますが、これはサーバー用アプリをインストールしたWindows PCを表示しています。私の場合には3台のPCにインストール、うち、2台を起動していますので、2つ表示されています。このConnection xxxを選択することにより、Andoridスマホ・iPhoneなどをWindows PCのサブディスプレイ化できます。, ▼こちらが設定項目となりますが、状況に応じて変更・確認する必要があるのは「Resolution(解像度)」「Touchscreen」「Rotation(自動回転)」でしょう。, ▼Windowsとクライアント側の解像度が合わない場合には、「Choose Custom Resolution」にて選択肢からの選択、あるいは任意で設定できます。, ▲中央の「Use custom resolution」も重要。私の場合、設定が反映しないこともあったのですが、この項目はWindowsの画面をサブディスプレイに複製しますが、上の項目は拡張ディスプレイの扱いとなります。, ▼こちらは設定を変更する必要もないのですが、スマホ・タブレットのタッチパネルでPC本体を操作できます。, 全般的には、以下で試してみた「リモートデスクトップ」よりも軽快に動作します。ただし、私の設定が不十分であるためかもしれませんが、課題らしきものもあります。, ベータ版であるためか、一部に課題が残りますが楽しさ満載のspacedeskです。興味のある方は、細かいことは気にしない程度の気持ちで試してみることをおすすめします。また、英語表記となりますが、公式サイトにフォーラムも充実しており、今後の展開にも期待します。, ▼8インチのAndroid タブレットをサブディスプレイ化した事例。ホーム画面が同一となり、複製であることがわかります。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 千葉県在住のサラリーマン。Win 3.1の時代から安価なPCをあれやこれやと弄っています。, 当サイトの他に運営のanother Win And I net(こちらは気まぐれで記事投稿)では、Fire TV Stickを中心に試行錯誤。両サイト合わせて、月間 43万PVほど。広告掲載、レビューなどのお問い合わせは以下まで。, 「Win And I net」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, Chromeリモートデスクトップ、AndroidからWindowsをリモート操作する設定とレスポンス・使用感. Fire HD 10 タブレットをパソコン化した話。 この記事は前回の続きで、サブディスプレイ化アプリ『spacedesk』導入済みという前提で話を進める。. > タブレット端末は単独でも使いでのあるデバイスですが、パソコンと組み合わせるという使い方もあります。 その1例がタブレット端末のサブモニター化で、これが有るとパソコンの利便性は飛躍的に向上 … Windows 10 PC をサブモニターにするために必要なものです。 ・無線 LAN 接続ができる Windows 10 (1607/RS1 以降) の PC x2 ニューストップ >>私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら 0. 経済総合, iPadをはじめとした市販のタブレットの多くは、PCの2つ目の画面、いわゆる「サブディスプレイ」として利用できることはご存知でしょうか。10インチ前後の画面サイズを備えたこれらタブレットをつないでPCの表示領域を広げれば、日々の作業がより余裕を持って、快適に行えるようになります。, これらはノートPCよりも画面サイズが小さいとはいえ、常時表示しておきたい画面、例えばカレンダーやメーラー、あるいはSNSのウインドウなどをそちらの画面に移動させれば、メインのPCの画面をより広く使えるようになります。, 特に在宅ワークで、ノートPCの使用中はタブレットがずっと使われないまま放置されている場合、別途ディスプレイを買い足さずに手持ちのデバイスを有効活用できることから、コスト的にも最良の方法です。今回はデバイスおよびOSの組み合わせごとに、最適な方法をまとめてみました。, タブレットをサブディスプレイとして使えれば、作業領域を手軽に広げられます。これはiPadをMacBook Proのサブディスプレイとして接続した状態(筆者撮影), もっとも簡単なのは、MacとiPadという、同じApple製品同士の組み合わせです。というのもmacOSには「Sidecar」という、iPadをサブディスプレイとして使うための機能があらかじめ備わっているからです。同じApple IDにひもづいているiPadをプルダウンから指定するだけで、手持ちのiPadをサブディスプレイとして使えます。, 接続は完全ワイヤレスで、ケーブルをつなぐ必要はありません(有線でも利用可)。iPad側のロックを解除しておけば、何らかのアプリを起動して待機させておく必要もなく、いきなりMacの画面が表示されます。同じ内容を2つの画面に表示するミラーリングも対応しますので、正面に座った相手に向けてプレゼンしながら操作する用途にも使えます。, パフォーマンスも良好で、Mac上で起動したブラウザをiPad上に移動させてウェブページを閲覧しても、iPad単体でブラウジングしているのと変わらない感覚で利用できます。さらに一部のアプリでは、iPadのタッチスクリーンをも活かしたApple Pencilによる入力もサポートするなど、プラスアルファの機能が使えるようになるのが利点です。, 一方で、Windows PCとWindowsタブレットの組み合わせは、Windows 10に用意されている「接続」という機能を用いるのがお勧めです。「Miracast」という技術に対応していれば、たいていのWindows 10マシンで利用できます。ケーブル接続は不要で、ワイヤレスで動作するのが特徴です。, この「接続」は、タブレットに限らずノートPCなど、Windows 10がインストールされている別のPCの画面を、サブディスプレイとして使えます。つまりノートPCを2台並べ、一方の画面をもう一方のノートPCの画面にまで拡張させて使えるわけです。受信側と送信側を入れ替えても使えてしまうのが面白いところです。, ただしこちらは受信側で「接続」を起動して待機状態にした上で、送信側で相手を検出するという二段構えの操作が必要になるなど、前述のSidecarに比べるとやや煩雑なほか、マウスポインタの移動もワンテンポ遅れるなど、パフォーマンスはお世辞にも高いとはいえません。表計算ソフトやドキュメントなどを常時表示しておく用途なら実用的でしょう。, なおWindows 10標準の機能ということで利用は無料ですが、Windows 10の新しいバージョン「May 2020 Update」以降は、設定の「アプリ」→「アプリと機能」→「オプション機能」から追加インストールが必要になります。「接続」という項目が見つからなければ、そちらを探してみてください。, さて、むしろニーズが高いのは、タブレットとして現在もっとも普及しているiPadを、Windows PCのサブディスプレイとして使う用途かもしれません。こうしたケースでは、OSが標準で用意している前述の2つの方法は使えませんので、サードパーティーが開発しているサブディスプレイアプリを利用することになります。, 筆者のお勧めは「Duet Display」というアプリです。Appleの元技術者が開発したこのアプリは、前述の「Sidecar」が登場するまで、iPadをMacのサブディスプレイとして使いたいユーザの間で定番の存在でした。Sidecarが登場して以降は、iPad×Windowsの組み合わせ、また前述のSidecarでは非対応の古いiPad×Macの組み合わせにおいて、依然高い人気を誇ります。, 接続は有線/無線どちらにも対応しますが、無線接続はアプリ代に加えて別途サブスクリプション契約が必要なため、同時に充電も行える有線接続がお勧めです。動作速度はSidecarほどではありませんが、軽い動画であれば十分に閲覧が可能で、実用レベルで利用できます。解像度の変更、画面の縦横の切り替えなど、自由度が高いことが特徴です。, ただし接続元のWindowsのリソースをかなり消費しますので、スペックが低いWindows PCでは、ほかの操作に影響を及ぼす可能性があります。iPadアプリは有料(本稿執筆時点で1220円)ですが、ディスプレイそのものを購入するよりはずっと安価ですので、iPad×Windowsの組み合わせでは試してみたいアプリです。, 「設定」変更ですぐできる! 古いパソコンでもWindows 10が高速・軽快に動く“6つのウラ技”とは, 【Windows10限定】即戦力!「Windowsキーと組み合わせて使う」10のショートカットキー.